So-net無料ブログ作成
検索選択

天童の将棋と全国の遺跡出土駒(長さん)

本日、山形県天童市と、実体天童市の研究熱心な将棋駒店組合の
合同著作、「天童の将棋と全国の遺跡出土駒」を再度見直してみ
た。
 2003年の著作であり、当時は鎌倉の鳳凰駒等だけが、大将
棋の疑いのもたれた遺物であり、中尊寺の「両面飛龍駒」も広く
は知られていなかったと、私は記憶する。12年位前に、個人的
にはチェックした記憶があるが、3月30日に再度良く見てみた。

奈良県とみられる平城京遺跡で、表面の文字が薄いものの、「不
成りの疑いのある桂馬駒」を、私は新たに見出した。

かつては、表の「桂馬」の字が薄いと、裏面の「金」は消えたの
だろうと、勝手に私は判断していた。が、このブロクを、最近始
めてからは、「桂馬の不成り駒」には、注意するようにしている。
ただし、山形県遊佐町小原田大楯の不成り不明瞭な桂馬駒も、赤
外線で、おもて面の桂馬の文字が、やっと判別できる程度だった
と見ているが、この奈良県の出土駒も、表面の桂馬は薄く、かな
り退色している。
 しかしこれと鎌倉の、これも香車の「香」の字が、やっと判別
できる程度の「不成り香車駒」とを合わせると、「桂馬や香車が
不成りの将棋」、たとえば後期大将棋の駒が、実際に存在する可
能性は、少なくとも否定は出来ないように、思えてきた。ちなみ
に私は12年位前には、「大将棋の出土駒は無い」と、勝手に判
断していた。

ただし議論が進んだ今となっては、香車や桂馬が不成りの将棋が、
具体的にどんな「大将棋」なのかとなると、実の所、この範囲の
内容では、全く定かでは無いと思う。

残念ながら、天童市等が出版した、この、出土駒が多数掲載され
ている、2003年まで出土の駒の記録だけからは、大将棋の
具体的実体、つまり普通唱導集の大将棋がどのようなゲームなの
かは、それ以上やはり絞りきれは、し無いと、再度チェックした
今回私には、残念だが感じられた。(2017/03/31)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 1

df233285

ブログの更新機能故障か(長さん)

本日(4月1日)、6時30分前、so-netブログの管理機能が゛
動かない。故障か? この状態が続くようなら、本日の記事
は、このコメント欄に書き込むことにする。
by df233285 (2017-04-01 06:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: