So-net無料ブログ作成

天竺大将棋の四天王のルール。松浦大六氏所蔵”象戯図式”の記載(長さん)

天竺大将棋の車兵の成りの四天王は、”車兵のように走り、ただし隣接升目
では、止まれない”が、現在の定説である。横については、制限された3升
目先までの走り、で指される事が多い。またweb上では、隣接升目の相手
の駒を居喰いし、元の位置に戻る動きもできるともされる。最後の部分につ
いては、今の所、対応する古文書を、私は個人的に、まだ見つけて居無い。
前回のべたColin Adamsの書籍状の文書でも、以上のルールに、
なっている。
 居喰いの点は、さておいて、”隣接升目で四天王が止まれない”事に関し
ては、個人が運営する某掲示板で、異議が唱えられている。

”隣接升目に居る相手の駒が、凍らされるという、ルールなのではないか”

と言うのである。
発言者は、前記の象戯図式を根拠にしており、その1ページ前の、火鬼のルー
ルの書き方からみて、”敵駒(は)”が、省略されているのではないかとの、
意味の事を言っている。こう、解釈できる理由として、火鬼と四天王が、
上下・左右を入れ替えた動きの、水牛と車兵の、それぞれ成り駒で、親戚関
係にあるという事を、前記、匿名の発言者は挙げている。私は最近まで、こ
の説に賛成していなかったのだが、

象戯図式の漢文の漢字を、読み間違えているのに気がついたので、賛成側に
回ることにした。

理由が理由なので、誠にお恥ずかしい限りである。

漢字の”亦”は”又”の意味なのに、”但し”と、”ウソ読みないし、知っ
たかぶり読み”をしていたのである。象戯図式の、四天王の対応する部分に
は、次のように、活字が並んでいる。

如車兵亦近八方不行

つまり、”車兵の動きに加えて、隣接升目のものは進めない”が、正確な訳
だとみられる。つまり亦は、”また”ないし、それに加えてであって、

例外を書こうとしているのではなくて、追加事項を記載しようとしている

のである。従って前記の、

主語は”敵駒”であり、それが省略されているという説は、ご尤もなよう

なのである。
 何れにしても、以前の私の漢文読みが、正しく無い事は確かだ。前後と、
聞きかじった説から、思い出せない漢字の読みを、自分勝手に作って読ま
ないように、これからは充分に、気をつけようと思う。(2017/12/25)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。