So-net無料ブログ作成

大理国原始平安小将棋が、ヴェトナムに根を下ろす条件は無いのか(長さん)

本ブログの主張によれば、原始平安小将棋は、西暦1014年現地発の、
大理国産の伝来ゲームであり、大理国原始平安小将棋は、不成り酔象が、
右銀の位置にある点を除いて、ほとんど8升目32枚制平安小将棋(原
始型)であったと、考えられる。
 そしてそれは、中国北宋交易商人の周文裔が、西暦1015年に、後
に藤原道長の所有物となる、東南アジア産の孔雀と共に、東シナ海の海
路を通って船舶で運んだ、黄金の将棋具であるとする。ゲームは、従っ
て、大理国から途中、当時ヴェトナム北部に有ったとされる、李氏大越
国を経由しており、その伝来経路は、大理市から、東南東に川を下って、
今のハノイへ出る陸路が、最有力だったとみられる。
 従って、松岡信行氏が指摘するように、今のヴェトナムに、原始的な
日本の小将棋の痕跡が、残って居無い理由を、述べる必要がある。本ブ
ログでは、国境警備兵や武族が、ヴェトナム国内の、経路上に存在しな
いために、兵法としての将棋に、現地のヴェトナム人が、興味を示さな
かったためだろうと、説明した。しかし本当に、西暦1014年時点で、
ヴェトナム北部の、将棋伝来経路上に、兵法と関連性が濃い集団が、そ
の当時、存在しなかったのかどうかを、ヴェトナムの歴史書にて、詳し
く確認した事が、実は私には無かった。
 そこで今回、ヴェトナムの歴史書で、経路上のヴェトナムの1015
年の状況を、少し詳しく調べて見たので結果を報告する。
 結論を書くと、

ヴェトナム北部の、将棋伝来の経路上は当時、言うならば、軍事的緊張
と言う意味で、氷河期の中間の、間氷期の状態であった。そのために、
その時点で、軍事的緊張状態にはなっておらず、”不幸な緊張”を利用
して、豪族化して巨万の富を蓄えつつある、武家集団ができつつある状
態ではない

とみられた。以下に、もう少し詳しく、内容を述べる。
 まず、伝来の経路は、大理国の国境を越えると、当時も大越国の首都
であった、現在のハノイへ、ほぼ真っ直ぐに向かう陸路である。そして、
更に下って、周文裔らが孔雀とともに船積みする、ヴェトナム北部の港
に出たルートとみられる。ここからは、海南島や台湾、沖縄等を通った
としても、基本的に、日本の目的地の博多まで、ほぼ途中停泊無しの、
海路だっただろうと、私は見る。
 従って、大理国原始平安小将棋の情報が、漏れるとすれば、大理国と
大越の国境地帯か、ハノイの近郊だけだ。しかし、大越-大理の国境に、
警備兵はほとんど居なかったと、想像される。そもそも、両国で戦闘が
あった痕跡すらないし、また大理国は諸侯が割拠して、実質群雄割拠状
態だったので、戦えばまとまりの良い大越国の方が、断然有利はずであ
る。つまり、

中央集権化し、当時の国王・李公蘊(リー・コン・ウアン)の力が、
かなり強かった大越国は、適当に見張りをつけておけば、大理国との
境の国境警備は、充分な程度だったと考えられる

と、言う事である。従って、九州の大宰府のような武者が、大越国の
奥地に居たとは、私には考えられなかった。
 次に首都であるが、初代国王の王権が、西暦1014年ころには、
李朝大越の勃興・発展期でかなり強く、比較的中央に権力が集中して、
軍閥や貴族が、王宮に入り込んで、利権をむさぼる”退廃の時代”では、
一応無かったと、みられる。
 そのため、首都に常駐する軍隊の、豪族化や貴族化も、この時代の
大越国には、無く、兵は徴兵制度で集められた兵とされ、金将に該当す
るような武家貴族の家は、ヴェトナムでは、この時点では出現し得無か
ったようである。なお、当時の李朝大越国の首都のハノイは、その少し
前に首都であった、西暦970年頃の華閭のように、”金銀で迎賓館を
飾る”という記録は無く、周りの景観を王族は楽しんでいたとの事であ
る。北宋との関係が不安定だった、やや大理国に似た、10世紀末の、
先代の国王の都を継承せず、別の場所に遷都したため、李公蘊時代の
大越は、大理国とは雰囲気が、かなり違っていたと見られる。
 更にはヴェトナム・大越国の、軍族にとって活躍どころである、外国
との戦争の相手国となったのは、周文裔の出身地である、北宋と、大越
の南にあった、チャンパ王国だったとされる。しかしながら歴史書、
株式会社明石書店、西暦2008年発行で、ファン・ゴク・リエン監修
の、「ベトナムの歴史(中学校教科書)」によると、

北宋との戦争は、西暦981年の次が、西暦1075年~77年

であり、西暦1014年当時は、西暦981年後の停戦が成立して、
北宋との国交が、一時的にせよ正常化した時代だったとある。従って、

ヴェトナム中部には、対チャンパ王国対策の、軍閥の駐屯があっても、
より北部の、ハノイ付近を、周文裔は通過すると見られるので、武芸で
身を立てる可能性の高い、武装集団等と、大理国産の将棋とが接触する
可能性は、ヴェトナムではかなり少ない

とみられた。そもそも北宋との関係が、当時一時的にせよ、良かったか
らこそ、北宋商人の周文裔は、大越国経由のルートで、大理国のゲーム
を、日本へ運んで来られたと考えるのが、自然だと私は思う。
 以上の結果から、たとえ周文裔が、黄金の将棋具をヴェトナム北部で
披露したとしても、暇だからするゲームであるのならば、

ゲームとして面白くなければ、当時のヴェトナム人の興味を、引き出せ
なかったに違いない

と、私は結論した。つまり実際には、周文裔の口車に乗って、石や板等
で、対応する将棋駒をヴェトナム人が作って、やってみると、それは
玉将の周りに、他の成ってできた金がやがて群がって、さっぱり、玉が
捕獲できない、奇妙なシャトランジ様のゲームでしか、なかったと、彼
らには認識されたと見られる。そこで、板に”金将”とかかれた駒を、
イジッて幾ら遊んでみたところで、実際に金塊が手に入るわけでもない
と、当然考えた西暦1014~15年当時のヴェトナム人は、その結果、
大理国の原始平安小将棋には、興味を持続して示す事は、もはや無かっ
たという事だろう。
 以上、前にも述べたが、中間地点のヴェトナム北部に、日本の将棋と
同じだが、ひょっとすると、立体駒で遊ぶようなゲームは、定着しない
のは、当時の、つかの間だが、平和なヴェトナム状況から見て、必然だっ
たと、私は確信するようになった。そして、恐らくその100年位後に、
南宋国から、完成したシャンチーが伝来すると、

シャンチーの方は、ゲームとしての出来が良かったので、ヴェトナムで
も広がった

のであろう。以上のような事が、実際には有ったのではないかと、やは
り私には、結論されたのである。(2018/05/12)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー