So-net無料ブログ作成

普通唱導集の大将棋唱導。何故堅行奥の嗔猪を繰り出しているのか(長さん)

普通唱導集の大将棋第2節は、15升目の後期大将棋を当てるにしても、
本ブログのように、13升目の仮説その時代の大将棋を仮定するにして
も、仲人を支える嗔猪は、縦走りの堅行の下から、繰り出してゆく事に
なる。そこで、常識的にそうするには、堅行の前の歩兵を、わかり易く
は、自陣の仲人より2段上、すなわち、将棋種は13升目だろうが、
15升目だろうが、中央段まで、上げておかなければならない。ついで、
堅行をその下の升目に走らせてから、嗔猪を1歩づつ上げ、仲人の横で、
腹を合わせるのである。一見するとこのとき、もし、嗔猪の上段に、
初期配列で、堅行がもともと居なかったとしたら、陣地を作るのが3手
早くて、更には歩兵・堅行のでっぱりが無く、自然なようにも見える。
当初、これが多少、

13升目普通唱導集大将棋のモデルの難点になりはしないか

と、私には気になっていた。つまり、角行・堅行・横行の行駒3つ組は
必要不可欠な角行と、平安大将棋にも有る横行の存在が確実なら、確か
に存在が自然なのであるが、

間違いなく堅行は、13升目の仮説普通唱導集大将棋に存在したのだろ
うかか

という、疑念が有ったのである。しかしその後、この疑念は少しずつ
晴れてきた。理由は、普通唱導集型の斜め走り駒の、タスキがけ攻撃に
は、龍馬2枚と角行2枚を、同じ筋で攻める、少し前に説明したやり方
とは別に、下の写真のように、龍馬の筋を角行とは筋違いにして、隣の
嗔猪の筋に当て、龍馬で、相手の守り駒の嗔猪を取り、嗔猪の仲人への
守りから外してしまう手が有るのに、気が付いたからである。

第2節.gif

すなわち、そのとき、

嗔猪には、焦点の仲人ではなくて、別の、この場合は堅行で、紐を
つけておく必要があった

のだった。写真のように、攻撃側の後手は、少し前の15升目の後期大
将棋で説明したように、角行×2、龍馬×2で、普通唱導集、大将棋の
第1節型の攻撃の準備を仕掛けてきている。先手はここでは普通唱導集、
大将棋の第2節型の陣を、仲人の回りに作成して、守りを固めたところ
である。ただし前とは違って、後手は、4つの斜め走り駒を、同一筋に
置いて、焦点・先手仲人位置には、攻撃を掛ないで、2枚の龍馬をその
筋を変えずに進めて、角行の筋とは、一つ筋違いになるようにし、仲人
の隣の、嗔猪に当てた所である。このとき、先手の嗔猪には、変則的な
形だが、上段の堅行が、繋ぎ駒になっている。実は、この堅行が無いと、
先手の端は破れる。しかしながら実際には、この堅行の存在のおかげで、
後手の斜め走りの龍馬が、1枚余計に消耗するので、先手の陣は破れな
い。むろん、このようなケースに、

先手の右嗔猪を取った後手の龍馬を、右仲人で取り返すのは、たとえ
仲人が、”「或説」では無い正しい説で、傍へ行けるルール”であった
としても、写真の後手二枚角で、先手陣が崩されるので論外

である。仲人はそもそも、この攻め側の作戦では、守り方は動かせない
のではないか。つまり、少なくとも普通唱導集時代の大将棋に関しては、

仲人は、平安大将棋の注人の、前後歩みのみのルールのままでも、平気

と私は見る。
 すなわち、写真より以下は、次のように進行すると見られる。
△3九龍馬▲同堅行△同龍馬▲9九歩兵△4九角行▲同歩兵△同角行
▲同桂馬△同龍馬▲3十二鉄将△3十一龍馬▲同鉄将。
このように12手進むと、後手は、斜め走り駒を4枚使いきったが、
それでも先手の袖は、かろうじてだが、破れてはいないのである。
 以上の事から、

普通唱導集大将棋の13升目モデルでも、嗔猪の前の自然な堅行の存在
は、陣を組むには手間がかかるが、役に立つ場合がありうる

と、結論される。そこで、この堅行の存在自体が、自然なものであると、
今度は逆に仮定すると、それが嗔猪の前方で、その繋ぎ駒になるから、
普通唱導集の大将棋第2節の、仲人陣戦法が成立すると言う事になる。
という事は逆に、角行の内隣に、それが無ければ、嗔猪が喰われて陣が
崩れてしまう、

龍馬という駒が、西暦1300年頃の鎌倉時代後期に既に、存在する事
の方を、確定付けている

と私は考えるのである。(2018/03/15)

nice!(0)  コメント(0)