So-net無料ブログ作成

新潟県のカヤマチ遺跡より2013年”奔鉄”類似木片(長さん)

新潟県埋蔵文化財調査事業団の、過去ログによると、
縄文時代の遺跡とされる、新潟県岩船郡関川村片貝
の通称カヤマチ遺跡で、時代が下るとみられる卒塔
婆の頭部分と共に、その破片とも将棋の駒とも取れ、

無理やり読むと、奔鉄のように見える木片が出土

しているらしい。
 問題のPDFファイルは、”平成24年のカヤマ
チ遺跡発掘報告のまとめ”と置き換えられて、検索
するとhitはするが、リンク切れを起こしていて、
簡単には私には、詳しい内容が見れない。

カヤマチ遺跡.gif

 上の写真の左の木片がソレだが、字を良く見ると、
2文字あるうちの、上の方は”奮”と書かれている
ようでもある。ただし奮迅と読むのは、難しそうだ。
なお、右の卒塔婆の方はの墨跡は、梵字のようだ。
そこで、

無理やり将棋駒にある漢字を当てはめると、一字目
は奔と、見てみたくなる。

 また2文字目は、金へんの可能性は少ないとも思
えるが、敢えて金ヘンの漢字に見てしまうと、

鉄(鐵)である。

従って、元駒不明の”奔鉄”に無理やりなら読める。
元々縄文時代の遺物が多い遺跡なのだろうから、こ
れらの木片はノイズ扱いであろう。よって報告書は、
手紙で請求するか、新潟に行かないと、見れなくし
てしまったとも考えられる。

残念な事だった。

ざっと、最近画像検索をしてみたが、今の所、未確
認の擬似出土駒状の写真は、この一枚程度しか、簡
単にはweb上ではhitしないようだ。(2019/07/09)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー