So-net無料ブログ作成

石川県鹿島郡中島田上町カイダ遺跡の出土駒は将棋駒なのか(長さん)

前に、石川県金沢市堅田町出土の”桂馬駒”が桂馬ではなくて、”飛馬”
とスケッチされているという話をした。実は前田藩お膝元の石川県には、
もう一枚、種別の不明な駒が、西暦1990年頃に出土している。表題
の、室町時代から、安土桃山時代の住居跡とされる、鹿島郡中島田上町
カイダ遺跡の、恐らく不成りの”白食”と書かれているとされる、将棋
駒の可能性があると指摘の五角形の木片である。いうまでも無く、
白食という種類の将棋駒は存在しない。将棋駒という判定にクエスチョ
ンが付いているのは、そのためである。
 そこで今回は、金沢市の堅田城跡遺跡(堅田B遺跡)の不成り(?)
”飛馬”駒に続いてこの”不成り?白食”駒の正体について論題とする。
 回答を最初に書くと、

将棋駒であり、”おもて面判読不能だが、たぶん香車の、裏一文字金駒”

であると、本ブログでは、前記成書の写真から推定する。
 では以下に、以上の結論に至る経過を説明する。
 この駒は成書、天童の将棋駒と全国遺跡出土駒の写真を見る限り、墨
跡は極めて薄いので、ブログに転載しても無駄だと思う。だから以下に
は、文面で説明するだけに、ここでは留める。
 上記成書の情報によると、墨があるのは一面だけであるようであり、
墨のある面には、

”白食”の二文字に近い墨跡があるとされ、ただし白の字の”日”の部
分が、日ではなくて角張った”6”の形に欠けて見える

とされる。が、本ブログでは、

今述べた見方は、間違いだ

と考える。良く見ると、”白食”ではなくて”合食”に近く、合の字の
”一口”の部分が、一口ではなくて、角張った数字の”6”になって、
癒着していると、墨跡は見えると、本ブログでは、そう見るのである。
何れにしても墨跡は薄く、判定はすこぶる難しい。
 そして実は、2文字目とされる、食に見える部分は、

食の字の第2画目の八の字の右側だけ、墨跡として本物であり、この一
画を除いて、”ノ”や、”良”の部分は全部、汚れであって文字でない

と本ブログでは考える。つまりこの駒の字は、2文字ではなくて1文字
であり、

合と下線”_”を足した字で、合の”一口”を角張り”6”に変えた字

が、本当は書いてあるという事である。これは、

桂馬や香車の、成り程度に崩した”金”の字に、かなり近いもの

である。つまり、駒の形を見ても、この駒は歩兵か香車のようであるか
ら、金の崩しが弱ければ、

表の香車の字が消えてしまった、裏の成り金が見えている

と見ても、特に矛盾が無いように、本ブログでは見ると言うわけである。
 そこで何れにしても、すこし大きめに、金の崩し字が書いてあるのが、

墨跡が薄くなって、見えにくくなっているだけ

なのではないかという、最もつまらない解釈を、本ブログではとる。
 ただし、以上の結論は、絶対に間違いないというほどの、確信を持っ
て、書いたわけではない。科学的な測定をすると、覆る可能性は、少し
有ると見る。以上の事から、この駒については話だけで、本ブログでは
特に駒の姿は、掲載しないことにしたい。なおこの”上町カイダ駒”を、
掘り出したのは、石川県立埋蔵文化財センターで、西暦1990頃の事
だそうである。
 やや紛らわしいが、前に述べた金沢市堅田町の、堅田B遺跡出土の、
不成り(?)”飛馬”駒については、こちらの方は、市立の研究機関で
ある、金沢市埋蔵文化財センターという、今回の駒とは別の研究機関が、
西暦2002年頃に発掘したものと私は聞く。後者の駒だけ複写掲載の
許可をお願いしたので、金沢市堅田町の、堅田B遺跡出土の、”飛馬”
駒についてだけ、本ブログでは、スケッチ画を掲載している。
(2018/08/28)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー