So-net無料ブログ作成
検索選択

平安大将棋の飛龍が斜め一升跳びルールの可能性は有るのか(長さん)

以下二中歴の大将棋のルール記載のみを、問題とする。”飛龍・・
行四隅超越”という内容だが、飛龍の駒の動かし方のルールに関して、
一升跳びと、漢文として読めるのかどうかと言う、以下議論である。
結論を先に書くと、

一升跳びとは、少なくとも書いて、無いのではないかと私は疑う。

なお、この部分は、増川宏一氏著書、ものと人間の文化史 将棋Ⅰに
よると、

”飛龍は、・・四隅に飛んでいける”と増川氏は解釈し、

図で、角行の動きを記載している。図の中身から見て、”飛んでいけ
る”の”飛”の字は、飛車角の飛の字を増川氏は当てたと、この成書
に関して解釈してよかろう。”超越”を「幾らでも、数に制限無く走
れる」という意味に取っているとしか、考えられない。そしてこの考
えが妥当かどうかであるが、
「跳ぶそしてまた跳ぶ」が、より正確な解釈とすれば、それで正しい
のではないかと、私も思う。鯨鯢という駒があるが、鯨の大群のよう
な意味だと思う。”鯨、そして鯨”であるから、このケースは、たく
さんの鯨という意味であろう。超越の超と越は、一番判りやすい解釈
は、”跳ぶ”という意味の類似語の重ねだ、という事ではないか。
 従って、これを”斜めに一升跳んで2升目で止まる”と解釈すると
すれば、それは、かなりおかしな訳だと私は思う。

それなら、”飛龍・・行角々超一目”と、単純に書くのではないか。

だが、これに対しては、韻を踏ませる関係で簡略化したという、意見
もあるいは出るかもしれない。しかし、前田家古写本「二中歴」将棋
等を見る限り、7文字づつで、調子を取っているのは、小将棋の駒ルー
ルの所だけで、大将棋の所は、文字数にこだわってい無いように、私
には見える。”超越”でも”超一目”でも内容の確定しやすい方を、
このケースは、書くのではないか。
なお、”跳ぶそして跳ぶ”なら、0跳びのケースが考えにくく”隣接
升目では、留まれない”というルールを書いたとも考えられる。実は
飛龍は、その方が面白いので、それでも良いと私は思っている。

とにかく、2升目跳びという、弱い駒では、あってほしくないものだ。

 つまり将棋のゲームとしての性能に関して、走り駒を2升目跳び駒
にしてしまうのは、かなり影響が大きい。個人的には

飛龍が角行のルールの平安大将棋は、飛龍が後期大将棋のように
2升目動きの平安大将棋よりも、ゲームとしてより優れると見ている。

むろん、飛龍が2升動きだと、猛牛の動きの性格に近似してくるため、
猛牛-飛龍という図式を断ち切って、猛牛-酔象にしたい私の思惑と
違ってしまうために、私の普通唱導集大将棋のモデルにとっても、
この平安大将棋、跳び飛龍解釈は、都合がかなり悪い。よって今の所、

 飛龍の二中歴大将棋記載の解釈については、私としては、最悪
”走り駒類似”で収まってほしいと、祈るような気持ちで居る。

 次に以下、今回の話題からすると蛇足だが、ざっと考えてみた範囲
では、桂馬が桂馬跳びではなくてたとえば、斜め2升目跳びであったと
しても、これまでの議論で、影響が出るのは、

桂馬が斜め2升目跳びだと、普通唱導集2節のように、桂馬を1手で
3段目に上げても、元々位置が2筋違いなため、13升目型の
普通唱導集大将棋モデルでは、仲人の紐にならない点

位で、全然無いとまでは言わないが、より軽微だと思う。2升目跳び
だが、少し跳び方が違うというのは、走りを跳びにするのに比べれば、
影響は少ないという事である。他は9升目制平安小将棋で、桂馬同士
は依然当たるし、8升目制原始平安小将棋で、定跡で攻撃桂馬が、
右桂馬から、玉側にもともと居る、左桂馬に交代する位で、定跡の
中身自体は変わるが、定跡が存在する事に、差は無いような気がする。
 なお、普通唱導集大将棋第2節は、桂馬で仲人という兵駒を支える
というのが、中国シャンチー的な作戦だし、嗔猪と仲人という、兵駒
の性能に近い駒同士で、腹を合わせるというのは、朝鮮半島で指され
る、チャンギ的作戦である。つまり、この唱導集の内容を考えた人間
は、普通唱導集、大将棋第2節の記載の内容から見て、

中国シャンチーと朝鮮チャンギが、両方指せる人間の疑いがある

と私は思う。ところで、このような内容のシャンチーとチャンギは、
馬が何れも8方桂馬であって、跳べる象の動きではない。よって、
普通唱導集大将棋第2節の、具体的内容から見て、

普通唱導集で唄われている大将棋の桂馬は、普通の桂馬跳びである

疑いが、平安大将棋の桂馬に関する、たとえば象駒類似ルール説とは
異なり、かなり強いと、私には感じられるのである。(2017/06/01)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0