So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

中将棋はどうして、”中将棋”という名で残ったのか(長さん)

現在の定説では”日本の将棋には先に大将棋と小将棋が、西暦
1300年には有って、盤升目がその間なので、12×12升
目92枚制の将棋が中将棋に、南北朝時代になった”というも
のである。しかしながら、この定説は、南北朝時代に大将棋が
健在で有った事を前提としている点に、注意しなければならな
い。
 他方、本ブログでは、西暦1320年以降、大将棋、正確に
は普通唱導集で唄われた13×13升目108枚制普通唱導集
大将棋は、衰微し、

後継の後期大将棋は、西暦1400年以降の作である

としている。つまり、たとえば西暦1370年時点頃に、遊学
往来に、中将棋を”中将棋”と、絶対に書かなければならない
筋合いが、大将棋というゲームが、別に健在で存在するのかと
言う意味では

特に無い

と見ていると言う事である。にもかかわらず、遊学往来には、
将棋とは別に、大将棋と中将棋が、確かに書いてあるのである。
 では、これを本ブログ流では、どう説明するのか。
以上を今回の論題とする。
 最初に結論を書き、後で説明を加える。

13升目108枚制の本ブログで言う、普通唱導集大将棋以外
のゲームで、特に、(1)3段目中央に奔王、龍王、龍馬、
(2)2段目袖から、反車、飛龍、嗔猪、猛牛、猛虎、(3)
2段目中央に太子成り酔象、(4)一段目中央から、玉将
(王将)、金将、銀将、銅将、鉄将、(5)袖列に最下段から
香車、反車と並ぶ、自陣4段組構成の将棋以外を”大将棋”と
呼ぶのが、南北朝時代には、当時の棋士仲間の常識が壁となり、
困難だったから

だと、ここでは見る。
 では、以下に説明を加える。
 本ブログによれば、13升目108枚制の普通唱導集大将棋
が、

西暦1370年頃の時点で、棋士の記憶には存在して、それか
ら改善されて中将棋ができつつあった

という事になっている。
 その当時の棋士の認識では、普通唱導集大将棋は、右翼3筋
の歩兵を高く上げてから、堅行を歩兵下の段に付け、嗔猪を2
段目から一歩づつ、右仲人の居る5段目に上げて、桂馬を2つ
前升目の左に、一手跳ばすという将棋ばかりが指されて、お決
まりすぎて、つまらないものと見なされていたというのが、
本ブログの、普通唱導集大将棋第二節の解釈からの結論である。
 そこで本ブログで言う、西暦1290年盤普通唱導集大将棋
が記憶として残っていても、改善がもしできれば、改善された
駒数多数将棋を、大将棋と、本来は呼び直しても、良い状態だっ
た、はずである。ところが結論で述べたとおり、棋士には、

大将棋は13升目68枚制平安大将棋の、実質的な拡張であり、
かつ、モンゴル帝国来襲に対応して、宗教的に、(1)3段目
中央に奔王、龍王、龍馬、(2)2段目袖から、反車、飛龍、
嗔猪、猛牛、猛虎、(3)2段目中央に太子成り酔象が、加わっ
た形しか、許されなかった。

なお、(4)一段目中央から、玉将(王将)、金将、銀将、銅
将、鉄将、(5)袖列に最下段から香車、反車と並ぶのは、
二中歴に書いてある平安大将棋の元もとの特徴点である、だか
ら本来なら、普通唱導集大将棋が西暦1320年程度の頃から
衰退した時点で、後継のたとえば12升目96枚制の中将棋は、
大将棋と読んでも良かったが、

当時の大将棋の定義に関する認識から、それが出来なかった

と、少なくとも本ブログでは考えるのである。
 そこで、中将棋を発明したゲームデザイナー、ないしはその
少し後に、初期の中将棋を熱心に指したゲーマーは、

普通唱導集大将棋、平安大将棋の升目数である、13升目から
新しく出来た中将棋は、一角落として12升目にしていたので、
大将棋と小将棋の中間との意味で、中将棋と呼び、守旧派の批
判を封じた

と考えられる。
 恐らく、猛虎を盲虎に変えたのも、中将棋が出来た後であり、
守旧派の”(2)2段目袖から反車、飛龍、嗔猪、猛牛、猛虎、
という配列になって居無い、別の将棋に、伝統ある大将棋の駒
名が有るのはおかしい”と、いった類の追撃の批判を、初期に
はカワすためだったのであろう。
 今小路西鎌倉市福祉センター遺跡の、中将棋ルールを書いた
出土木札(現物は行方不明)に、盲虎ではなくて、猛虎という
熟語が存在するからこそ表現できる、”まうこ”が有るのも、
猛虎が盲虎になったのが西暦1300年頃の普通唱導集大将棋
の時代ではなくて、西暦1370年頃の、中将棋が成立しつつ
あった時代であるという、証拠だと考えられる。つまり、

今の中将棋指しと異なり、南北朝時代の中将棋指しにとっては、
盲虎は猛虎と、熟語で有名な方のカナで綴る方が普通に見えた

という事である。
 以上の事から、

実質的に、西暦1370年の遊学往来の頃、日本には大将棋が
滅んでしまったので無かった

と結論できるように思う。
 遊学往来に、大将棋と中将棋が続けて書いてあり、将棋が、
かなり離れて書いてあるのは、遊学往来の筆者自身が、大将棋
など指されて居無いのだから、中将棋を本来、大将棋と書いて
もおかしくないと、ひょっとしたら思っていたので、その気持
ちが現われているのでは無いだろうか。(2018/12/17)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鶴岡八幡宮出土鳳凰、不成香車、歩兵駒。なぜ今小路に無かった(長さん)

何回か述べたが、神奈川県鎌倉市今小路西御成小学校、および
福祉センター遺跡付近は、大日本史料の1221年7月13日
の僧清寂の、後鳥羽上皇御前での小将棋自慢話に、今小路殿と
いう場所で将棋の専門家が、順位戦をしている旨の記載が有る
ため、鎌倉時代のやや遅れるが、少なくとも後期には、ゲーム
センターとして、著名だったのではないかと疑われる。
 御成小学校遺跡からは、実際、やや粗雑な文字の金将駒と、
文字が消えたと見られる駒が計2枚出土している。しかし、こ
の出土駒の総数は、鶴岡八幡宮境内遺跡の5枚に及ばない。ま
た、駒種も前者は、2枚の形の差から持駒ルール有りと見られ
る平安小将棋の駒と、比較的ありきたりであるが、
鶴岡八幡宮境内遺跡の駒は、南北朝時代頃の後期大将棋系の駒
のようであり、明らかに格が上である。
 普通に考えると、鶴岡八幡宮の境内で、後期大将棋系の将棋
が指され、たまたま出土したようにも見える。しかし、在来仏
教の時代、大将棋と小将棋は神社仏閣では賭博行為として禁止
されていたし、南北朝時代の遊学往来では、大将棋と中将棋は、
博打の道具と記載されている。そもそも、博打は今小路で盛ん
に行われているのに、なぜ表向きにせよ、禁止されているよう
な所に、わざわざ大将棋の道具を運んで指したのか、良く考え
てみると、若干だがおかしい点があるのではなかろうか。
 そこで今回は、鶴岡八幡宮境内遺跡から出土の、後期大将棋
系の駒が、たとえば今小路西鎌倉市福祉センター遺跡で、なぜ
出土しなかったのか、考えられる理由についてを論題とする。
 いつものように最初に答えを書いて、その後で解説する。
鎌倉市の鶴岡八幡宮には現在、鎌倉国宝館が有って、今小路西
御成小学校出土の、安達氏一族のメンバーを記載した木簡等が、
鎌倉市の指定文化財として保管されている。が鎌倉時代等にも、

鶴岡八幡宮は、少し前の時代の遺物を安全に保管するのに使用

されていたのではないかと、推定される。
 では、以下に説明を加える。
 前に、仏教の戒律に触れるため、将棋駒が魚型に変化しなか
ったとの論を、本ブログで述べた事があった。その際、生臭僧
侶が、寺院で将棋賭博をするために、寺院から将棋駒が出土す
るケースとは別に、棋士が故人となった後で、宗教施設に、将
棋具が奉納されるケースが、あるのではないかと論じた。
 他方、神奈川県鎌倉市の今小路西鎌倉市福祉センターから、
中将棋のバージョン指定の木札が出た事から、成りのルールが
完成していない”鶴岡八幡宮境内遺跡タイプ”の黎明期の中将
棋にも使える後期大将棋系の駒が、かなりの数、鎌倉市の何処
かにあった疑いが出てきた。

言うまでも無く、御成小学校遺跡や鎌倉市福祉センター遺跡の
付近は、鎌倉武家でも、かなり位の高い人物が出入りしていた

所である。よってそこで使われた、特に上流階級が使うと、ほ
ぼ特定できる、中将棋の駒等は、出入りしていた、実は鎌倉幕
府や次の時代の、南北朝時代の鎌倉府内の重要人物である、
ゲーマーが亡くなると、遺品として、保存が考えられたであろ
うという事を、一応想定する事はできるのではないか。

鶴岡八幡宮境内遺跡の出土駒は、鎌倉時代等には、今の
鎌倉国宝館に保管されている、文化財のような扱いの遺品

だった可能性が、実はあるような気がする。鶴岡八幡宮の下級
の神官が、後期大将棋系の将棋をわざわざこっそりと、
鶴岡八幡宮の境内内で、近くの高級武家が出入りする、今は
今小路通り西の御成小学校の建っている、ゲームセンターへは
行かずに指すというのも、不自然と言えば不自然だからだ。
 では鎌倉幕府等の要人である、今小路ゲームセンターのゲー
マーの遺品を、鶴岡八幡宮に、なぜわざわざ運んだかだが、

将棋駒等は、次の時代のゲーマーにも使われるので、そこに
置くと盗難の恐れがあったから

だとみられる。つまり、

今小路西御成小学校遺跡近傍で、遺物を保存管理させるのは、
昔も今も危険

という事なのかもしれない。
 そもそも、鎌倉幕府自体が、講談社、2011年出版の、
細川重男氏(東洋大学講師等)著”北条氏と鎌倉幕府”にあり、
彼のブログ”日本中世史を楽しむ♪”にも書いて有るとおり、

極道の巣のような所であったとしたら、法を守るかどうかは謎

であったのだろう。また特に蒙古来襲の後、カリスマ執権と
現代評される北条時宗が他界した後は、鎌倉幕府内には政治混
乱や、退廃がひどかったと、私は上記細川氏の、前記本等で読
んだ事がある。南北朝時代になると、更に混乱が起こったのも
明らかだ。
 そのため、将棋のうちでも価値の高い後期大将棋系の遺品が、
他界した幕府や府の高官の、記憶の品として後世に残るように、

黎明期中将棋が好きだった、他界した鎌倉幕府等高官の遺族は、
遺品を鎌倉鶴岡八幡宮の、当時の”国宝館”に当たる所に奉納

したのではないだろうか。しかし時代が変わり、その時代の国
宝館が、戦乱等で消滅したため、遺物の一部が地下に埋もれ、
たまたま水分の量が適切であったために、鎌倉市鶴岡八幡宮境
内遺跡の出土将棋駒として、現在我々は目にする事ができてい
るのかもしれない。
 最近紛失が発覚した、今小路西鎌倉市福祉センター遺跡出土
の中将棋木札も、鶴岡八幡宮境内遺跡出土駒といっしょで、
重要な故人の記憶である。
 なぜならそれは、雄山閣出版が、だいぶん前の西暦1998
年に出した”考古学による日本歴史12 芸術・学芸とあそび”
で、福井県の一乗谷朝倉氏遺跡を扱った、出土品研究者の
水野和雄氏が、”輸入された娯楽”の最後で結んでいる、

成書によれば近いはずの、”日本将棋の成立過程を解明する日”

を実際に迎えるための、最大の難所になった部分に関する

核心的な疑問、すなわち

鎌倉時代頃大将棋と中将棋はどこでどう、線で結んで繋がるか

に関する

決定打となる情報を含んでいる

からである。
 従って運良く、紛失した、今小路西鎌倉市福祉センター遺跡
中将棋木札が、仮にまもなく見つかったなら、

安達氏の武士名を羅列した、御成小学校遺跡の西暦2016年
に鎌倉市指定遺跡となった木簡同様、鎌倉市の指定遺跡に昇格
させ、鎌倉国宝館に移したほうが、御成小学校近傍の施設に、
他の大量の有形文化財と、混ぜ合わせに置くより、ずっと安全
で適切な事は明らか

だ。
 だから鎌倉市は、この木札の管理場所も、

その重要性から見て、

行く行く鶴岡八幡宮に移して、保管を強化すべきではないかと
私は考える。それが文字通りの、”温故知新政策”であると、
このケースは、言えるのではなかろうか。(2018/12/16)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西鎌倉福祉センター遺跡木札。現物が有れば何が判ったか(長さん)

表題の神奈川県鎌倉市の鎌倉市役所に近い市役所膝元遺跡、
今小路西鎌倉市福祉センター遺跡出土の中将棋に関する木札は、
残念な事に、現物が見当たらない状態と言う。ただし成書、
”よみがえる中世(3)武士の都鎌倉”に、幸い貴重な写真が、
かなり鮮明に掲載されていて、それが今の所、唯一残された
史料である。この写真に基づいて、本ブログはこれまで、問題
の木札につき、一応突っ込んで議論してきた。写真だけでも、
相当いろいろな事が言えたが、現物が見れれば、更に情報自体
が確実になるし、より詳しい事も、本来なら明らかになるはず
だった。
 そもそも研究者が、それぞれにこの史料を分析できれば、情
報量は、現物が有るのか無いのかで、相当差が出るはずだ。
一例では、化学的な分析が出来たり、裏面が見れたり、大きさ
が正確に計れたりできよう。本ブログでは、元々の情報は、恐
らくこれだけだろうと見る。が例えば裏面に、表面記載の中将
棋バージョンで指す期間が、具体的に書いてあったとしたら、
紛失したために判らないのは、我々にとっては致命的な打撃だ。
 しかし、想像で一般論を述べても、ピンと来にくいとの指摘
も出るかもしれないので、明らかに現物が有れば判ったと予想
される事柄で、今回は最も大きな、現物の有無の差につき論題
にしたい。最初に、いつものように答えから入る。

豹を示すと見られる、”ひ口▲”が、”ひゃ▲”なのか、
”ひょ▲”なのかが、現物が有ったとしたら確実に判定でき、
中将棋が92枚制に、この遺物が作成できる時点で、なる間近
だったかどうかを、正しく知る事ができた所だった

と考える。
 では、以下に説明をする。
 成書、”よみがえる中世(3)武士の都鎌倉”の221ペー
ジの写真から、上三列、下三列それぞれについて、

志ろいぬ 毛ひゃう まうこ波 (以上上三列)
近くへ行が 上わゆ けぬ   (以上下三列)

と今の所、本ブログでは読んでいるわけだが、

ひゃうの”う”、近くへの”近”は、磨耗で消失している

と本ブログでは見ている。また、以下が重要だが、

ひゃうの”ゃ”は、上端だけが、かろうじて残っているだけで、

実際には”ゃ”か”ょ”かは、微妙である。

やかよ.gif

現物が有れば、ちょうど中央付近の、切れ目に掛かった所の

この”ゃ”か”ょ”か判らない字が、完全に判定できた

所だっただろうと、私は見る。それが何故重要かと言うと、

”ょ”だったとしたら、単に音通りに書いただけ

だからである。つまり今の所、本ブログで見ているように”ゃ”
だったとしたときには、これを書いた、南北朝時代の今小路
ゲームセンターの管理人は、故意にか、当時の旧かなづかいと
我々が表現する日本語の理解が、足らないためかは不明だが、

”将”の字の旧かなづかいの”しやう”に合わせて、豹のかな
づかいを本来の”へう”ではなくて、誤った”ひゃう”にした

可能性が高い。しかしながら単純に、現代の我々の表記と同じ
になる音通りの”ひょう”にするのが目的だったとしたら、

”ひょう”では、将の旧かなづかい”しゃう”と結びつかない
ので、その時にはまだ中将棋が92枚制に、なって無いと確定

するからである。つまり、本ブログの管理人は、

南北朝時代の今小路ゲームセンターの管理人が、間違った旧日
本語を使っている所から見て、猛豹を猛将と関連付ける動機付
けが有ったのであり、この木簡が作成された時点で中将棋が、
92枚化していたか、あるいは、中将棋は96枚制から92枚
制に移行間近かだったかの何れか

ではないかと、現時点で疑っているのである。
 この判定は、現物が有れば、”ひ□▲”の

”□”が”ゃ”なら、写真からの印象どおり”+”と墨跡があ
るはずだし、
”□”が”ょ”なら、写真からの印象と違い”ト”と墨跡があ
るはず

と、判断が付くのだ。いまや現物が無いので、豹が”ひゃう”
なのか”ひょう”なのか、確定できなくなってしまった。現物
を誤って廃棄したか盗まれたか、今の所良く判らないようだが。
とにかく”何処かへ行ってしまって無い”とは。鎌倉市役所に
は、余り他では聞かない、遺跡の発掘成果発表会での、遺物の
取り扱いに関する相当な落ち度が、30年前には、少なくとも
あったようだ。(2018/12/15)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西鎌倉市福祉センター木札。猛豹が”まうへう”で無い訳(長さん)

中将棋史にとって最重要な、行く方不明の南北朝時代の木札、
今小路西鎌倉市福祉センター遺跡出土の木札は、将棋史全体
にとっても、重要な遺物である。特に、しょっぱなに記載さ
れている、”志ろいぬ”が初期の中将棋に有る事は、この
木札が出るまでは、誰も予想も出来なかった事だとみられる。
ちなみに最近、日本将棋連盟の関西本部の対局室、水無瀬の
間に、将棋駒の狛犬駒の置物があり、将棋のプロ棋士、
藤井聡太七段(現在)と共に、撮影されているのが話題になっ
ている。
 関西地方は、中将棋が昭和の時代に、盛んであった事で著
名だが、たぶん、この置物を置いた方に、予知の超能力が有っ
たのであろう。それは、今の所ともかくとして。
 他方、大将棋にとっては、この木札に、猛豹を意味すると
見られる、本ブログの管理人の現在の認識では、

”毛ひゃう”と書いてある部分が、中将棋の前段の、
鎌倉時代後期の大将棋の内容を示唆する点で、最重要である。

 その後、次の崩し字の入門者用の成書等、幾つかの成書を
参照し、特に”毛ひゃう”との読みが正しいのかどうかを、
私なりに、できるだけチェックしてみた。特に参考になった、
崩し字入門者のための成書の一冊に、次のものがある。

よくわかる「くずし字」見分け方のポイント、齋藤均監修
メイツ出版(2017)

 するとそれ以前に、諸橋徹次著の漢和大辞典等から、

猛豹の豹は、旧かなづかいは、”ひやう”ではなくて、”へう”
である

事が判った。つまり、旧かなづかいで、この木札には、豹を
或る理由で、普通に”へう”と書かなかったか、

この部分の私の意訳が、間違っていたかの、どちらか

だという事が判った。なお、木札の猛豹の猛が、”まう”で
はなくて、”う”か”も”か”毛”かの、どれかで表現されて
いるらしい事は、前記の”「くずし字」見分け方のポイント”
等、くずし字関連の辞書等から、だんだん察しが着いてきた。
 そこで今回は、表題にも書いたが、木札に旧仮名遣いが使わ
れていないか、私が間違っていたのか、この問題の今小路西鎌
倉福祉センター遺跡出土木札の2列目の読みに、何か問題があ
るようなので、以上の事を論題とする。
 最初に結論を書き、後で説明を加える。

”毛ひゃう”は猛豹で間違いないと見られる。
”まうへう”と書かないのは、正式旧かなづかいを書くと、
なにを言っているのか、南北朝時代の、今小路西ゲームセンター
に来場しているゲーマーには、一見では意味がわからないため
敢えて避けたと、ここでは見る。

では、以上について説明する。
 豹がかな書きで、特に”ひよう”と、戦国時代頃から、注記
されるようになった事が、日本国語大辞典(小学館)から判っ
てきた。しかし、少なくとも平安時代末の頃までは、いつも
”へう”表記であったようだ。なお、先の大戦まで、正式な旧
かなづかいでは、豹は”へう”だ。
 しかし、江戸時代草創期の日ポルトガル語辞典等から、中世
の上流階級が、豹を”fioo”と、発音しているとの情報が
あった。だから、

口語表現としては、戦国時代よりももっと前の、南北朝時代の
下世話の木札に、”まうひゃう”とか”まうひょう”とか書い
てあっても、おかしくは無さそうだ。

他方、猛虎・盲虎の方は、この木札では、ただしく”まうこ”
と表現されている。なお蛇足だが、”まうこ”のまは、この
木札では、末の崩し字ではなくて、変体仮名が使われ、”万”
の崩し字になっている。”ま”と読みづらかったのは、その
ためと見られる。
 話を元に戻すと、

猛虎と違い、猛豹は熟語として存在しない。

この点が大切だとみられる。がその他、南北朝時代の人間には
豹自体が、当然だが日本には居無いので、なじみの薄い動物だ。
 そのため伝えられた動物名の通りに、豹を”ひょう”と発音
して、将棋駒名として、使っていたはずである。だから、知識
人しか知らない、”へう”を、今小路西ゲームセンター(当時)
の管理人は、表現としてはそれが正しいのだが、”feu”と
言っている人間が居無いため、使いたがらなかったのだろう。
つまり、

”猛”がナマじ頭に付いていたのが、表現方法として、問題だっ
たのだ。

 そもそも正式文書のかなづかいを真似て、かっこつけても、

”猛豹が有る”という内容自体が、相手に伝わらなかったら、
木札を作成した意味が、この場合は、ほぼ無い。

 そこで、将棋場で、猛豹を呼ぶときに、普通に発音している
ひらがなに、名前を変えたのではないか。その証拠に、猛も、
”まう”と書かずに、明らかに”も”とか、”う”とか”毛”
とかに読める、崩し字に直している。つまり多分、

”毛ひゃう”と、木札に書いてある

と私は思う。ちなみに、猛豹の豹と、鉄将の将とで、音が似て
いると、南北朝時代の将棋棋士に認識してもらえないと、少し
後に、

猛豹は言うならば、猛将であると解釈

されて鉄将の位置へ、猛豹が移動して、中将棋が96枚制から、
92枚制に変わったとか、悪狼が悪党の類似パターンの洒落と
か仮定できなくなるため、少なくとも本ブログの論にとっては、
問題が更に発生する。しかし実際には、

外来語をカタカナで書く感覚に、近い表現にたまたまなってい
たために、少なくとも標準的な旧仮名遣いから、ズレて、実際
に書かれているのではないだろうか。

 結論として、本ブログの読み方は間違って居無いと思う。そ
してむしろ、そのために、30年前から現在までの木簡解読者
は、この木札の正体を見破るためには、更なる困難に直面した
のだろう。
 他方私のような、将棋史には興味が有るが、崩し字の素人は、
ひょうが、”へう”ではなくて、”ひゃう”だったのには、む
しろ今の表現に、たまたま近かったため助けられた。そして
逆に当然の如く、崩し字解読の、基本の所で随分苦労した。
 よく読むと、この木札の最後の一字は、

無ではなくて、”ぬ”の変体仮名である可能性

が有りそうだ。
 つまり”奴”の崩し字ではなくて、”怒”の崩し字のために、
下の部分が見えていて、無だと、私は勘違いしただけという
意味である。
 その他の点では、何べん読み返しても、この木札は、以前に
本ブログで表明した読みと、特に解釈で、間違っているように
は、私には依然思えない。
 だからこの木札の現物が見当たらないというのは、本当に残
念な事だと思う。(2018/12/14)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平家一族。”奢っていた”割には将棋の史料が無いのは何故か(長さん)

俗に、”奢る平家は久しからず”という文句がある。遊戯史に
興味がある者の立場からすると、この言葉から、平家一族関連
の遺物に、囲碁・将棋・盤双六・サイコロ等の遺物が期待でき
そうだと、にわかに活気付く。しかしながら実際には、平安時代
最末期の将棋史料に、平家に関係した物が有ると言う話を、少
なくとも本ブログの管理人は、聞いた事がない。ここではこの、
”かつての平安時代中期の藤原貴族に取って代わり、一時期
貴族的状態に有った”とされる平家一族関連に関して、将棋史
に関係する遺物や史料が、なぜ今の所、未発見とみられるのか
についてを、今回の論題とする。
 いつものように、回答を先に書き、後で説明を加える。
以下回答を書く。

平家は奢っていなかったと疑われる。

では、以下に説明を加える。
 平家は京都を勢力圏とした状態で、平治の乱で事実上の国の
制圧に成功したとみられる。平清盛やその一族の日記が、見当
たらないが、恐らく彼らに、京都で政権を奪取した時代に、日
記等を書く能力や、余裕が無かったのではなくて、壇ノ浦等の
海に沈んでしまい、残って居無いだけであろう。
 京都の内大裏を、平清盛軍は制圧して、後白河上皇を事実上
屈服させていたと見られるため、平家政権が、京都であった時
代の遺物は、有っても、彼らの物とは判別できないとみられる。
 従って彼らが遊戯をしたとの跡は、福原遷都の後、そこでの
遊戯の跡が、遺物として残っているかどうかであろう。が、

今の所臨時の都、福原から、将棋駒等が出土しているという
話は聞かない。

なお、この時代の史料としては、西暦1183年に、京都で、
”暲子内親王が、将碁を指していた”と、権春門院中納言日記
または、健寿御前日記で、藤原俊成の娘が、記載している例や、
西暦1185年に、同じく京都の神護寺で、僧文覚起請文が
書かれ、”囲碁・双六・将基・蹴鞠を禁止する”という記載が
された例がある。
 しかし、二中歴成立の時代に近いのに、我々にとっては残念
な事に、

平家が制圧していた地域で、その重臣等によって、将棋が指さ
れていたとか、そういった類の、”平家時代の将棋史料”で、
明確なものは、今の所無いとみられる。

 平家物語絵巻を見ても、平清盛が水浴びをしているような絵
は見るが、彼の居所に、双六盤・囲碁盤・将棋盤が有るような、
家具・道楽品が、部屋の隅にあるような中に、一族が住んでい
るように描いた絵は、少なくとも私は見かけない。少なくとも
一般成書の範囲で探して見つかるのは、厳島神社に平家が奉納
した、王朝時代の絵を描いた物品位ではないかと思う。これは、
ひょっとして、

”平家が奢っている”という証拠が、文学作品に書かれている
等程度で、客観的には乏しい事を、意味してはいないだろうか。

なお、少し後だが、藤原定家が西暦1203年に明月記で、朝
廷の間に、複数の貴族や皇族が遊戯する目的で、囲碁盤・双六
盤・将棋盤が並んでいたと、公家の暮らしの様子の一種を、
明確に記載している。
 つまり、平家政権時代には、戦乱が続いていて、側近の武者
は、合戦に出動するケースが多く、実際には平家一族には、

暇で贅沢三昧をしており、将棋も指していたという事が、遺物
が出るほどには無かった

という事なのではないか。
 将棋史の目だけで、平清盛一族の日常を、判断するのは危険
だろうが。

”奢っていたとしたら、その時代には、どの程度の遊戯品の遺
物、史料が、本来なら残るはずだという調査”からも平安末期
史のヒントの一つが、得られると言う点だけは確か

なのではないかと、私は疑うのである。(2018/12/13)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

文禄本幸若(舞)信太の朝倉小将棋。玉将周りの囲いを解く理由(長さん)

かなり前に述べたが、15世紀頃の、小将棋のある物に太子が有る事
を確定する重要な将棋史料に、表題の謡曲とみられる表題の、
文禄本幸若(舞)信太記載の”将棋”がある。
 小学館の日本国語大辞典の、幾つかの将棋駒の項に、使用例として
記載され、概訳を再掲すると以下の内容と見られる。

別の物にたとえて言うのならば、「天台しゆうの戦(いくさ)」に於
いて、まず歩兵が先陣を切って攻めかかると、ついで玉行と角行が、
相まみえる事になる。ついで金将、銀将、桂馬が攻めかかると、ほど
なくして太子も、それに加わる事になる。以上は戦いの兵法を、
将棋盤の上に作ったものであるけれども、ああ、これに勝る(シミュ
レーションモデルの)例が、はたして有る物なのであろうか。

なお、「天台しゆうの戦(いくさ)」が”天竺衆の戦”になったり、
玉行ではなくて、王行または横行との説もあるらしい。
 前に、この将棋が室町時代から戦国時代にかけての朝倉小将棋で
あり、表題のように、本来の守り駒を、次々に攻め駒として繰り出し
ているとの内容から見て、取り捨て型の朝倉小将棋であろうと、本ブ
ログの見解を述べた。
 では、勝負を付けるために、本能寺に居る織田信長のように、武装
勢力を次々に、敵陣に繰り出すのは良いが、

なぜ玉将も繰り出して、全軍が体当たりするような、勝負を決するた
めには自然で、普通の戦法を取らないのか

を、今回は論題にする。
 回答を書いて、その後で説明する。
 すなわち、この文禄本幸若(舞)信太の朝倉小将棋は、

盤面の相手陣方向を、天空つまり上部とみなし、釈迦が悟りを啓いて
往生するという局面を表現する、勝負を度外視する儀式的将棋だった

と見られる。
 では、以下に説明を加える。
 少なくとも本ブログでは、問題の将棋が発生した時点で、

平安小将棋に持ち駒ルールの類は、有った

と考える。にもかかわらず、文禄本幸若(舞)信太の朝倉小将棋では、

明らかに、取り捨てルールで小将棋を指している。

なお、本家の西暦1560年頃の、一乗谷朝倉氏遺跡で指された、
朝倉小将棋は、日本将棋の駒と共出土している所からみて、

持ち駒ルール有りの、朝倉小将棋だった可能性が高い。

 つまり、文禄本幸若(舞)信太の朝倉小将棋は、一乗谷朝倉氏遺跡
で指された朝倉小将棋よりも前のものであるが、その時代には既に、
平安小将棋には、持ち駒ルールが存在したと見られる。
 では朝倉小将棋も何故、最初から持ち駒ルールにしないのかが、
問題だろう。なぜなら、

朝倉小将棋の持ち駒有り型は、朝倉小将棋の持ち駒無し型より、ゲー
ム性は”まし”だからである。

 従って、この事から、

文禄本幸若(舞)信太の朝倉小将棋は、ゲームをして楽しむ事が目的
で開発されたのではなく、仏教教義の普及の為に作られた疑いが強い

と言う事であろうと、想像できる。ようするに、将棋の盤の自陣が手
前、相手陣が向こうと認識せずに、将棋の盤の自陣が下、相手陣が上
と見るのであろう。そうすると、走り駒、小駒、酔象の順序で駒を繰
り出すのは、走り駒までは、普通の取り捨て将棋と同じとして、

小駒、酔象を繰り出し、相手陣で酔象を太子に成らせるのは、仏教の
成仏を表しているのではないか

と、予想が付く。小駒、酔象、玉将を、全部じわじわと上げてゆくの
が、取り捨て型将棋で、走り駒を相討ちにした後の、一般的指し方で
あり、文禄本幸若(舞)信太の戦法は、

いっけん尤もらしいが、取り捨て将棋としては邪道

である。しかし、往生思想を大衆に理解させるために、元々朝倉小将
棋を僧侶が作ったとすれば、教える側が僧侶で、教わる側が檀家な
らば、この頃は、神仏習合の時代なので、龍神信仰も取り混ぜられ、

邪道な戦法を、儀式的に指すように教わるだろう

とは、今の所ぼんやりとはしているが、予想可能ではある。特にこの

儀式的将棋では、酔象が相手陣で太子に成って、成仏する事を表すの
が、クライマックス・シーン

だったのかもしれない。その唱導が、運よく謡曲に残ったのではない
か。
 そう考えると、平安小将棋よりもゲーム性で、ディフェンスが強す
ぎるために劣ると見られる朝倉小将棋が、なぜ室町時代末期から戦国
時代初期の、すさんだ、大衆宗教が隆盛を極めた時代に発生したのか
が、じょじょに明らかになってくるような気がする。すなわち、この
小学館の日本国語大辞典でしか、余り見かけない史料を読むと、現在
の日本将棋の発生の要因が、少しずつ見えてくるような気が、私には
するのである。(2018/12/12)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本最古の将棋の棋譜。本因坊算砂の終盤106手目の悪手の謎(長さん)

最近、日本将棋の江戸時代の棋譜にを見る機会があり、日本最古
の棋譜が、西暦1607年のもので、桂馬が7七の位置から、先
手▲6五桂馬と、63手目に大橋宗桂(初代)が指しているのが、

現行の桂馬のルールと、昔のルールに差が無い

ことの、一番古い証拠である事が判った。将棋六種之図式の桂馬
のルールの表記は、図式書の正確な成立年代は不明なものの、西
暦1607年よりは後である事が、間違いなく、よって将棋六種
之図式の桂馬の、動かし方ルールは、略式のために、鳳凰の跳ぶ
動きと同じに、たまたま表現されていると私には理解できた。

高見友幸氏の”中世以前の桂馬の駒の動かし方ルールが、今とは
異なる”との説には、弱いところがやはりありそうだ。

 更に、日本最古の棋譜を見た所、終盤、本因坊算砂が、受けで
悪手を106手目に打ち、初代大橋宗桂に負けている事も判った。
 今回は後者の方の、本因坊算砂が、106手目に指してしまっ
た悪手から、何が推定できるのかを論題とする。
 いつものように、結論から先に書いて、後で説明を加える。

本因坊算砂が日本将棋を習いたての、西暦1960年代後半、
持駒ルールの細則の、二歩の禁手と、打ち歩詰めの禁手が、その
時点でまだ、ローカルルールに過ぎなかったと推定

できる。
 では、以上について以下に説明を加える。
 この日本で最初の日本将棋の棋譜は、例えば次の成書で詳しい
内容と、解説がある。

日本将棋大系1 初代大橋宗桂・二代大橋宗古 勝浦修著
筑摩書房(1979)

それによるとこの棋譜は、133手で大橋宗桂が、本因坊算砂を
下した、西暦1607年の将棋に関するもので、恐らく関西方面
で指されたが、日は不詳と言う。
 終盤、競り合って寄せ合いになり、比較的堅い陣を守っていた、
後手の本因坊算砂に、先手の大橋宗桂が攻めで打った、105手
目の▲6四香車の王手に対して、

合駒の歩兵を、(2)6三の位置に打つべき所を(1)6二の位
置に、打って負けてしまった

と、将棋棋士で名高い、勝浦修氏の解説がある。誠に判りやすい
解説で、さすがだと感心させられる。

最古棋譜.gif

 日本将棋の現行のルールからすると、通常は、この手は単なる
ミスなのであろう。
 が、仮に正しく△6三歩兵打ちと、持ち駒歩兵を打ったとして、
この将棋に、二歩の禁手が仮に無かったら、日本将棋の結果とは、
違ってくるのではないか。即ち107手目▲6二歩に対し、以下
△7一玉と逃げれば▲8二銀△同金▲同金で、詰みだから、たぶ
ん107手目▲6二歩(2歩)には後手は△同金と、金を動かす
しかないだろう。すると、▲同桂△同角▲6三香不成になるから
9七の地点に、先手の馬が利いて、詰めろになっていた原因のは
ずの、後手の飛車打ちが出来なくなる。だから、二歩が禁手であ
る普通の場合と、そうで無い場合とは、後者の方が、先手にとっ
て有利になるように、状況が大きく変わってくるに違いない。
 ひょっとしたら、本因坊算砂が日本将棋を習った、彼が7歳
の西暦1566年に、二歩の禁手はローカルルールだったとして、
彼が二歩の禁手の将棋を指したのは、西暦1570年代になって
からだったとしたら、

本因坊算砂には、二歩指しに対応する癖が、幾分か残っていた

という事は、ひょっとして無いのだろうか。
 そのため、問題の局面では、後手が106手目に指すはずだっ
た、△6三歩をうっかり止めて、子供の頃のルールと錯覚して、
△6二歩と、香車の合い駒の歩兵を、自玉の直ぐ前に打ってしまっ
たのではないだろうか。

そうだとすれば、この将棋には、持ち駒ルールの変遷の歴史が
刻まれて居る事になり、たいへん貴重だ。

 なお、解説した勝浦氏は、そもそもその前の先手の▲6四香車
自体も、△6三歩を見落として打った手の可能性があると、指摘
している。ちなみに、初代大橋宗桂の方が、本因坊算砂より、更
に少し年上だ。
 という訳で、仮に持ち駒ルールが発生したのが、西暦1300
年頃と古かったとしても、禁手という細則に関して、一本化に
長い年月がかかり、そのため持ち駒ルール自体が、余り記録に
残されなかったとしたら、実際と比較的、残存している史料の
傾向が、合っていないだろうか。そもそも、普通唱導集の小将棋
の第2節の記載も、

平安小将棋の持ち駒ルールバージョンにしては、銀・桂交換で、
銀を失った側が、酷く落胆しているという、不自然さがある点

を、前に本ブログでは指摘した事があった。
 つまり持ち駒ルールは、

発生したのが西暦1300年より少し前でも、細則がほぼ一本化
されたのは、西暦1570年前後という事は、ひょっとして無い
のだろうか。

 たとえば、一乗谷朝倉氏遺跡では、西暦1560年代に、二歩
が、まだ出来る、持ち駒ルールで指されていたのかもしれないと
言う意味だ。
 そのような可能性に関する情報が、西暦1607年前後の、
江戸時代の日本将棋の棋譜に、かすかに残っている。その可能性
が、全く無いとも言えないような気が、この悪手に関して、私は
するとの印象を受けた。(2018/12/11)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鎌倉市今小路西鎌倉福祉センター出土の中将棋木札は紛失!(長さん)

前に本ブログで大きく話題にした、表題の、鎌倉市文化財部に
本来保管されていたはずの、鎌倉市今小路西鎌倉福祉センター
出土の中将棋木札について、ここへ来て極めて、ショッキング
なニュースが入った。すなわち問題の、南北朝時代の中将棋の、
極めて貴重な、ルール情報が記載された疑いの高い出土木札を、
何と

鎌倉市は出土してから、かなり早期の段階で紛失していた

事が、最近判明したのだ!
 鎌倉市市役所の文化財部へ、問題の遺物の保管状況を、本ブ
ログの管理人が、少し前に問い合わせた所、上記の驚くべき、

公共財産の紛失の事実

が判明したのである。
 本遺物は、西暦1987年に出土したが、西暦1989年頃
に開催したという出土遺物の報告展示会で、存在が確認された
のを最後に、それ以降

鎌倉市役所では、行方がつかめて居無い

という事なのだ。
 常識的に見て、展示会の後片付けで、鎌倉市役所の係りによっ
て、正しく遺物が保管庫に、戻されなかったのではないかと疑
われる。だから、当時の展示会の関係者の責任が、今更ながら
ではあるものの、客観的に問われても仕方が無いのでは、なか
ろうか。
 将棋史の研究家が、こんなに大事な史料の存在に、発掘公開
から30年近くも経って、始めて気が付いたと言う事に対して、
ひょっとすると、我々にとっての”地底に棲む悪魔の加害者”
は、にんまりと笑っていそうだが。結局の所、これは、
鎌倉市の過去の行政が、一種の盗難事案を処理できなかった、
管理責任になると言う事に、間違い無いのだろうが。

全くひどい話も有ったものだと、私は深い憤りを感じる。

 以下は、裁判係争用の資料として、著作権は行使できないと
判断し、どの遺物かを明示するため写真で、本ブログの領域で
ある将棋史にとって、極めて重大な史料が、どれなのかをはっ
きりと示しておく事にする。つまり、窃盗に有った貴重品が
具体的にどれなのかを、

警察等に見届けさせるため

に特に、本ブログのこのページで、公開しているという意味だ。
盗難にあった、極めて貴重な出土品は、良く知られた成書、
”よみがえる中世(3)、武士の都鎌倉”平凡社 (1989)
の221ページの下にある、下の赤枠で囲った出土遺物である。

盗難木札.gif

 なお、話に聞いた、目撃された最後の展示会と、”よみがえ
る中世(3)、武士の都鎌倉”との出版が、同じ年なので、
鎌倉考古学研究所所員等を名乗る、執筆者のリストも、疑う訳
ではないが、以下に参考までに、本ブログでも、羅列しておく
ことにしよう。

大三輪龍彦(おおみわ たつひこ)鶴見大学教授(当時)
河野真知郎(かわの しんじろう)上智大学非常勤講師(当時)
斎木秀雄(さいき ひでお)鎌倉考古学研究所所員
手塚直樹(てづか なおき)鎌倉考古学研究所所員
原 廣志(はら ひろし)鎌倉考古学研究所所員
松尾宣方(まつお のりかた)鎌倉市教育委員会学芸員(当時)
馬淵和雄(まぶち かずお)鎌倉考古学研究所所員

 問題の遺物が、どうみても、南北朝時代から30年前の間に
盗難に合いそうな、金銭的価値の高い物品とも思えないので。
私物として、現在誤って返却を失念している、考古学に興味を
持っていたために、出来心でそうした御人が、もしどこかに居
るというのならば、速やかに、神奈川県鎌倉市の

鎌倉市役所文化財部に、上記史料は返却すべき

だ。(2018/12/10)

(付記)
鎌倉市役所の上記件の紛失発見担当者は、本ブログの公開から
10日以内に、同じ鎌倉市の文化財管理の責任者宛に、記録に
残る形で、紛失の確認と、その保管場所ないし、居所の変遷経緯を、
すみやかに届けるべきだ。でないと、文化財保護法ないし関連規則
の、有形文化財に関する保護の精神には、合致しないのは明らか
だからだ。(2018/12/11)

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鎌倉考古学研究所では現在、実質的研究が行われて居無いようだ(長さん)

成書、よみがえる中世(3)武士の都鎌倉で、前世紀の1989
年に、前に紹介した、今小路西鎌倉市福祉センター遺跡出土の、
中将棋木札を紹介した、鎌倉考古学研究所(神奈川県鎌倉市岩瀬)
に、最近木札関連の問い合わせをした。前記成書では、少なくと
も前世紀の当時、複数の研究員が所属していたと記載されている。
 しかしながら、問い合わせの返事をもらったので読んでみたが、
考古学上の

個人または団体に対して、(現在は)助成できない

との旨の内容が書かれていた。
 そして恐らく、過去の鎌倉考古学研究所の、過去の研究成果を
まとめたものと見られる、

書籍の案内だけが記載

されていた。webの鎌倉考古学研究所のホームページを見ても、
近々のものに関して、考古学的な発掘活動のニュースのようなも
のは、特に記載されてい無い。よって、

恐らく鎌倉考古学研究所では、新たに集積されるという意味での、
考古学研究所的な活動は、今世紀初で終息しており、過去の活動
を記載した書籍の自販部だけが、現在も残存

している状況なのではないかと見られる。なぜなら、そうでない
としたら、研究所の現活動自体の、宣伝をするのが普通だからだ。
 前に鎌倉市役所の文化財部から”鎌倉考古学研究所は、今も活
動している”という旨を聞いた事がある。が私宛に届いた、前世
紀に活躍した研究所員の、遺族の手紙のような内容から察すると、

鎌倉市役所からの情報は、たぶん間違っているのではないか

と、少なくとも国内の遠方から見ると、そう見えた。
 とりあえず鎌倉考古学研究所とは、前世紀に盛んに活動し、一
例として冒頭の成書を出した団体と、私は把握して置く事にした。
(2018/12/09)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西鎌倉福祉センター中将棋木札。何故バージョン特定可能(長さん)

今の所本ブログの見解によれば、表題の神奈川県鎌倉市出土
の鎌倉~南北朝時代の、木製遺物、今小路西鎌倉市福祉セン
ター出土木簡は、推定南北朝時代に、いわゆる後鳥羽上皇の
時代から在る、今小路のゲームセンターでプレーする、中将
棋のバージョン情報を記載したものと言う事になっている。
 しかし、中将棋のルールを知っている者なら、狛犬、猛豹
が有って、”もうこ”が盲虎の駒の動かし方ルールであって、
猛虎では無いという記載だけからでは、余りに指定項目が
少なすぎて、これで中将棋のバージョンが特定できるという
事自身に関する、疑問がわいて来るに違いない。これなら、
現行の中将棋が、

獅子が有って、居喰いができ、特別の規則があると言う事と、
猛豹が有って、もうこが盲虎であるから、前升目を除く、隣
接7方向歩みという、3つの事項だけから、駒数多数将棋の
中から、現行の中将棋が特定できる

と言うのに、等しいからである。
 そこで今回は、以上のべたように、3項目という少ない要
素で、南北朝時代の駒数多数将棋の棋士が、今小路西の将棋
場で指されている将棋種を、特定できると考えられる理由を、
論題とする。回答を先に書いて、後で説明を加える。

中将棋の前駆体が、13升目108枚制の本ブログの言う、
普通唱導集大将棋であるから、それと比較するとこれで済む

と、考えられる。つまり

中将棋は15升目130枚制の後期大将棋から生まれたもの
ではない

と、いう証拠になり得る史料ではないかと言う事である。
 では、以上の結論について、以下に説明を加える。
本ブログの普通唱導集大将棋は、繰り返すと、5段目という
の中将棋でも同じ自陣段数の、仲人の段から下を書くと、
5段目を退ければ、以下のトランプの七並べのパターンで
52枚、それに2枚の仲人を入れて、以下54枚の駒が並ぶ。

口口口口口口仲人口口口口口口口口口口仲人口口口口口口
歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
飛車横行堅行角行龍馬龍王奔王龍王龍馬角行竪行横行飛車
反車飛龍嗔猪猛牛猛虎麒麟酔象鳳凰猛虎猛牛嗔猪飛龍反車
香車桂馬鉄将銅将銀将金将玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

なお、玉将は、安土桃山時代に、双玉が水無瀬兼成等により
推薦されたと見られるが、鎌倉時代に親王将軍に転移した、
西暦1350年代から後は、しばらく王将と玉将一枚づつ
だったとみられる。
 既に述べたように、13升目が12升目になり、南北朝時
代に中将棋化が始まったとき、桂馬が消え、角行が下がった。
 そのとき、以下の平安大将棋の2段目を参照して、猛牛と
嗔猪も、二中歴の大将棋に無い駒と考えられて、取り除かれ
たと考えられる。

口口口口口口口口口口口口注人口口口口口口口口口口口口
歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
奔車飛龍口口口口猛虎口口横行口口猛虎口口口口飛龍奔車
香車桂馬鉄将銅将銀将金将玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

普通唱導集時代の大将棋の13升目が12升目になり、桂馬
が消え、角行が下がった図は、よって以下の通りである。

口口口口口口仲人口口口口口口口口仲人口口口口口口
歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
飛車横行堅行龍馬龍王獅子奔王龍王龍馬竪行横行飛車
反車飛龍角行口口猛虎麒麟鳳凰猛虎口口角行飛龍反車
香車鉄将銅将銀将金将玉将酔象金将銀将銅将鉄将香車

なお、この時点で成りは、水無瀬兼成が安土桃山時代の、
将棋纂図部類抄で書いているように、麒麟、酔象、鳳凰が
それぞれ獅子、太子、奔王。それにもしかすると、歩兵が、
金将だったとみられる。

鎌倉市鶴岡八幡宮出土の、鳳凰や香車、歩兵で指せる形だ。

 実は、上記の配列を、飛車と角行の動きが、縦横と斜めで
対応している事から、竪行、横行、飛車を入れ替えて、猛虎
を盲虎に変えた

次の配列が、南北朝時代の、当時の将棋棋士には、
中将棋の標準形に見えたはず

口口口口口口仲人口口口口口口口口仲人口口口口口口
歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
横行堅行飛車龍馬龍王獅子奔王龍王龍馬飛車竪行横行
反車飛龍角行口口盲虎麒麟鳳凰盲虎口口角行飛龍反車
香車鉄将銅将銀将金将玉将酔象金将銀将銅将鉄将香車

なのである。
なお、飛車の位置を入れ替えるのは、龍馬・角行筋が横行に
当たらないようにするためだったと見られる。つまり、獅子
や狛犬の有る中将棋では、駒の価値が、横行≧角行≧竪行で、
横行の価値が、守りの力が強いために、高いからである。
 以上は、

南北朝時代の中将棋の棋士には、ここまでは概ね、あるべき
姿としてのコンセンサスが、取れていた

と、考えられる。
 この形を頭に入れた上で、今小路西鎌倉福祉センター出土
中将棋木札の内容を考えると、そこでの中将棋のルールが、

1.獅子を狛犬に入れ替えること。
2.平安大将棋のように飛龍を使わず、猛豹にする事。
3.盲虎は、七方歩みである事を徹底する事。

以上の3点で、ゲームのパージョンが特定できることは、明
らかだと言う事である。
 逆に言うと、当時の中将棋棋士には、上記の形が標準形に
見えていたと言う事は、中将棋の元が130枚制の後期大将棋で
はなくて、本ブログの言う、平安大将棋により近いような、
13升目108枚制の、普通唱導集大将棋だったと言う事を
示していると考えられる。特に、後期大将棋と96枚制の、
古中将棋とで、2.で特定されるはずの猛豹は、どちらにも
有って、しかも位置が相似的な、2段目で似通っているため、
ゲーム・バージョンを特定するための、問題の木札に、”ま
うひゃう”の文字が出てくるはずは無いと考えられるのであ
る。そこで、少し前の、鎌倉時代後期の西暦1300年頃の
駒数多数将棋が、以下の15升目の後期大将棋ではなくて、

口口口口口口口口仲人口口口口口口口口口口仲人口口口口口口口口
歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
飛車飛龍横行堅行角行龍馬龍王奔王龍王龍馬角行竪行横行飛龍飛車
口口猛牛口口嗔猪口口悪狼麒麟獅子鳳凰悪狼口口嗔猪口口猛牛口口
反車口口猫叉口口猛豹口口盲虎酔象盲虎口口猛豹口口猫叉口口反車
香車桂馬石将鉄将銅将銀将金将玉将金将銀将銅将鉄将石将桂馬香車

13升目108枚制の普通唱導集大将棋(本ブログ版)であ
るという事の、証拠という点で、

普通唱導集の大将棋の第2節で、仲人段が桂馬で支えられる
ように、5段目になければならない事

に加えて、事実上、新たな証拠が加わったという事になる。
だから、大将棋の歴史を考える上でも、極めて重大な結論が、
この新たに解読された木札の記載内容から、間接的に導かれ
ると、言う事になるのである。(2018/12/08)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -