So-net無料ブログ作成

小山義政祈祷寺。埼玉県久喜市鷲宮神社領、旧大利根町円満寺の調査(長さん)

栃木県小山市の、裏金一文字角行出土駒関連の南北朝時代の武将で、小山
城(群)を本拠地としていた、小山義政は、埼玉県久喜市、当時の太田荘に
ある、鷲宮神社の守護者であった。彼は、鷲宮神社の社殿を、再興した記録
が残り、また彼が神社に奉納した、刀が現存する。その埼玉県久喜市の鷲宮
神社には、かつて、埼玉県加須市(旧大利根町)北大桑に、神社の領地が
あり、そこを、小山義政が死ぬまで、彼専用の祈祷所に使用していたという
話を、私は最近webで聞いた。現在は、円満寺という名称の、真言宗の寺
となっており、毎年2月18日前後に祭りがあるという。そしてその時には、
小山義政が拝んでいた、千手観音ともみられる、そこの仏像が、年一回だけ
開帳されるとも、そのwebのサイトでは、紹介されている。
 個人的にこの話は、最近のwebの情報から、初めて気がついた話であっ
た。そのため、”千手観音の開帳”には早いが、気づいて、文献の予備調査
後、ただちに現場へ、様子を見に行って来た。下の写真は、寺の門の傍らに
建つ、近代の作と見られる、寺名を掘り込んだ石柱である。

大利根円満寺.gif

入ると、円満寺の、千手観音の説明書きの立て札が、さっそく目に入る。埼
玉県加須市と、栃木県小山市とは隣接していないが、太田荘をも支配した、

摩訶大大将棋の駒のような、不思議な将棋駒を出土させた、その小山義政に
関連する場所である事は間違いない

事が判る。

円満寺立札.gif

 すぐ横には更に石の板碑があり、寺の説明書があり、中身で重要なのは、

”小山義政の乱後、寺に義政の遺品が奉納された”と書いてある点である。

”毒を盛った匙”とは、矢に塗る道具の事なのか、私には良く判らないが、

概ね武具であって、将棋道具の記載は無い。

縁起.gif

 窓から寺の本堂内部を覗くと、開帳される千手観音とは違って、立像の
代理仏があり、千手観音とは何たるかが、判るようになっていた。また横
に写真のように、馬の木彫の像があった。本堂の内部を、更に良く見ると、

千手観音.gif

馬の模型が、計3~4体あるようで、”左馬介”の名の通り、小山義政の
寺の雰囲気は、馬の彫り物の多さからは、多少感じられた。

 ただし、残念ながら、ここには将棋駒のヒントになるような、物品、
情報は、表面を眺めた程度では、みつからないようだ。

 またこの寺の周囲には、工場用地が隣接しているようであるが、今の所
静かであった。場所は東武伊勢崎線の、花崎駅に近い所で、散歩がてらに、
行く所としても、一応手軽な場所だと考えられる。(2018/02/16)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー