So-net無料ブログ作成

大局将棋の最終成立時期は、やはり幕末なのではないか(長さん)

以前私は、江戸時代の将棋の者の家、大橋家から発掘されたと聞く、
大局将棋の最終成立時期は、江戸時代に成立年号の有る、将棋の本、
松浦大六氏所蔵、象戯図式に記載されていても、それは明治以降の
加筆であり、最終成立時期は、幕末の頃であろうと述べた。
 大局将棋には、砲、弩、弓といった、七国将棋系の駒が存在する
ので、早くとも1750年以降、徳川家治の時代ないし、その後の
時代の成立は、間違いないと私は思う。将棋界の恩人と言うべき、
第十代徳川将軍の徳川家治は、大橋家の棋士に奥御用を授けて、
多額の謝礼金を銀貨で与えている。そこで、将軍の御傍に置かれた
との誉もあり、かつて豊臣秀次に気に入られた、水無瀬兼成になぞ
らえて、泰将棋の継続としての、大局将棋の製作を、徳川家治の
時代になって、少なくとも大橋家内部では、始めていたという話
は、充分有り得る事かもしれない。しかしながら、大橋文書、
大局将棋初期配列・駒のルール図として成文化される所まで、同時
期に出来たとは、必ずしも言えないのかもしれない。最初はせいぜ
いルール集のメモ程度の物を、後継者に残していたのではなかろう
か。
 というのは、将棋種類の中に、銅車の成りに、銅象という駒が、
存在するからである。銅象は、いうまでも無いが、銅像のシャレ
であろう。しかし、

銅像は明治時代になってから、現在の意味で、盛んに使われた単語
である。

なお、大局将棋の駒名をチェックしてみたが、江戸時代に成立する
かどうか、

怪しい駒名は、大局将棋については、”銅象”が唯一

のようである。比較的大きな現代語辞書によると、今使われている
銅像の意味で、銅像が使われるようになったのは、欧州に派遣され
た幕末の人間が、現地の銅像を見てからのようである。なお、web
には、その中の人間が、胸像を見て「晒し首のようだ」と、異文化
感を吐露しているとされる。

その前の近世までは、”銅ノ像”という意味で、銅製の仏像を表現
するときにだけ、銅像と書いてあるように、私の見た古文書が、私
には、今の所全部読める。

つまり銅像という単語が、少なくとも辞書で引用されている、近世
以前の古文書に、確かに存在するようには、私には見えないと言う
事で有る。ただし、1750年頃の、大局将棋の作者が、銅ノ像を、
銅像という名詞と解釈して、銅象という駒を、大局将棋の銅車の成
りとして、絶対に作らなかったとまでは、言えないのかもしれない。
 個人的には、金車、銀車、銅車、石車、木車・・・と、車駒を並
べて、その成りを観察してみると、銅車の成りは、西暦1750年
の頃には、別の、より意味を取るのが難しい、遊母鳥、鴻翼と、
歩振鳥、風鼈の間に来るのに、相応しい名前が有ったようにも見え
る。だがその名前が、余りにも難しすぎて、幕末には大橋家の子孫
にさえ失念され、単純に銅象に置き換えられたのかもしれないと、
一応本気で私は疑っているのである。なお蛇足だが、大局将棋では、
右車と左車に成り駒を作り、それぞれ右鉄車、左鉄車と名づけて
しまったので、鉄車という駒だけ無い。議論を元に戻すと、単純に、
明治時代からの言葉のように見える、

銅象という駒が有るのは、単にその一種だけ遅れて作られただけ

かもしれないのだが。以上の点を根拠に、私は大局将棋は、徳川
家治の時代から幕末までの間に、順次部分が作られ、ひょっとする
と幕末になって、ようやく完全成立したのではないかと、今の所
銅象たった一つが根拠だが、個人的には疑っていると言う事である。
(2017/12/07)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

(コラム)羽生善治氏、7冠永世を達成(長さん)

2017年12月5日の将棋竜王戦で、挑戦者の羽生善治棋聖が
竜王の渡辺明棋王に勝利し、日本将棋、人間の七タイトルについ
て、全て永世称号を得た。羽生善治氏は、
永世名人を2008年に、永世王位を1997年に、名誉王座を
1996年に、永世棋王を1995年に、永世王将を2007年
に、永世棋聖を1995年に達成し、最後となった永世竜王を、
通算7期で、今回達成したと、記録されている。なお、以下に、
当時の史料を示す。

羽生善治.gif
羽生善治氏は、将棋連盟内に於いては、これまで現役の花形棋士
として活躍してきた。しかし、今期で年齢が47歳に達し、棋士
一般としては、ピークを過ぎるころとなったようだ。様子から
私が察するに、現在は勝負一筋のようで、同世代の永世名人資格
保持者の、森内俊之九段等とは違い、直ぐには将棋連盟の運営に
係わる事に、興味は無さそうである。
 しかしながら、彼が将棋連盟組織の中核として、平成の次の年
号の時代に活躍する事は、私の認識として、巷の声無き声のよう
に思う。恐らく、江戸時代の囲碁の棋士の渋川春海のように、
将棋連盟組織の外にも広く顔の効く彼は、彼が元気で居る限りは、
周りに押し上げられて、自然に連盟の中心人物になってゆくので
はないかと、私は現時点で予言しておく。
 思えば彼は、コンピュータ将棋が、サイレントムービーの時代
の、最後の人間の花形将棋棋士となった。

コンピュータ将棋ソフトと、彼が、たまたま直接対決しないで、
どうやら終わりそうなのは、不思議だったが、めぐり合わせだっ
たのかもしれない。

そうではなくて、そのように仕向けさせた、将棋界の恩人の神様
が、天国には何人も居るのだとすれば、彼を無駄に消耗させ、命
を短くする事が無かったという点に、大いに感謝したい。

彼は、ソフト対決の局面では、これまでの所、ツマハジキにされ
た感じであったが、これが不運か幸運かは、まだ謎だろう。

つまり彼が更に、今後新設されるかもしれない、永世叡王を目指
して将棋を指し続け、叡王戦のスポンサーの意向で、彼が叡王に
なった時に、電王戦勝利ソフトとの直接対決が無いと、断言はで
きないからだ。何しろ未来は、基本的に知りえない世界である。
 何れにしても、彼には今後も体を壊すことなく、ソフトという
機械が、人間の上位に立つ世界に、否が応でも対応しなければな
らない、次の時代をより良い方向に導く、日本将棋界のリーダー
に、ゆっくりとで良いので、変貌していって、もらいたいものである。
(2017/12/07)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー