So-net無料ブログ作成

元荒川流域の城跡、埼玉県越谷市大相模不動尊(長さん)

前に「埼玉県南東部、古利根川等河川流域等に、将棋の駒
が出土しそうな、城跡を地図上では発見できない」と述べ
たが、その後、よく調べてみると、市街地の目新しい道路
に埋もれながらもかろうじて、古利根川南西部の元荒川流
域、埼玉県越谷市相模町六丁目不動橋南西地点に、道路が
方形の、城跡を連想させるところがあるのに、気がついた。
大相模不動尊と俗称される、大聖寺という寺を中心とする、
地点である。
 2017年2月11日に、さっそく訪れて見ると、そこ
は、徳川家康が、関が原の戦いのときに、戦勝祈願をした
事等で知られる、結構有名な寺であった。戦国時代から、
江戸初期に特に盛んだった寺のようである。敷地は方形で、

まさしく土塁が、かろうじて残され、砦の跡であった。

今まで古利根川付近には城が無いとのイメージの強かった、
私も正直、ようやく城らしい跡にたどりついてほっとした。
ただし、歴史は後北条氏と源頼光流太田氏(武蔵国の上杉
氏の家臣、太田道灌が有名)との間の、関東における覇権
争いのあった、戦国時代に遡れる程度で、室町時代には達
せず、下河辺氏とはつながらない。

後世に寺になったのだろうが、元々は、恐らく戦国時代に
は戦陣にも使われた館の跡のようである。

ただし、土塁は元荒川の直ぐ隣で、洪水で流れそうなとこ
ろなのに、しっかり残っている。このへんの河川の岸に、
あった城が、洪水で流されたとしても、もともと城が有る
のであれば、土塁と判る程度には、跡が残るのではないか、
との私の考えに、自信が持てる例に、やっと出合ったよう
な気がした。なお、徳川家康時代より名乗るようになった
この寺”大聖寺”には、今も各種の古文書や遺物が保管さ
れており、発掘せずとも、貴重な史料が現存すると、境内
の建て看板にて、紹介されていた。(2017/02/12)