So-net無料ブログ作成

埼玉県春日部市の旧北葛飾郡庄和町中心部付近の下河辺荘のチェック(長さん)

前回に引き続いて、埼玉県春日部市の西宝珠花より、旧埼玉県北葛飾郡
庄和町の中心部である埼玉県春日部市金崎、東武アーバンパークラインの
南桜井駅付近までの、下河辺荘の地理的中心点付近をチェックした。
 実際には、今回は西宝珠花の宝珠花橋のたもとから、旧北葛飾郡庄和町
の中心部やや西の、現在の埼玉県春日部市下柳の北東端、南桜井小学校
付近までは、バスに乗り、その車窓から様子を眺めた。
 バスの経路上、埼玉県春日部市西宝珠花からは、埼玉県春日部市上吉妻、
同春日部市神間、同春日部市立野、同春日部市上柳、同春日部市下柳の
北東端と進んだ。地図上の道路の様子から、私は田んぼが続いているのだ
ろうと、想像していた。だが、実際には畑が続き、人家もけっこう建っ
ていた。結局この、下河辺荘の、野方と下方の、は境も、調べるだけ全く
ムダとまでは、言えない場所のようだ。ただし、城跡を感じさせる場所
までは、特に見当たらない。下河辺行平はやはり、下河辺荘のちょうど
真ん中には少なくとも、大きな城は作らなかったようである。
 下柳の縁でバスを降り、ここからは徒歩で、旧埼玉県北葛飾郡庄和町の
中心部、埼玉県春日部市金崎、同春日部市西金野井の西域、春日部市大衾、
を見て、春日部市米島にある東武アーバンパークライン線の南桜井駅に、
到着した。春日部市金崎より後の部分は、旧庄和町役所・学校関係の
大きな建物や、それを囲んで整備された公園が続いていて、だいぶん
開けてしまっており、遺物の散乱は、期待薄のようであった。以上の結果、
埼玉県北葛飾郡松伏町築比地より、埼玉県春日部市米島までを調査した、
以前の調査経路とは繋がった。ので、前回の埼玉県南埼玉郡杉戸町鷲巣
付近から、埼玉県春日部市西宝珠花までの調査と合わせれば、茨城県
古河市の古河公方記念公園付近を除けば、だいたいの下河辺荘を、私は
全部ざっと見て回りきった、という結果にはなったように理解された。
(2017/04/25)