So-net無料ブログ作成

興福寺旧境内出土の将棋駒を特別に公開(長さん)

4~5日前の事だが、奈良県県庁のホームページに次のような内容の
発表があった。

特別陳列「興福寺旧境内出土の将棋駒」
6日間のみの展覧会。お見逃しなく!
発表日: 今年の4月末ころ。
奈良県地域振興部文化資源活用課

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館ホール(フリーゾーン)にて、
日本最古の将棋駒とともに、

保存処理前のため長期の公開が困難

な「酔(醉)象」駒など9枚を、1週間の期間限定で一同に展示。
日時
2018年5月8日(火)~5月13日(日)
場所
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ホール(フリーゾーン)

この記事で初めて判ったことは、西暦1098年頃のものとみられる、

酔象等の駒をまだ、ポリエチレンゴリコール等で保存処理していない

と言う事である。よもやボロボロになっていないのかどうか、個人的
には心配だが。なお、ちょっと遠いので、私が行けるかどうかは不明。
確かこの初日に、奈良県の興福寺で、佐藤天彦将棋名人対、羽生善治
挑戦者の対局も、有ったように私は聞いている。たぶんそれに、合わ
せたのだろう。何れにしても酔象駒の発見について、webの適当な
ページで、記事を過去に読んでいて、経緯が全て、判ったつもりになっ
ている方たちのためにも、裏面に墨跡が無いと聞く、その

酔象が、観覧者に成りを含めて観察できるように、裏も見えるような
配置で、橿原考古学研究所で今回公開されることを、心より祈りたい

ものだと、私は願っている。(2018/05/02)

nice!(1)  コメント(4)