So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

中将棋の作者は、どうして偶数升目将棋が作れたのか(長さん)


中国・朝鮮半島の象棋の歴史記録が、岡野伸さんの自費出版した、世界
の主な将棋に載っている。それによると、シャンチーやチャンギの類で、
筋数が偶数路のものは、”原始象棋”以外には載ってい無い。また、日
本の将棋についても、恐らく中将棋を作成した、南北朝時点で、原始平
安小将棋以外には、偶数筋の将棋も無かったのではないかと私は考える。
これは、後期大将棋が、中将棋ができる以前に、存在しても後期大将棋
は15筋升目なので、同じことである。大将棋の謎と、これも少し外れ
てしまうのだが、この中将棋の謎についても、以下簡単に触れる。結論
からすると、

14世紀の時点で、ヨーロッパのチェスに近いゲームの情報が、伝わっ
ていた

と私は推定する。なお、私流の考え方で、なぜ中将棋が12筋になるの
かと言えば、

元からそうである師子を加え、角行をより下段に退けさせると、
13×13升目108枚制普通唱導集大将棋は、必然的に12筋になる

のである。
つまり普通唱導集で、嘲って(あざけって)唄われている、定跡発生に
関与した駒のうち、角行を、大駒列である3段目から排除するという、
アイディアに気がついたから、大・小のほかに、日本には、大将棋より
盤升目の少ない、中将棋が発生し得えたのだと私は考えている。
しかし、ここで問題にしているのは、

偶数升目だと、玉将をちょうど中央には置けないが、副官駒と並べれば
よいと、中将棋の作者は、誰に教わったのだろうか

と言う事である。むろん南北朝時代まで、8升目型の原始平安小将棋の
記憶が、残ってたとすれば、話は簡単だが。
 そうでないとか、また、私の現在ここで主張している説が、潰れたら
どうなるのだろうかと、ひとごとなのであろうが、考えてしまう。一番
簡単な解決方法は、

チェスのような升目のゲームも、日元貿易時に、鎌倉時代末期までには
伝来していて、偶数升目の外国のゲームを、日本人の特に、ゲームのデ
ザイナーは知っていた、と仮定する

事だろう。前回述べたように、元代の大陸との情報交換は、結構盛んで
あったようだから、マルコポーロの日本伝説も、ぼんやりとだろうが、
ひょっとすると、日本には伝わっていたほど、だったのかもしれない。
当然、日本人でも教養のある人間は、とんな国に分かれている等、詳し
い事は判らないにしても、日元貿易が存在して、書籍輸入されている
以上、ヨーロッパが存在する事自体や、シャトランジ型の8升目ゲーム
が、存在するとだけ程度までなら、南北朝時代には判っていた可能性が、
かなり高いように、私には思われるのである。だから、中将棋のような
偶数升目の将棋も、発生できたのではなかろうか。外国の情報の、わが
国への流入が理由で、中将棋が12升目になった可能性は、かなり高い
と私は考えている。(2017/06/25)

日元貿易時代の外国遊戯の情報流入(長さん)

前に、元寇の頃には、日本と高麗の関係は冷えており、現代の日本と北朝鮮
の関係と同じで、駒数多数チャンギの情報が存在しても、元寇の頃には詳細
輸入されないかもしれないとの旨の、仮説を述べたことが有った。実際に
は、普通唱導集大将棋が、升目の数で、平安大将棋と同じになりやすいため、
日朝関係が元寇の頃には、今の北朝鮮と日本との関係と同様に、冷えていて、
情報が限られていた方が、このブログの論旨にとっては、有利な事も確かで
あった。しかし、韓国歴史教科書研究会等編集の、2007年明石書店発行
の「日韓交流の歴史」(日韓歴史共通教材)を読むと、13世紀の日元貿易
と、14世紀の日明貿易との間で、遊戯関係の情報の日本への流入量に関し、
さほどの差が、で無いのではないかとの心象を受ける記述を、最近発見した。
 同著によると、貿易の形式は、明の時代には朝貢冊封体制に、日本も従い
対明貿易を行う等、13世紀の対元貿易とは違いが有るという。しかし結局、
日本が中国から、輸入する物品の内容を比べてみると、同書によれば、
 13世紀の対元貿易時の輸入品は、銅銭、陶磁器、茶、書籍絵画
 14世紀の対明貿易時の輸入品は、銅銭、生糸、高級織物、書物、書絵
との物品名が記載されていて、

書物や”図関連”とか、情報を持ったものが、大陸からの輸入品にある事に
は、大差が無いように思えた。

だから、今の韓国・北朝鮮発の情報量も、元の時代と明の時代とで、差が
無いと、疑ったほうが良いのではないかと、私には思えるようになった。つ
まり、思いのほか日元貿易は盛んで、情報の停滞もなかったと、この書から
読み取れる、ようなのである。
 そもそも、今の日朝関係と異なり、日本と元・高麗の関係が、軍事的には
冷え込んでいても、交易は無くならないのは、蒙古が広大な領土を所有し
ていて、保持物品や情報量が、遠くヨーロッパ発にまで及んでいることを、
鎌倉幕府や朝廷も、当然知っていて、メリットを感じていたからであろう。
その点で後ろ盾が東アジアに限られる、中華人民共和国止まりの、現在の
北朝鮮とは、大きな違いがあると、気がつくべきだったと、同書を読んで、
私は反省させられた。
 だから、元の時代に仮に高麗で、15列14段制のチャンギが発明されれ
ば、蒙古襲来の頃であっても、情報が日本に入ってくる可能性は、かなり
高いのかもしれない。恐らく、

その結果、13升目制の平安大将棋の升目数を、日本人の大将棋棋士総体が、
たとえば15×15升目に変えると、認めるかどうかだけが、変化するかど
うかを、決めるだけなのかもしれない。

 認めないでくれるようにしないと、このブログにとっては困る訳だが。
認めなかったろうという立場に立ったとしても、証明するのは、厳密には困
難だと感じる。
 傍証として挙げられるのは、江戸時代に改暦の際参照された、グレゴリオ
暦と同じ回帰年、365.2425日を採用した元の授時暦を、高麗は
取り入れたが、日本の鎌倉幕府内で、改暦の動きは無かったという事位であ
ろう。
 つまり、たとえば西暦1220年頃の時点で、その400年程度前に完成
した宣明暦には、太陽の天球上の位置に関して、西へ1度のズレ(回帰年が、
約1/400日長すぎ)があった。それに無理やりあわせるために、月の
位置が1度西にズレた暦を、使わなければならないはずなので、角度で月の
大きさ2つ分、月の動きの時間で、2時間分の東西位置の違いを、検知でき
れば、三島地方暦の発端との仮説もある、鎌倉幕府の陰陽道の係りの役職の
御家人にも、鎌倉幕府の仮設の暦編纂所に於いて、星座に詳しければ、目視
で暦に誤差があるのを、検知できたはずである。しかし当時は、蒙古文化は、
月の位置に、相当注意しなければ判らない程度なら、ひょっとして取り入れ、
たがらない傾向が、有ったのではないか。そう仮定すれば、改暦が日本では、
蒙古来襲の頃が、良い暦が中国で出来た、絶好の機会だったはずにも係わら
ず、たまたまそれをそのときに、行わなかったのが改暦間隔の開いた原因か
もしれない。結果、宣明暦使用期間が、本来なら約400年のはずが、
約800年にまで、伸びてしまったのかもしれないと私は思う。そして江戸
時代には、宣明暦誤差が、鎌倉時代の2倍強に増え、それでも私には、どっ
こいどっこいの、検出に要する努力の差だと思えるのであるが、江戸時代に
は、蒙古への敵対心は、既に遠い昔の出来事と忘れ去られたため、暦誤差が
大いに問題になって、武家方の幕府によって今度は、改暦がなされたと、一
応は説明できるのかもしれないとは、考えた。
 つまり鎌倉時代にも、賢明な者による、元王朝の情報力の強大さから、
”大陸物は、たいがいは取り入れたほうが良い”という意見は、当然あった
のだろうが、

仮に、日本人はその時点での多数派が、今回引用した「日韓交流の歴史」の
言うように、仮に”夷狄観等の発展した朝鮮蔑視観を持っており”、よって
15×14路制チャンギ型が、仮に猛古来襲時程度に、完成伝来した場合に
は、それを参考に、上記の蔑視観が理由で、大将棋の転換をしなかった

と仮定できれば、そう出来た場合に限り、15升目型後期大将棋への、朝鮮
駒数多数チャンギゲームからの影響は無い、と証明できるにすぎないように、
思えた。以上のように、15×14路制チャンギ型広将棋は、室町時代にで
きたか、あるいは日本人の、排外意識等が、鎌倉時代の中期には強かったか、
どちらかの理由で、大将棋へは影響が無かったというケースにしか、無視は
出来なくなったと、私は腹をくくるに至ったのである。(2017/06/24)

1993年の発掘で、興福寺から16枚中4枚金将が出土したのか(長さん)

幾つかの遺跡では、駒がまとまって出ているため、駒個々の様子だけで
なく、出土した枚数のばらつきから、ゲームの種類を推定できる可能性
がある。天童市で作成された成書、「天童の将棋駒と全国遺跡出土駒」
には、巻末に出土駒種類の集計が表に載っているので、それを見ながら、
駒種それぞれの、将棋種を仮定したときの、理論比率に対する、実際の
出土数のバラツキを、簡単に調べることが可能である。
 それによると、特に顕著な現象として、

①興福寺の1993年の発掘で、16枚中4枚金将が出土したとされる
のは、8升目制原始平安小将棋の道具と仮定したときの、期待値約1枚
に比して、有意に多い。

という事実がある。実はそれよりも顕著だが、
②一乗谷出土駒に、角行が理論数の約6枚のちょうど倍の、12枚出土
している、というのがある。しかし②については、ここでは特に、問題
にしないことにする。昨日のべたように、②から、ひょっとして、角行
を2枚加えた40枚制持ち駒型の小将棋や、角2枚と、中飛車の位置に
飛車の入る、3枚大駒の有る42枚制の小将棋も、実はあったのではな
いかと連想させるが、これは日本将棋の歴史に関連するだけで、大将棋
の問題からは、一応外れると私は思うからである。
 それに対して、興福寺の20世紀における発掘で、金将が多いという
方は、最初から金将を、一方にたとえば2枚入れた、升目が9升目の
将棋を、11世紀半ばに問題なく指されてしまうと、12世紀の初めか
ら半ば程度に、13升目の大将棋が、発生しなければならない理由が、
謎になってしまうため、このブログの流れに対する影響は、大きいと、
私は思う。興福寺で指された将棋では、16枚駒が出土するときには、
金将が、平均して1枚程度であるのが、このブログに今まで書いた内容
からすると、有っているかどうかと言う点では、好ましいのである。
 なお、偶然というのが数学上は考えられるので、確率計算をする必要
が、このような議論には、絶対に必要である。金将が出る確率は、元々
1/16と小さいので、偶然起こり得るばらつきの範囲は、
ポアソン分布表で調べられる数値に基づくものと、ほぼ同じ結果だろう
と、私は考えてみた。そこでポアソン分布表を引くと、
3つ出る確率は、ほぼ16回に一回、それに対して、
4つ出る確率は、ほぼ65回に一回程度である。
以下、あくまで私の感覚だが、このケースには結局、

3個までならなんとか許されるが、4個だと異常と見るべきだと思う。

なお、1993年の発掘で玉将もやや多く、3個出土している。王将と
半々だとすれば、確率は80回に一回位になり、王将は無いと見てよい
と思う。しかし、玉将が玉駒の全てとすれば、偶然としても仕方ない
数だと、私は思う。
 なお、こうした議論を続けていると、”粗捜しだろう”という批判も、
通常通り飛び出すだろう。ただ、出土駒の世界に関しては、平泉の中尊
寺境内遺跡と、大阪の高槻城三の丸遺跡の出土駒が、それぞれ8升目制
原始平安小将棋、日本将棋として、ほぼ正常な駒種割合となっているた
め、意図的に偏りを探しているという批判は、当たりにくいと、私は思
っている。
 では、平均して1枚しか出ないはずの、金将が、1993年の興福寺
の発掘で4枚出た原因であるが、以下いつものようにすばり、結論とし
ての、私見を述べる。すなわち実際には、

3枚しか金将は出土しておらず、成書「持駒使用の謎」に紹介されてい
る、清水論文の番号の付け方で、第7番の金将は桂馬であって、成りの
金将を表面と誤認している疑いがある

と私は思う。つまりこの駒は、何も書いてないと、説明されている駒の
片面の実際の写真を見ると、桂馬と書いてあるようにも、私には見える
という事である。なお、この駒が桂馬だとすると、桂馬とされる出土駒
の裏の書体が、特殊だと私が以前説明した事柄が、駒によってばらばら
で、特に規則性が無いと、変更もされるように思う。
 以上のように、特定の一枚の出土駒の駒種の推定に、仮に劣化が激し
いために誤りがあるとすれば、興福寺出土駒からは、将棋種の推定等は、
はっきりとは出来ない状態と、見るべきなのではないかというのが、私
の個人的な印象である。
 ちなみに、最近2013年に興福寺では再度発掘が行われ、酔象が、
駒で出土した事で著名である。調査すると、新たな出土駒は、

酔象、桂馬、歩兵、不明の4枚のようである。

1993年当時の16枚が20枚になりかつ、もともと、桂馬と歩兵は、
少なすぎる傾向で有ったため、状況が少し好転した。しかし金将につい
て、20枚中4枚では、ポアソン分布で65回に一回程度が、35回に
1回程度、玉将の20枚に3枚の方は、16回に一回が、11回に1回
になるだけなので、なおも桁は変わらず、ほぼ上記の結論で、良さそう
だと思える。(2017/06/23)

訂正・中将棋の成りの成立。初期配置が確定してから、ほどなくか(長さん)

かなり前だが、中将棋の成りの成立について、猛牛と飛龍が両方存在
しないと、竪行の成りの飛牛が、できないのではないかと、述べたこと
があった。実はその時点で、猛牛は飛龍の斜めを縦横に反転させた駒と
決め込んでいたため、後期大将棋が成立しないと、飛龍が2升目動きに
変化しないので猛牛が発生せず、中将棋の成りに、飛牛が作れないので
はないかと、考えていたからだ。しかし、現在は猛牛は、西暦1300年
前後の、普通唱導集時代の大将棋には存在し、当時は、酔象のシャン
チー象の古い時代の斜め動きを、縦横に反転させた駒だったのではな
いかと、私は考えるようになっている。そのため、後期大将棋が成立して
いなくても、新しい駒の名前としての飛牛が、作りやすくなると、考えられ
る。そのため、中将棋の多彩な成りの成立時期を、さほど後に、ずらさ
なくても構わないのに、その後気がついた。むしろ、

108枚制の普通唱導集大将棋を仮定すると、猛牛、嗔猪、飛龍、奔王
の既存の駒が存在すれば、中将棋の竪行と横行の成りの、飛牛、奔猪
という駒が名前を、組み合わせて作れるので、108枚制に増やした、
普通唱導集大将棋の存在が、よりもっともらしくなる

ように思える。出土駒を調べた範囲でも、中将棋草創期にはあったに
違いない、不成りの中将棋駒は、不確かな鎌倉鶴岡八幡宮遺跡
以外、出土している気配が無い。そのため、もともと、”室町時代早
期まで不成りの中将棋が幾分長く存在”という仮説には、無理があった
のかもしれないと思えてきた。
 しかしその結果実は、中将棋の成りの成立時期を、早く見れば見るほど、
今度は日本将棋の成立時期の推定が、早まるという影響が、当然出る。
何故なら、

龍王、龍馬という飛車と角行の成りが成立してから、持ち駒有型9升目
制平安小将棋へ、これらが取り込まれた

と考えるのが、ルールの微調整段階で、変種が複数出来た気配の余り無
い、日本将棋の性格上、そう考えたほうが自然と、私が見るからである。
 ではなぜ、中将棋の勃興と、日本将棋のはっきりとした出現は、定説
では西暦1400年頃と西暦1500年頃というように、100年位も、
差があるのであろうか。事実だとすれば不思議であるが、原因が、

中将棋の成り駒の成立が早くなると、阻害要因がはっきりしなくなる
ため、私には良く判らなくなった。

ただ、このブログのテーマからは、この問題は少し外れるので、今は多
くを、述べ無い事にしたい。一応、私流の推量を先に書くと、
龍王・龍馬成りの飛車角の代わりに、飛鷲・奔猪成りの龍王と横行
とか、飛牛・角鷹成りの竪行と龍馬とか、いくつかパターンを変えて、
それぞれ平安小将棋を持ち駒ルールで指してみて、日本将棋並みのゲー
ムが、万が一複数作れるようなら、加える大駒を

飛車角の組み合わせにするよう決定するまでに、時間が掛かったため

と言えるように、一応は思えるとだけ指摘する。(2017/06/22)

なぜ今の天文マニアと違い、囲碁が打てると持統天皇に好かれたのか(長さん)

何回か前に、私は囲碁の日本に於ける起源に関し、奈良時代の少し前の
持統天皇の時代に、日本で定朔の儀鳳暦を採用すべきかどうかを判断する
ため、月の視位置の観測が不可欠となり、恒星の並びを即座に判断する
練習の一つとして、囲碁が推奨されたのが、原因ではないかと述べた。が、
この仮説には、更に突き詰めると、次のような難点が浮かぶ。すなわち、

現代の天文マニアが通常、「星座に詳しい」のは、囲碁が上手になるよう
な感覚が、備わっているからでは特段無い

という事である。つまり恒星の配列の把握に慣れるのに、囲碁の局面把握
の感覚は、特段必要とは、通常特に指摘されたことは無い、という事であ
る。それは、戦争をする最中、戦略を練る時に、少なくとも雰囲気として
役立ちそうな将棋とは、かなり違う点である。そこで私の推論が、おかし
いのかどうかを、ここでは再度問題にする。結論を書くと、

西洋の星座と中国の星座とは、具体的に性質が大きく違い、後者は抽象的
で、名前で意味する人や物の形を、星の並びが象徴する傾向が少ないため、
現代の「星座に詳しい」とは、条件が大きく異なるのではないか

と私は考える。西洋の星座は基本的に、並びの形を、名前で示した人なり
物の形に、見た結果として、その名前で呼ぶという、性質のものである。
しかし適当に、天文学史の書籍を参照すると明らかだが、中国流の日本で
朝廷が用いた星座は、天を宮中に見立てて、帝を中心に、星の幾つかの束
に、具体的な物の形との類似性は二の次にして、多分に無理やりに、役職
名等を割り当ててたような、命名法になっている。つまり星座の形を見て
も、名前と自明な対応が、中国流の星座にはほとんど無いのである。つま
り、形は抽象的で線で、恒星を繋いでも、その形には、たいてい見えない
ものなのである。その為

抽象的で、具体的な物の形には必ずしも結びつかない、幾つかの星の束の
配列を、なんらかの意味付けをしながら暗記する能力

が、西洋流の現在用いている星座を覚えるのと違い、西暦700年より
少し前の、月を観測する役人には、強く要求されたと考えられるのである。
 だから、囲碁のゲームを、私のようによく知らない者が、「この形では、
死んでいるとか生きている」とか言われても良くわからない、囲碁の石の
「この形」の配列を、多数暗記する能力は、中国式や、日本でも江戸時代
になると、幕府の天文方によって真似られた、官製の日本式の星座に
”詳しくなる”ためには、すこぶる適した能力と、当時は見られたと、
考えられるのである。
 なお蛇足だが江戸時代になると、民間の特に船乗りは、形が具体的に
名前の物といっしょになる、メソポタミアで生まれた西洋星座と、同じ
ような感覚で、星の配列を名前の形で呼ぶ、いわゆる「日本の星」も、
古典的な「すばる」のような少数例に加え、多数生じたと聞いている。
 以上のように、少なくとも飛鳥時代の日本では、西洋の88星座では
なくて、中国流のもっと形が抽象的な星座の中に居る、月の位置を観測・
把握する能力が必要とされたために、囲碁が匠に打てることは、やはり
”日本の中枢の意向に沿う”役人の個別能力と、その当時は見られていた
のではないかと今の所考えて、誤りは恐らく無いのではないかと、私は
見ているのである。(2017/06/21)

桂馬跳びの動きと桂馬の初期位置の謎(長さん)

日本の古い時代の将棋で特徴的な点の一つに、桂馬の動きをする駒が
少ないという事がある。実際桂馬跳びをするのは、幾つかの将棋種に
ある、桂馬自身と、和将棋にある、風馬の成りの天馬位である。しかも
天馬の場合、たとえば、ものと人間の文化史23-1将棋で紹介され
ている、象戯図式の和将棋では、「桂馬跳びの動きをする」と解説さ
れているにも係わらず、図示では桂馬跳びと表現されていない等、不可
解な駒である。特に日本の将棋には、正面動きを方位角0度として、
方位角約26.5度のX=+1、Y=+2の動きの桂馬は有るが、その
他の方位角、たとえば約63.5度のX=+2、Y=+1の動きの駒が、
全く存在しない。ようするに桂馬跳びの駒は、存在が桂馬以外には、
はっきりしないのである。理由は前に述べたが、結局、小将棋以外は、
文書でゲームのルールが伝わるだけで、口伝では、歴史の途中で、
どのゲームも伝承が、どこかで途絶えている証拠なのではないかと、
私は思っている。墨と筆で駒の動かし方のルールを、桂馬跳びルールは、
縦か斜めの場合に比べて、表現し難かったのだろう。
 そのために、桂馬跳びの駒の記憶が、桂馬以外には、100年という
タイムスパンでは、伝わり難かったので、有っても消えたと私は考える。
水無瀬兼成の将棋部類抄の、桂馬の動かし方ルールの表現が、方位角
45度になって問題になっているのを、その証拠の一つと見ていると言
う事である。
 ところで、桂馬跳びをする、事実上唯一の駒である桂馬には、

摩訶大大将棋で、相アタリする4段目位置に、相手と12段差で配列さ
れている

という別の謎もある。他で、桂馬が相アタリするゲームは、標準型の
平安小将棋、現代の日本将棋、朝倉小将棋、平安大将棋、13升目型の
仮説普通唱導集大将棋である。なお、中将棋と大大将棋には桂馬は無く、
天竺大将棋と泰将棋、それに15升目型の後期大将棋は、8升目型で
段差が7段の原始平安小将棋同様、それぞれ天竺大将棋が15段差、
泰将棋が22段差、後期大将棋が14段差となっていて、それぞれ
桂馬が、相アタリしない位置に、配列されている。

これらの事実には、何か理由が有るのだろうか

というのが、今回のメインテーマである。そこでまず結論を書くと、
13升目型の平安大将棋と、15升目型へ移行する直前までの、仮説
普通唱導集大将棋で、桂馬の段差が12段なのは、9段型の標準平安
小将棋で相アタリする結果、ある程度の何らかの回避手筋が、確立さ
れ、

その後で作られたゲームのために、手筋が類似になるよう、上位互換
性を持たせるという意図で、12段差が選択されたという理由も、何
か、有ったのかもしれない。更に、摩訶大大将棋で12段差なのも、
同様の意図が、こちらにあるのは、むしろ濃厚なのかもしれない

と私は、薄々だが考えている。
 ただし具体的に、9升目型標準平安小将棋の”桂馬相あたりの回避
手段が、どういうものなのか私には、はずかしながら考えても、実は
良く判ってい無い。
 何れにしても、そのような意図が有って、桂馬の位置を決めている
とすれば、

摩訶大大将棋も、後期大将棋とは違って、実際に本気でゲームする事
を狙って作られたゲーム

と言う事になろう。また15升目型の後期大将棋は、飾り物的なゲー
ムであり、実用性が希薄な証拠の、あるいは一つなのかもしれない。
 個人的には、桂馬12段差型は8段差に比べて、桂馬同士のすれ違
いの確率が、実戦上は増えるので、同じでは無いと考えている。桂馬
段差4の倍数型でも、8段ではなくて12段差にしたのは、あるいは、
すれ違いの確率を、適度にするための、調節なのかもしれないと思う
が、私には良くわからない。そもそも、攻め駒が増加すれば、桂馬の
駒価値は、相対的に低下するので、そのせいで後期大将棋が、つまら
なくなっているという可能性も薄いと思う。が、この事自身に、何か
情報が含まれている可能性が、絶対無いとは言い切れないと思うので、
各将棋の桂馬位置については一応の注意は要すると、現時点でも警戒
してはいる。(2017/06/20)

平安大将棋の陣形が凸型の兵棋なのは、武経総要の挿絵図がもと(長さん)


前回このブログで書いた、日本の大将棋の類の全体としての陣の形が、
兵棋の凸型になっている問題について、その後予定通り更に調査した。
 中国の史料だが、戦争時の兵法について書かれた官製の書が、

日本の平安時代後期の宋の時代、すなわち西暦1040年頃の、程よい
時期に作成されており、その書には兵の分散のさせ方、いわゆる戦陣に
ついての説明が、書の中に、珍しく文章ではなく、図として挿入されて
いる、

との情報が、幾つかの現代の、日本の百科事典により得られた。中国の
当時の宋の時代の書籍の名前は、本日の表題のように”武経総要
(ぶけいそうよう)”と言うようである。
 平安大将棋が作成されたのは、恐らくその数十年後であるから、
この書の”戦陣を図版という図で示す”という、アイディア自体が存在
するので、私はそれがあれば、日本国内で、兵棋型の凸型戦陣キャラが、
発生するのは、必然だろうと私見された。すなわち、オリジナルの武経
総要における、戦陣キャラの形が、たとえ少し違っていても、日本人が
適宜、凸型の戦陣キャラを、西暦1100年頃までには考え出す事は、
充分可能だと結論したという意味である。
 なお、実際の書の図は、現時点で私には確認できていない。webで
同書は、中国のサイトで紹介されている。それによると、日本の現代の
百科事典に記載の”戦陣図”は、武経総要の第8巻に、載っている事が
判る。ただし、そのサイトに図そのものは、今の所抜けているようであ
る。それに対して、武経総要を紹介した日本の現代の書物に、古代の兵
法の戦陣図が、おそらく、武経総要の第8巻の図をまねて記載されてい
る。それによると、戦陣は凸ではなくて、基本長方形になっている。
 むろん宋の時代の武経総要は、私が確認できていないだけで、現存は
する。ので、図絵の正確な内容は、私には、たまたま現時点で判らない
だけである。
 そこで仮に、武経総要の挿絵図の、戦陣の形のキャラが、凸型ではな
くて長方形とする、私の現時点での懸念が正しかったとしても、日本人
が、それを見れば、戦陣を他人に説明するのに、図を使うというアイデ
ィアが、西暦1050年前後以降には、当たり前になると、推定できる
と私は見る。実は、それが大切だと私は思う。何故なら日本で、何人か
が武経総要を真似て戦陣図を書いているうちに、長方形から凸型に変え
た方が、正確に見えるのに数十年時間があれば、その間に当然、気がつ
くに違いないと、思われるからである。特にそれを学習する者が、将棋
を指す者なら、将棋駒が長方形ではなくて、五角形である事から、戦陣
印が図で、敵味方のどちらの戦陣について、書かれているのかについて、
長方形を五角形とか凸型に変えれば、より正確に、相手に通じる事には、
すぐに、気がつくに違いないと、容易に推定できるからである。
つまり、

凸型戦陣キャラを、平安時代に、武経総要の挿絵図を見て、必要に応じ
てそれを少し改良し、日本人が、戦陣形の学習用に考え出していた可能
性が、相当に高い

と私は思う。そうした平安時代の和製の、今は伝わらない学習用の図を
見て、平安大将棋の作者は、孫子の兵法にも載っているという、スパイ
を意味する注人を、彼の作成した平安大将棋には、加えたのではないか。
従って、やはり平安大将棋に始まる、小将棋を除く日本の将棋の、初期
配列の全体としての、凸型配列は、日本人が平安時代の末期に使った、
今言う兵棋の、今と、たまたまほとんど同じ凸型の形に由来する、と見
て、やはり良いように、私には思えるのである。(2017/06/19)

なぜ平安大将棋の初期配列は、全体として”部隊記号”の凸型なのか(長さん)

将棋では、注人や仲人駒が無いため、全体として、将棋の初期配列が長方形
になっている。それに対して、日本の昔の将棋は駒数多数将棋を中心に、いわ
ゆる六将棋、禽将棋等が、注人、仲人、燕の駒等が、でっぱりを形成するよう
に、余計に加えられている。また和将棋でも、隠狐と走兎を、入れ込んだため、
雀歩が2箇所、でっぱりが出来ている。そのためにこれらの将棋では、全体と
しては、初期配列の陣は凸型の配列になっている。これは、いっけんすると、
いわゆる部隊記号の、凸型にちなんでいるように見える。他方、ミャンマーの
将棋”シャトゥイン”のルールを見ても明らかだが、凸型配列が、ゲームの性
能を上げるための、ルールの改善の結果、必然の形だとは特にいえない。そこ
で私は、溝口和彦さんの将棋のブログで、かつて、これらの将棋のこの凸型配
列は、兵棋演習の部隊記号型の兵棋に、起源があるかのように、コメントして
しまった事があった。ところが、良く調べてみると、部隊を表す凸記号は、戦
国時代の陣形布陣を表す歴史書で、現代ではおなじみだが、どんなに古く見積
もっても、せいぜい日本では江戸時代の、しかも外国産であって、ドイツにし
か、歴史が遡れないという話が、webに出ている事を知って、困ってしまっ
た。特に一番古い平安大将棋に、注人の”でっぱり”がある事を、説明できない
点が、深刻で有る。残念ながら、

この問題については、現在回答が出来ない状態である。

 この記号が中国の古代の兵法書に、絵解き図として使われていても、特にお
かしくは無いような気も、個人的にはする。だが、部隊を表す凸記号が、戦争
時の作戦シミュレーションとして使われたのが、日本では江戸時代のプロイセ
ンで始めてであると、中国系サイトにも、どうやら書いてあるようだ。つまり、

兵棋演習の駒の形から、たとえば平安大将棋の、凸型配列モデルが作られたの
ではなくて、チェスの類が最初に有って、それが発展して、部隊記号型の兵棋
を使う、兵棋演習が出来た

というのが、定説のようだ。つまり、平安大将棋が成立した時代には、兵棋演
習の”凸記号”は、存在しなかった疑いが、残念ながら今の所、濃いと言う事
になる。
 しかし古代中国では、戦争の始まりは、平安時代に比べて極めて古いから、
凸記号が、中国では絶対に発生しないとまでは、いかないのではないかと、私
は今でも、諦めきれずにそう考えている。特に私の場合、私の13升目108
枚制普通唱導集大将棋の配列の輪郭の内部に、駒がびっしり充填していて、兵
棋の駒の形、そのものであるため更に深刻だ。ようするにこの問題については、
現時点で私にとって、個人的に暗礁にのりあげた状態にある。しかたがないの
で、ときを見て、更に詳しく調べてみるつもりでは居る。(2017/06/18)

普通唱導集の小将棋・大将棋の作者の知っていた他のゲーム(長さん)

普通唱導集は鎌倉時代後期の西暦1300年頃に成立したものと、推定
されている。既に述べたが、その大将棋部分の第2節は、中国シャンチー
韓国チャンギの戦法と、同じような手を、それが大将棋でも旨く行く
ため、両方指せる棋士によって、作られた戦法を記述していると見られ
る。ではたとえばほかならぬ、小将棋の部分の作者自身は、中国シャン
チーや、韓国チャンギは、ある程度指せると、推定できるのであろうか。
以下、個人的意見であるが、

小将棋部分の作者は、シャンチーとチャンギのルールは、以下の根拠で
知っている

と、私は推定する。それは、普通唱導集の小将棋の第1節の内容から
見て、他国のゲームを知って、作ったと考えた方が、自然だからである。
すなわち、

平安小将棋持ち駒有り型、中国シャンチー、朝鮮チャンギの中で、歩兵
が最も強い駒に成るのは、日本の平安小将棋であり、かつ、河ではなく
て聖目を跨ぐと成るのが、日本将棋だけであると、比較をするかのよう
に、描いているからである。

なお、小将棋の第1節目の後半は、成書で示されているように、前半と
のつながりが、難解だと私も思う。が、将棋盤の聖目のうち、相手側の
方に打たれた、”星”のある段で、小将棋では成るという情報が、第1
節後半に、含まれることだけは、間違いが無いのではないかと、私は思
う。結論として第1節は、前半の”と金は強い”という点が、読み手に
理解出来れば、言いたい事はだいたい通じていると、私も見ている。
たとえば、故溝口和彦さんも、彼のブログでかつて、

金将という強い駒に成る歩兵を含む小将棋の、ゲームとしての楽しさが、
第1節では表現されている

等と、彼の解釈を書いている。
 しかし他方、少なくとも、歩兵が金に成るだけでなく、敵陣が、盤の
向こう3段目からであるという特徴が、特徴と感じられて、それを丁寧
に唄っているのであるから、普通唱導集の小将棋の作者は、シャンチー
やチャンギのルールを、唱導集を作成するとき、意識していると見るの
が、よって、より自然だろうと私は見る。
 また小将棋については、この第1節から、西暦1300年頃の時点で
も、平安小将棋が指され始めた経緯には、兵駒の他の国のゲームよりも
強く成って活躍する点に、何か原因あるらしいという記憶が、残ってい
た事も又、示しているのではないか。つまり詳細には、判らなくなって
いたにしても、少なくともぼんやりと、”西暦1000年頃に、何か
あったらしい”という記憶が、だいたい300年後には、まだ残ってい
た一つの証拠と、言えるのではないかと、私は疑っているのである。
(2017/06/17)

王将の起源(長さん)

平安時代11世紀のものと、考えられている興福寺出土駒の玉駒は玉将で、
一般には、この時代には”王将”は無かったとされている。では何時・何故
玉将の一部が、王将になったのであろうか。以下このブログの通例どおり、
学会では全く無名な私説を、結論的にまず最初にずばり書く。すなわち、

院政期に院政派が、王将の使用を進め、天皇等日本の中枢の威光を借りて、
玉将を王将に変えようとしたが、藤原姓の一族が、その後も、玉将を使い
続けたため、うやむやかつ、並存状態で、今日に至っている

と、私は見る。それを確かめる最も簡単な方法は、全国の将棋駒出土状況を、
たとえば、”天童の将棋駒と全国遺跡出土駒”等の成書で、チェックすれば
良い。すると、

京都府と滋賀県では、ほぼ”王将”だけが出土している事で、簡単にこの説
の真偽が確かめられる。

ようするに結局の所、朝廷は後醍醐天皇に限らず、軍隊の中心人物、たとえ
ば征夷大将軍には、概ね皇族をすえたかったのである。実際には、鎌倉時代
については第4代からは、親王格の皇族が形式的にせよ、将軍職に着いてい
たので実際上も、この国では、天皇家の面目は、一応たっていたとは言える。
では、なぜ玉将が嫌われたかと言えば、将棋が勃興した一時期、

平安時代中期の藤原道長/頼道時代には、実際には藤原摂関の意向を忖度し
て、国軍が動いていたから

である。院政期に、上記の論からすると、元帥格の摂関の長と同一人物であ
るのが、私に言わせると自明な将棋の玉将が槍玉となり、当時は前記のよう
に征夷大将軍に、任命される人間の適任者と、朝廷内では考えられていた、
”武芸達者な天皇の息子”をイメージする、親王的”王将”に、名称を変更
するように、宮中では推進されていたものと、私は推定する。なお、実際の
出土駒を見ても、その最も初期の”王将”出土駒について、

京都府の上清滝遺跡の”王将”は、平安時代末のものと推定されるし、少し
後とも考えられている、同じく京都府にある鳥羽離宮遺跡の”王将”も、
鎌倉時代草創期位のもので、かなり院政期には近い。

よって、私の”院政期・朝廷で王将成立説”は、出土史料の使用時代の推定
とも、特段矛盾がないのではないかと考えている。
 次に、藤原姓の子孫だけが、玉将を使い続けたのは、院政派により権力を
奪取されるのを嫌っただろうから、当然なのである。主として彼らが、支持
したとみられる、本ブログの中心的題材である、駒数多数型の将棋には、よ
って本来、王将は、全く使わないのが慣わしだったろうと、私は推定してい
る。
 それは藤原姓の人物の一人、その末裔である水無瀬兼成の将棋部類抄では、
玉駒が全部玉将になっている事、冒頭で述べた藤原氏関連寺の興福寺出土駒
に、関西圏でありながら、王将が、全く出土しない事からも、良く示されている
のではないかと、私は思う。
 むろん以上の王将出現の原因となった、皇室と藤原摂関との、歴史の通俗書
には皆、出ている、11世紀初頭からしばらく続いた軋轢は、近世の江戸時代
ともなると、

大江匡房のした事が、忘れられると同時に、”以上の観点での王将か玉将か”、
という事については、どうでも良くなってしまったのだろうと、推定される。

 そのため実際、江戸時代の駒数多数将棋の将棋本には、玉将/王将が、ほ
ランダムに使われるし、東京の遺跡の出土駒の玉/王比は、ほぼ1:1に、
なっているのだと、私は以上のように推定し認識するのである。(2017/06/16)

前の10件 | -