So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中将棋の最下段配列。誤写二中歴記載の大将棋と類似の理由(長さん)

良く知られているように、江戸時代の加賀前田藩筆者の二中歴の
大将棋の配列には、銀将がダブっていて、桂馬が抜けているとい
う、誤写がある。ただし、飛龍の位置の説明で、桂馬が基準位置
を示す駒として記載されているため、平安大将棋のルールの推定
に、影響が無いという見かたが一般的だ。
 ところで、この桂馬が無いパターンは、中将棋の初期配列の最
下段に、桂馬が無いのと共通している。今回は、これが偶然かど
うか、何か関連があるとすれば、何故なのかを論題とする。
 回答を先に書き、説明を後で書く。

かなりの率で、中将棋が成立する前に問題の誤写が発生し、関連
性が発生していると考える。

 すなわち、たまたまの誤りが、中将棋の最下段配列に、桂馬が
無くても良いという、一つの口実を与えた。その結果、大将棋か
ら中将棋への転換が、よりスピーディに起こった。結果として、
現在の駒数多数将棋は、余分なら、桂馬を除いてよいという理由
付けが発生したために、誤記した配列と、デザインされた中将棋
の形が近似し、

駒数多数将棋の代表は、現在専ら中将棋の状態になった

と考えられる。
 では、以下に説明を加える。
 12升目の駒数多数将棋が発生した、ゲーム性の観点からの原
因は、本ブログで前に述べたとおり、龍馬角行筋を、左右で筋違
いにし、相手陣の攻撃点が、集中しないようにするためと見られ
る。その際、中国の易経の九星占いの図に対応するように、将棋
盤を、等間隔に3つに区切り、4升目ごとに聖目を付けて、12
升目の12が一年の月の数や、12支の数と同じな事をも主張し
ながら、ゲーム形としての、標準的な文化との同一性を、主張し
たと見られる。
 しかし、駒の配列は、普通唱導集時代の大将棋に、近似させた
方が、普及からは有利なため、そのようにしたと見られる。その
とき、13升目の平安大将棋や、普通唱導集時代の大将棋から、
12升目に転換させるためには、最下段に関して、桂馬ないし、
香車を抜いてから酔象を入れ、2段目の猛牛と嗔猪は抜いてから、
三段目歩兵下の段の角行を、2段目に落とせば、獅子が余分に入
るようになって、だいたい今の中将棋の形になるのは明らかだっ
た。だから桂馬を抜く事は、普通唱導集大将棋の第2節の定跡を
やめさせる結果にもなるため、最初から中将棋のデザイナーは、
そうするのが当然のように、考えていた事だったに違いない。
 が、普通唱導集時代の、

大将棋を温存しようとしている、保守的なゲーマーを説得するに
は、二中歴の大将棋に誤写が有れば、ゲーム性からの改善の理由
付けとは別に、絶好の正当化の口実となる

のは、明らかだったように、少なくとも私は考える。
 結果として、たまたま

中将棋が成立する前の鎌倉時代に、二中歴の大将棋の初期配列の
最下段の説明で、桂馬を落とす誤写があった

おかげで、

南北朝時代の12升目化への転換は、スムーズに行ったのではな
かろうか。

 そう考えると、たとえば前に紹介している、今小路西鎌倉福祉
センター出土の、中将棋のバージョンを指定する木札に、指す中
将棋に桂馬が無い事が、何処にも書いていない事をも、すんなり
説明できるように思える。二中歴が正しいという信仰を逆手に取
り、最下段は、玉や太子駒、金将、銀将、銅将、鉄将、香車と、
桂馬を除いて並ぶのが、正調の平安時代の大将棋だと、言いくる
める事が、中将棋の成立時、一応できた。そのため、桂馬の有無
を、バージョンを特定するときには、言及していないのであろう。
 だから、振り返れば、単なる幸運という事に過ぎないのだが。

中将棋が今の配列なのと、二中歴の大将棋の記載に間違いがある
のとは、結果として制圧したゲーム種が、中将棋だった理由とい
う意味で、大いに関係が有るのではないか。

以上のように、少なくとも今の所、その可能性は完全には否定で
きないとの疑いを、私は持っているという事である。(2018/12/07)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西鎌倉福祉センター出土木札。なぜ文字がひらがな書きか(長さん)

今小路西の鎌倉市福祉センターまたは、鎌倉市の”社会福祉センター”
の地面から出土した、南北朝時代のものとみられる、中将棋の変種
のバージョンを表記したように見える木札は、変体仮名まじりのひ
らがな書きだったとみられる。それと、左右に分かれた木札が、運
悪く、上下に接着されてしまったために、解読が遅れ、木簡自体の
存在が、広く社会に成書で公開されてから、30年も経った今、よ
うやく解読不能と考えない、本ブログの管理人が出現するに至った。
 ではそもそも、なぜ遊技場の、中将棋ゲームを仕切っていたとみ
られる、鎌倉時代の今小路の遊戯場の管理者は、

志ろいぬ。もうひょう。もうこ波、(近)くへ行が、上わゆけ無い。

等とは問題の木札には書かずに、

白犬。猛豹。盲虎波、(近)くへ行が、上わゆけ無い。

等と、後世の木簡研究者等が間違えないようには、書かなかったの
だろうか。以上を今回の論題とする。
 答えを先に書いて、後で説明を加える。

広い遊戯場(ゲームセンター)の部屋の隅からも、読めるように
ひらがなで書いたと見られる。

 では以下に、説明を加える。
 まず、この中将棋には、飛鹿、飛牛、奔猪、飛鷲、角鷹、白駒、
鯨鯢等の、現在の中将棋に有る大部分の成り駒は、まだ無かった
とみられる。しかしながら、それでも駒種類は玉将、金将、銀将、
銅将、鉄将、酔象、香車、麒麟、鳳凰、猛豹、反車、獅子、狛犬、
奔王、龍王、龍馬、飛車、角行、堅行、横行、歩兵、仲人、太子
と23種類程度有り、平安小将棋の6種類の4倍弱に達したと考え
られる。なお狛犬と鉄将は、後に中将棋からは消えた。だから元々、

漢字が読めないゲーマーには、ゲームができるとは考えにくい。

よって、”ひらがな”しか読めない人間のために、わざわざ仮名を
多くした”中将棋の、ゲームバージョン情報案内の看板”を、ゲー
ムセンターの管理人が立てたとは、このケースに関しては、とても
考えにくい。
 他方、当時の今小路西の遊戯場(ゲームセンター)は、今の施設
に比べて、かなり狭かったとは考えられる。が、裕福な武家の屋敷
を間借りするなどし、将棋や囲碁、盤双六、サイコロ賭博等が、盛
大に行われていたのではないか。従って、中将棋を指すコーナーは、
たたみ10畳ないし、それ以上のそれなりの広さの所で、何面かの
中将棋盤を置いて、行われていたのではないかと当然考えられる。
 恐らく、競技する中将棋の問題の、バージョン情報案内版として
の木札は、壁の少し高い所に、棚を作って置くなどしていたに違い
ない。その際、棚から遠い方の、中将棋盤のゲーマーからも、記載
内容が判るように、字画の少ないひらがなで、内容を書いたのでは
ないのだろうか。
 すなわち、漢字で書いてしまうと、特に猛豹が、猛豹だか猛牛だ
か、猛狼だか、少し離れて見ると、何だか判らなくなってしまった。
そこで、判読できないために、木札を置いただけ無駄だったという
結果を防ぐために、猛豹は”もう(ー)ひょ(や)う”と書いたのだろう。
 もしかすると、もう一つ理由があって、用意された中将棋の将棋
駒に、古いタイプのものが混じっていて、盲虎が、盲虎表記だけで
なく、猛虎の古い表記の遊戯駒があったのかもしれない。そこで、
盲虎と書かずに、”も(ま)うこ”と書いて、”用意した将棋駒が
盲虎の場合も猛虎の場合も、この遊戯場(ゲームセンター)では、
七方歩みの動きですよ”と表現し、間違いや、ゲーマー同士の喧嘩
が起きないように、しようとしたのかもしれない。
 公平に見れば、”ひらがな”なら字画が少ないので、遠くからも
目立つという、最初に述べた理由が最も確からしいとは思うのだが。
 現物がイメージ通りで、小型の木札だとしたら、以上の解釈で、
ほぼ間違いないのではないかと、私は思うのだがどうだろうか。
(2018/12/06)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

歩兵の歩の少の部分の、3画目が外側にある書体の正体は何か(長さん)

前に将棋出土駒の歩兵の、歩の字の少の部分の、第3画目が有る
のは、平安時代には今と同じになった、新書体であるとの話を、
諸橋徹次の大漢和辞典を参照して、本ブログで論じた事があった。
 出土駒は概してカスレていて、はっきりしないものが多いが、
その他の書体としては、表題のように、歩の第3画目が、右に
大きくはみ出した書体もあり、今は見かけないため、比較的目立っ
ている。
 成書に良く出てくる例では、興福寺出土木板の、五角形で囲わ
れて居無い面の方の歩兵の字の歩がある。その他、天童の将棋駒
と全国遺跡出土駒には、大宰府より出土した、桂馬・香車・歩兵
木簡の歩兵の歩の字とか、岩手県平泉町の、柳之御所遺跡の歩兵
の歩の字とか、全国に散らばって、少の部分の第3画が右に出た
歩兵駒が出土している。書名を忘れてしまったが、

増川宏一氏が彼の成書で、この、今とは違う歩の書体を問題提起
された事があった

と記憶する。彼の見解ははっきりとは、書いていなかったと思う。
 そこで今回は、この歩の変形書体に見える、出土駒独特の字が、
何なのかを論題にする。
 答えを最初に書くと、
成書、”文字と古代日本5 文字表現の獲得”吉川弘文館
2006年、平川南他編書、深津行徳(執筆)によると、

6世紀前後に成立の、”正倉院蔵の新羅村落文書”の中の歩の字
と、字体がほぼいっしょの、古代正式文書の楷書の歩の字

であるとの事である。
 紹介した新羅村落文書の内容からみて、荘園の荘官等が、記録
文書に使う、長さや面積の単位に出てくる歩の字を、歩兵駒の字
書き師が見て、写したと考えられる。よって、

古代末期の、地方役人にも将棋を指す者がおり、そうした階層と
係わりのある駒師が、各地の将棋場に居て、字体を真似た

と考えられる。
 では以上につき、多少補足説明する。
 まずこの書体は、日本でも平安時代10世紀頃には、新撰字鏡
の”少”の部分の有る漢字に出てくる等、歩の字の表現としても

公式文書に使われる、歩の形の一種

だったようだ。だから、将棋駒だけに使われる、独特の歩の字で
は無いようである。この書体は、冒頭で述べたように、古代末期
の遺跡よりの出土将棋駒の歩兵で、幾らか見かける書体であるが、

時代が下っても幾分か使われ、例えば一乗谷朝倉氏遺跡の歩兵駒
にも、このタイプが2~3枚出土

している。従って古代から有る書体なので、たまたま、この歩の
書体を知っている将棋駒の駒師が、全国アトランダムに居て、
部分的に、この書体で歩兵の字を書いたという、ほぼそれだけの
事のように、少なくとも私には見える。
 ただし、個別の駒師の情報源は、近くの荘園の年貢記録の文書
とか、そのような類なのであろう。だから、既に11世紀には、

興福寺のような寺院や、大宰府のような武者の詰め所だけでなく
て、地方の荘官クラスの居る城館の、将棋場でも将棋が指された

事を、間接的に示しているのかもしれない。
 何れにしても問題の”歩”は、妙な書体ではなくて、朝鮮半島
では、チャトランガがインドで成立した頃の古代から、正式文書
に使われた、計量単位の”歩”の字等が起源の、その模倣と見ら
れる、字の形のようである。(2018/12/05)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

豊臣秀吉は、何を考えて玉将/王将を大将に変えようとしたのか(長さん)

豊臣秀吉と将棋との関係と言えば、日本将棋の変種である、
大閣将棋と、表題の”玉/王駒を大将に変えろ”との発言で
有名である。水無瀬兼成が、豊臣秀次が助成して、玉駒が
双玉将の、将棋纂図部類抄を著作した、西暦1592年頃か
ら約3年たった、西暦1595年宣明暦5月5日の、朝廷の
女官の日記、”御湯殿上日記”に、秀吉の大将駒の提案に関
する、朝廷への報告の記録が載っているのが、元史料である。

なお変更前の駒”わうしやう”は、玉将ではなくて、王将

であると見られる。
 これ以上の事が、少なくとも私には判らないが、安土桃山
時代までの、京都からの出土駒に今の所、玉将が無い所をみ
ると、大坂府島本町付近に在住していたとみられる、水無瀬
兼成の将棋纂図部類抄の玉駒表現が、全部玉将であるという
事に関して、”王将で無いのは何故か”というニュアンスで
の朝廷からの問い合わせが、水無瀬兼成の監督者と見られて
いた、豊臣秀次等宛てに有ったのだろう。そのためその返事
を親分格の、

豊臣秀吉が、京都の朝廷へ使いを出して、回答を伝えたとい
うような、感じの日記の記載

のように思える。
 では、豊臣秀吉は、玉将・王将以外で、何かネーミングを
する必要があったと見られる、将棋の玉駒を

大将がよいであろうと豊臣秀吉名で述べたとされるのはなぜ

であろうか。以上を、今回の論題とする。
 回答を先に書いて、説明を後でする。
 恐らく、豊臣秀吉は

大坂に幕府を開く事を、真剣に考えていたので、大坂の将の
洒落で、大将という名称を考え出したのではないか

と、本ブログでは考える。では、以下に説明を加える。
 少なくとも、朝廷へ豊臣秀吉が、将棋の玉駒に関して、考
えを述べる、使いを出している事実が、御湯殿上日記に記載
されているという点は、史料として

たいへん貴重なものと言わざるを得ない

と私は考える。
 なぜなら現実、京都府から王将駒以外の将棋の玉駒は、未
だ全く、出土していない。だからその謎を解くための、少な
いヒントの一つとみられるからだ。
 他方、後奈良天皇が詔で”酔象を除いて日本将棋を指せ”
との命令を出している事は、複数の江戸時代の文献に記載が
あり、また一乗谷朝倉氏遺跡の酔象駒の出土が有る以上、事
実の可能性が極めて高いとみられる。つまり、少なくとも、

日本将棋の周辺の、小型の将棋のルールのうち特に、構成駒
の内容に関して、戦国時代には、朝廷が介入する事があった

とは、言えるのではないかと私は考える。豊臣秀吉の大将発
言は、配下の大名を集めた宴会等で、余興で出しているもの
ではなく、朝廷へ報告しているというスタンスのものである。
だから、

将棋のルールは、安土桃山時代の時点でも、朝廷に、形式上
かもしれないが、管理の権限があった

と考えるのが、自然なのではないか。
 そして朝廷は、将棋のルールの詔関連の記録が、今では行
方不明となって、経緯に関する証拠が、全く無いのが、甚だ
残念だが

それまで、玉駒は王将一本であるべき

との立場を、恐らく貫いていたのではなかろうか。それが、
豊臣秀吉の家の秀次の、お抱え貴族である、藤原氏流水無瀬
家の、水無瀬兼成によって、公然と双玉が推薦され、水無瀬
作の将棋駒も、京都市中へ出回るようになり、朝廷内でも、
近衛信伊や雅朝親王等が購入し、後陽成天皇自体も目にする
までに、なってきたのだろう。そのため、力関係では、
武家の豊臣にはその時代は、とてもかなわないとはいえ、
対面上、双玉推薦に関する見解の問い合わせを、天皇の名で、
豊臣秀次等へ一応したのであろう。
 そして豊臣家では、秀頼が水無瀬駒を多数購買していたが、
豊臣秀吉が、水無瀬兼成駒を購入したり、兼成を直接抱えて
いるわけでもなかった。また、将棋に関する秀吉の興味度に
ついても、秀吉自体、大閣将棋の事実上の下手を持って、将
棋家の者と、たまに将棋を指す程度の、低い棋力だったので、

豊臣秀吉は、公平な第三者の立場に近いと評価されるだろう
と、豊臣家では考えたのだろう。

”それなら王将でも玉将でもなく、第3の大将が良いではな
いか”と、第三者としての私見を京都の朝廷に、秀次からで
はなくて、秀吉の方から伝えたのだろう。なおこの時点で、
豊臣秀次が切腹する、2か月ほど前の事であった。豊臣秀吉
は、大坂に幕府を開く事を、この頃真剣に考えていたのであ
ろう。

 しかも、唐突ではなく、秀吉の回答の発進地は、その大の
付く地名、大坂からであった。

 合戦を模したゲームの、玉駒が征夷大将軍であるのは自然
で、自分が征夷大将軍格。その自分は大坂に居るから、大坂
の将で、大将ではどうですかと、

豊臣秀吉としては、自分の野望もこめて、朝廷にはさらりと
返事をしたつもり

といった所なのではなかろうかと、私には思える。つまり、
大江匡房による標準平安小将棋の設定を発端とする、朝廷と
藤原家との間の古代、西暦1080年からの軋轢等に、豊臣
秀吉は、西暦1595年の時点で加わるつもりは当然無く、
恐らく仲裁するつもりで述べた、私見が伝わっているのであ
ろう。なお事の発端の、将棋史の内容については、秀吉は一
例として、水無瀬兼成本人の家伝にあるのを、人づて等で、
本人から聞き取ったと見られる。
 大将は武家専門の言葉であるから、主張してみた所で、
京都の公家の間で流行るのかどうかは、謎であるのだが、

豊臣秀吉は、彼なりに良く考えて、”そこそこ”の答えを
発している

と、私は個人的には、この答え方を一応評価している。
 つまり大坂幕府というのが、もしこのあと成立していたら、
日本将棋の玉駒は、玉将、王将の他に、大将のケースが在り、

天竺大将棋の攻め駒の大将は、別の名称にしなければならな
かった

のかもしれないと言う事であろうと、私は考えるのである。
(2018/11/04)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋の駒の飛の字の草書。いつも”十九”の縦続け字なのは何故(長さん)

出土駒を見始めた2年位前には、岩手県平泉町の志羅山遺跡の
両面飛龍駒の草書を、簡単にそう読んだ、木簡の字の解読の専
門家に関心したものだった。しかし、出土駒を見慣れてくると、
草書体に慣れていなくても、出土駒の字に見慣れていれば、こ
の駒の字は、簡単に読めるのが当たり前だと、思うようになっ
た。元々、飛龍の飛の字も、龍の字も、飛車と龍王・龍馬に有
るという事は、そうなのだが。実は、表題に書いたように、

草書の飛という字には、いろいろな字体があるにも係わらず、
将棋の駒では、ほぼ似たような形でいつも、書かれている

という事実があるのである。ここでは、”縦に十九と続けた形”
と、仮に将棋駒書体”飛”を、表現しておく。だから、書道で
草書を知っている本物の専門家には、余り見かけない、将棋駒
の飛の字の解読は、かえって困難だったかもしれないのである。
 今回は、場所や時代や、将棋駒に草書体で飛が使われる頻度
に関係なく、飛の字の将棋の駒の草書が、いつも”十九”の、
縦続け字なのは、何故なのかを論題とする。結論から書いて、
説明を後でする。

”縦続けの十九の飛”が、古代~中世の日本人には、兵器とし
て、強そうに見えたから

だと考えられる。ただし、今の日本人の我々に、現実にその感
覚が判らないため、

注意した方が良い、将棋駒の字体

だとも考える。特に、平泉町志羅山遺跡の

両面飛龍駒は、その時代の駒でも楷書が普通と考えられるため、
他の十九飛の字駒との関連性が薄いと見られるだけに、要注意

と私は見る。
 では、以下に説明を加える。
 所詮日本は、国土が狭いため、将棋駒の字体に関する情報は、
数十年という時間のオーダーで、何れ全国に行き渡ると見るの
が自然だと考えられる。だから、

1.平安時代末期に、岩手県で飛龍駒の飛が縦十九の続け字型。
2.15世紀末頃に、静岡県で飛鹿駒の飛が縦十九の続け字型。
3.16世紀半ばに、福井県で飛車駒の飛が縦十九の続け字型。

なのだが、お互いに情報が伝播できない時間ズレの量では無い。
なお、静岡県の例とは、焼津市の小川城跡の中将棋駒、福井県
の例というのは、一乗谷朝倉氏遺跡のオモテ面が草書の飛車駒
の事である。
 特に、2の静岡県の例は、公家の能筆家が、飛鹿や飛鷲の書
体を、縦十九の続け字の飛で書いているので、3の朝倉館の書
き駒師が、その情報の伝播によって、飛車の字を、普通は楷書
なのに、ほんの一部だが、草書で書いたときに、同じ字体にマ
ネしそうである。そもそも、全国的に歩兵の字を書くとき、歩
の最後の画と、兵の最初の画を続けてしまうという特徴が、地
域に無関係に存在する。この書き方は、興福寺出土駒から、一
乗谷朝倉氏遺跡駒まで、連続的に存在する。この事から見ても、
日本程度の狭い国土では、字体が、体裁が良いと見られるよう
になると、全国的に同じ字体になるのは、当たり前である事を
示しているように思える。
 ただし、問題の縦に続ける十九の飛が、平泉町の志羅山遺跡
の駒が起源とは、どうみても考えられない。京都の雰囲気を真
似て、気まぐれに草書の飛龍駒を、平泉では少数作成した秘蔵
駒のようにしか、見えないからである。つまり、特定の将棋種、
たとえば平安大将棋の駒は、全部両面草書で書いたという説は、
絶対無いとは言えないものの、古代末期の小将棋の遺物に、そ
の類例が見当たらないため、今の所考えにくいと言う事である。
 残りの2つの史料については、焼津駒の字書き師が、戦国時
代の京都の公家の書体を真似たのが、起源だろう。たまたま、
縦に続く十九の飛は、将棋駒に相応しい書体に、戦国時代には
見えたのだろうと、想像される。
 だから、種類のたくさんある飛の草書から、平泉町の飛龍駒
の書体が選ばれるとすれば、

我々草書で字を書く習慣がほとんど、無くなってしまった現代
人には、全くピンと来ないのだが、縦に続く十九の書体の飛は、
他の飛の書体に比べて、兵器としてよほど強そうに、古代末期
から中世までの日本人全てには見えるらしい

と仮定する事によってしか、1と2~3との間の、良く似た書
体の性質は、説明できないような気がする。実は、志羅山遺跡
出土の飛龍は、12世紀ではなくて、16世紀だったと極端に
遅く変えたら、その頃には縦に続く十九の書体の飛を、いつも
使っていたと考えれば、矛盾は消えるのかもしれないが。
 従って今の所は、飛の書体が、産地や年代に余りよらずに、
縦に続く十九の書体の飛であるのは、戦争駒のイメージに相応
しい書体であるだろうからであり、

そうでないとしたら、何らかの重大な情報を含んでいる

との、警戒心を持ちながら認識しておく必要があると、今の所
は私は、考えている。そんな状況なのである。(2018/12/03)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

滋賀県大津市坂本城遺跡2018年出土桂馬駒の成り(長さん)

滋賀県大津市の坂本城遺跡より2018年に出土した、桂馬駒に
関する続報が、web上に掲載された。

成りが、同じ滋賀県の、観音寺城下町遺跡の桂馬の出土駒の形に
類似の、楷書の一文字”金”であった

ようだ。その結果、坂本城遺跡から、左に最後の下段横棒が垂れ
下がる形の字が特徴の、成り金歩兵や、そもそも動かぬ証拠の、
飛車、角行が出土していないため、未だ不確定性は大きいが、

西暦1500年前後に、坂本城でも、西暦1550年少し後の、
一乗谷朝倉氏遺跡や、観音寺城下町遺跡同様、日本将棋や、朝倉
小将棋が指されている疑いが強くなった

と考えられるようである。
 ちなみに、具体的にサイトは、まず大津市のホームページを開
け、そこにはサイト内検索のカラムがあるので、”坂本城”とい
うキーワードを入力すると、今の所は、トップのPDFで、
gensetsu_sakamotojoというファイル名の、
現地説明会資料のPDFリンクの文字列が現われる。そして、そ
こをクリックして、pdfをダウンロードすると、その文書は、
パンフレットである事が判り、その中に裏面を含む、成り一文字
金桂馬駒の画像が載っている。
 裏面は、表面の桂馬の文字同様、ややカスれていて、金の字の
縦棒が良く判らない。しかしながら、全体的に現代の桂馬の成り
の崩し金の字のように、

ツブれて居無い

し、最下段棒に突き刺さる、Vの形の、金の習字の第6~7画目
も、きちんとVの字に見えていて、崩れた○に変形しているよう
には、私には見えない。草書であるという説を100%否定でき
るとまでは言えないが、

普通の楷書の一文字金である可能性が高い

ように私は見る。この駒は、一乗谷朝倉氏遺跡や、観音寺城下町
遺跡のように、駒の大きさと、歩兵の成りの書体の一文字金が、
最後の画が右下がりである事を使って、表の駒を、裏の金の書体
等から推定する、日本将棋等用の駒なのであろうと、私は考える。
 従来西暦1500年前後の将棋駒は、駒字のはっきり判る出土
の例が、不運にも少なかったため、この坂本城駒が出土するまで
は、石名田木舟F3・B2型が出るか、観音寺城下町型が出土す
るのか微妙だったように思える。結果は桂馬や、既に出土してい
る成り不明の香車の、全体的な形態から、

日本将棋が1500年頃には既に、有ったことはあった

との説が、強まるように作用する、将棋駒の出土だったという事
になろう。つまり滋賀県大津市坂本遺跡の遺物の発掘は、ちょう
ど、持ち駒有り平安小将棋と、日本将棋の境目に位置すると見ら
れる、価値のある将棋駒の出土を伴っていたという事だと、私は
考えるのである。(2018/12/02)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

興福寺”酔像木簡”。”玉”の字が見あたら無いのは何故か(長さん)

今回は、前世紀末に発掘された、興福寺遺跡出土駒(1058年物)
と共出土の、いわゆる酔像木簡について、議論する。ただし、従来
のように、酔像の文字だけではなくて、歩兵や金将も含めて、問題
の酔像木簡の酔像面に書かれた、全ての墨跡を問題にする。
 結論を先に述べると、この酔像墨跡面は、

酔像と歩兵と金将の、3種類の字で埋め尽くされている。

そしてそれは、当時の興福寺在住の将棋駒書き師のうちで、ランク
が下の者の、習字と結論できる。しかもこの、新米字書き師は、
駒木地師作成の、まっさらの駒の

第1面の字を担当していた

と推定される。ただし、重要な点は、先輩の親方の字書き師に、多
分止められていたのだろうが、新米字書き師は、

玉将の駒の作成を、恐らく許されては居なかった

と推定される。
 では、以上の結論につき、以下に説明を加える。
 まず問題の木簡には、私が知る限りは、酔像、歩兵、金将以外の
字が無いように見える。

 ”の”の字に見える習字が2~3箇所あるが、私見だが、歩の字
の草書の下側を、理由は謎だが練習した

のだと、私は思う。だから、これは歩兵ないし、歩駒の習字では無
いか。すると、この木簡には、将棋駒の種類のうち、どういうわけ
か、歩兵、金将、酔像の字だけが、選択的に書いてある事になる。
そして、これら該木簡に存在する、3種類の字に共通なのは、

まっさらの駒木地に、最初に書く面の文字である

とみられるいう点だと考えられる。つまり、玉将は後で説明するの
で、予め除くとして、残りの興福寺1058年駒、金将、銀将、桂
馬、香車、歩兵、酔像については、それぞれ字書き、第1回目には、
金将は金将、銀将は金、桂馬は金、香車は金、歩兵は歩兵、酔像は
酔像、それに予備駒に、金将と書いたと考えられる。
 予備駒の数は比較的多く、よって、金将の木簡習字に、それを含
める必要があったのだろう。しかも字書きは何人かで分業しており、

興福寺の将棋駒の書き駒の親方は、必ず第2面を担当

したにちがいない。なぜかと言うと、

せっかく親方の書いた駒を、下っ端が第2面に、第1面と別の駒名
を入れたとき失敗すると、より価値の高い親方の習字が無駄になる

からである。つまり、新米の書いた第1面は、親方によったチェッ
クされ、粗悪品が将棋場に出回らないようにした後に、第2面を親
方が書いて、完成させたという事である。よって、出土した木簡は、
新米の将棋駒の書き師によるものであると、ほぼ確定できる。

だから、この木簡には、酔像と歩兵と金将しか無いと考えられる

のである。
 そこで問題になるのは、

1回の字書きの書き込みで、完成するはずの玉将駒が抜けている点

である。これについては、玉将は中心駒で大事だったからとか、
駒木地が少し大きく別格だったからとか、他の別に書く理由も考え
られなくはない。ただし、駒木地については、興福寺出土駒
(1058年物)は、ほぼ、どの駒もいっしょの大きさであり、
木地師の作成した駒のうち、たまたま少し大きくブレたものを、
玉将にしただけのような印象を、私は前から持っている。
 よって、本来なら、

新米の駒の字書き師が、玉将駒も書いて良かったはず

だ。しかし、木簡に”玉”の字が無い所を見ると、西暦1058年
の時点で既に、

玉将は、中央の横棒を、少し下げて書く等、親方の字書き師にしか
書けない、何らかの訳があった

のではないかと、私には思えてくる。
 本ブログの推定だと、玉駒が王将で無ければならないと、大江匡
房が設定したのは、西暦1080年と、問題の木簡作成、
西暦1058頃より、少し後だったはずである。
 しかし平安小将棋の大江式標準化の年号は、あくまで想定である
から、誤差があってもおかしくはない。また、共出土した年号木簡
が、習字木簡と22年位なら、ズレている事が、全く無いとまでは
言えないだろう。年号木簡が、たまたま、22年古いものだったと
言う事である。だから恐らく興福寺の将棋場では、

玉駒として玉将を使う事が、駒の字書き師親方格の責任で行われた

という重大な情報を、この習字木簡は、”酔像の字の存在”という
著名な事実とは別に、持っている疑いがあるのではないか。何せ、
1000年近く前の貴重な情報が、現物として出土しているので
ある。我々後世の者は、ユメユメその解読で、その貴重な情報を、
一つたりとも、見落としてはならないのではないかと、私は肝に
銘じて思うのである。(2018/12/01)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

狛犬型今小路西福祉センター中将棋。何故幾らか普及したのか(長さん)

既に述べたように、南北朝時代の神奈川県鎌倉市の遺跡、今小路西
(鎌倉市福祉センター)遺跡出土の木板で、将棋場で選択されてい
ると見られる、通常の獅子の位置に狛犬が入っている中将棋は、
獅子に比べて狛犬の威力が小さいため、獅子についての特別規則と
いう、煩雑なルールが存在しないにもかかわらず、現在淘汰されて
残って居無いと考えられる。以前の考察では、いとも簡単に、その
差が、この中将棋の一変種を消失させるかのように述べたが、実際
には、現に遺跡からルールが書かれた遺物が出る程度には、普及し
たとは明らかに考えられる。
 では、前とは逆に、獅子に関する特別な規則の無い、獅子が狛犬
である中将棋が、ある程度は存続して、痕跡史料が出土する程度だっ
たのは何故なのかを、今回は論題にする。
 回答を先に書き、後で説明を加える。
まず、回答は次の通りである。

通常の獅子が攻め駒中心である中将棋が、次の3つのタイプに分裂
していたと考えられる。

1.獅子が居喰いでき、現在のように獅子に関する特別な規則を持
つ、普通のルールの中将棋。
2.獅子に関する特別な規則を持たず、獅子が居喰いできないとい
う、水無瀬兼成将棋纂図部類抄の行然和尚まとめ部等に記載された、
獅子のルールの中将棋。
3.2と同じく獅子が居喰いできないが、1と同じように、現在の
ように獅子に関する特別な規則を持つという、最も煩雑なルールの
中将棋。

そのため、この3つのバージョンの間で競合が起こり、狛犬タイプ
の中将棋を、漁夫の利を与える形で延命させたと考えられるため。

以上が結論としての回答であり、以下に説明を加える。
 前にも述べた事があったが、安土桃山時代に成立した、水無瀬兼
成の将棋纂図部類抄の中将棋後の注釈で、

”或説云居喫獅子許也”は、同じく将棋纂図部類抄の行然和尚まと
め部に記載されている、”獅子は16方向に不正行度する(踊る)
だけで、居喰いという、戻る手が無い”という説を否定する意図で、
水無瀬が記載したもの

と、本ブログでは考える。なお、この”或説云居喫獅子許也”の
解釈については諸説あり、大坂電気通信大学の高見友幸氏は、
”獅子が仲人を居喰いで取る事に関するものである”と論じている。
今の所、この高見氏の考えが、比較的普及しているのは確かだ。
 しかし本ブログでは、この説を、その直ぐ後の一文、
”仲人立聖目外”で、”仲人”をわざわざ再度記載している事から、
”居喫獅子許也”では、仲人に関する内容を記載しておらず、
”或説云居喫獅子許也”は、仲人を目的語とする一文ではないと、
この”仲人を、獅子が居喰いする事に関する記載”との説を否定し
ている。以下では仮に、本ブログの見方”単純な獅子の居喰い能力
の有無を記載”説が、仮に正しいと仮定し論じる。
 ようするに、”或説云居喫獅子許也”は、

行然和尚は、獅子は2手目で後戻りが出来ないと言うことだから、
獅子は居喰(喫)できないと、考えているという事であり、それに
対し、水無瀬兼成が、中将棋図注釈で紹介した異説では、獅子が
居喰いできるルールである

というふうに、安土桃山時代にも、獅子のルールに関して、結論で
述べた、異説の痕跡が残っていたと見られるのである。だから、
行然和尚がまとめ部で記載した、現在の中将棋の獅子ではない、
居喰いできない獅子が、南北朝時代にも有ったと考えるのは、自然
だと私は思う。
 以下は、想像の領域を出ないが、居喰いできない獅子は、

めんどうくさい、獅子に関する特別な規則を無くそうとして、むし
ろ、居喰いできる普通の獅子よりも、後設定した疑いが強い

と私は思う。何故なら、獅子の駒の動きのルールを玉将2歩とする
方が自然であり、2歩目でのみ、元に戻る升目だけを排除するのは、
より複雑化の流れだからである。敢えてこの複雑化をするとすれば、

獅子の力を少し弱めて、獅子同士の相討ちの手を少なくする狙い

だったとしか、少なくと私には考えられない。そこで中将棋の獅子
のルールとしては、当初結論の1で述べた、”
(1.)現在のように獅子に関する特別な規則を持ち、獅子が居喰
いできるルールの中将棋”に続いて、”
(2.)獅子に関する特別な規則を持たず、獅子が居喰いできない
という、水無瀬兼成将棋纂図部類抄の行然和尚まとめ部に記載され
た獅子のルールの中将棋”が発生して、競合していたと想像される
のである。
 ところが、

獅子の踊り喰いは、狛犬とは異なり不正行度でなされるため、居喰
いの有無の変更による、駒の性能低下は、余りなかった

事が、指しているうちに、だんだん判ってきたに違いない。つまり、
居喰いの能力を無くしても、

獅子はまだ強いので、相変わらず、獅子同士の相討ちが発生してし
まった。

そこでやむなく、結論で述べた、”
(3.)2と同じく獅子が居喰いできないが、1と同じように、現
在のように獅子に関する特別な規則を持つという、最も煩雑なルー
ルの中将棋”に、2を止めて、取り替えようとした。が、その混乱
や、3と、1の居喰いが出来て、獅子に関する特別な規則もあるバー
ジョンとの間に、三つ巴の生存競争が起こってしまったのだろう。
 結局は、後戻りが出来る獅子の方が、後戻りだけ出来ない獅子よ
り、その分ルールが簡単なため、1.のバージョンが勝ったのだろ
うが。その競り合いに伴う、獅子中将棋派間の派閥争い時に発生し
た、”獅子に関する、特別の規則の是非に関する論争”の消耗が、
狛犬中将棋派を、ある程度延命させたのではないかと、私は考える。
 つまりこの混乱の結果、恐らく南北朝時代が、観応の擾乱のせい
で長引いた如くに、獅子を狛犬に取替え、かつ獅子に関する特別な
規則を止めた、第4の、すなわち鎌倉今小路西(鎌倉市福祉センター)
遺跡型のタイプの中将棋を、ある程度、記録が残る程度に、延命さ
せたのではなかろうか。
 何れにしても、安土桃山時代の水無瀬兼成著作の、将棋纂図部類
抄の行然まとめ部”狛犬”の項目に、もとの升目に戻れないとみら
れる、獅子が示唆され、”獅子駒とは一般に、居喰いができないも
のだと、多数派にはみなされている”という意味にもとれる、記載
が、同じく中将棋図の後の、水無瀬兼成のものと思われるまとめに、
書いてあるように、ここでは見る。よって、

居喰いできないルールの獅子駒

の存在について、南北朝時代から安土桃山時代にかけての実在を、
少なくとも頭から、否定はできないように、私は思うのである。
(2018/11/30)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋纂図部類抄、中将棋注釈部の鳳凰仲人等行度如・の等の中身(長さん)

今回問題にする、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄には、中将棋図の後に
書かれた注釈部の最後に、”鳳凰仲人等行度如大象戯”と書かれて
閉められている。この一文をどう解釈するのかについては、大坂電気
通信大学の、高見友幸氏の詳しい先行研究がある。そこで、この文を
どう解釈して、駒数多数将棋の原初ルールをどのように推定するのか
に関しては、高見氏の研究を参照して頂くことにして、ここでは、こ
の文の読解ではなくて、

単に、”鳳凰仲人等”と書かれた、”等”の駒種の範囲に関して、何
者を指しているのかについてだけ問題とする。

最初に結論を書き、後で説明と、そう考えられる理由について述べる。

ずばり”等”には、龍王と龍馬の二種が含まれると考える。

では、次に以上の結論につき、根拠等を説明する。
 まず、鳳凰と仲人の例出してから、その他にたくさんの駒種を範囲
内にするとしたら、このような表現は、まずしないはずである。
”中象戯行度如大象戯”で良いはずだ。だから、等に含まれる駒の種
類は、せいぜい2~3種を、執筆者はイメージしているとするのが、
自然だと私は考える。
 そこで、2~3種類になるとして、何を言わんとすれば、このよう
な表現が出てくるのかだが、

論の枠組みに関しては、中将棋図の後で問題にしている駒の、範囲に
ついてだけに限定していて、そこで現われる駒のうち”獅子と飛鷲と
角鷹を除いた駒種類は、後期大将棋のルールを援用する”と言わんと
していると考えると、つじつまが合う。

なぜなら、将棋纂図部類抄の中将棋図の後の注釈で、駒のルールに関
する補足説明をしている駒種は、獅子、鳳凰、飛鷲、角鷹、仲人、
以上5種類と、駒名だけが登場する駒種類として、龍王と龍馬の2種
類があり、合計して7種類になる。そして、
獅子に関しては、居喰い、或る説曰く獅子の居喰いを許す(也)。と
記載され、一般的な獅子のルールが、中将棋の獅子には一部援用され
ない事を示唆する表現がある。また、飛鷲、角鷹は、中将棋に有って
も、後期大将棋には無いから、大将棋のルールが中将棋に、これら2
種類の駒に関して、援用される事はありえない。
 以上で、3種類の駒は”等”の範囲からは、除外される事は、明ら
かである。そうすると、残りは4種類になるが。鳳凰と仲人は、”等”
の前に具体的な駒名で挙げているから、”等”の範疇に当然入らない。
 すると、残りは龍王と龍馬の2種類だけになるのである。
 なお、なぜ龍王と龍馬を、”その他”にして差別したのかと言えば、

名前を挙げただけで、ルールの中身を、この将棋纂図部類抄中将棋図
後注釈部で、全く書いておらず、扱いが明らかに軽かったため

と考えれば、ぴたりと説明がつく。
 水無瀬兼成にしてみれば、後期大将棋に有る駒のルールに関しては、
将棋纂図部類抄では、詳しく別途に駒の動かし方のルールを示したの
は、前記の5種の駒だけであり、残りは単に、曼殊院将棋図の打点や
線を、基本的には写しただけであるから精度は低いと、認識していた
だろう。だから、今述べた獅子、鳳凰、飛鷲、角鷹、仲人、の5種類
以外の駒種については、

中将棋の駒の動かし方ルールは、後期大将棋と同じとか、そうでない
と議論しても、余りに元データ漠然としすぎている

と考えていた事は、少なくとも確かとは言えそうだと、私には思われ
る。
 将棋纂図部類抄の島本町教育委員会バージョン(水無瀬宮所蔵の、
正調、将棋纂図部類抄)の、後期大将棋の図には、鳳凰の打点がない。
これは、元々の曼殊院将棋図の、後期大将棋の鳳凰には打点があった
のだが。ひょっとすると、前後左右の歩みの点が無い等、水無瀬本人
が見ても、おかしなところが有ったのだろう。そこで将棋纂図部類抄
では水無瀬兼成は、大将棋の鳳凰に、ひょっとして打点を打たなかっ
たのではないか。
 恐らく加賀前田藩の書写者の書き込みかと思うが、将棋纂図部類抄
の後期大将棋の右猛豹の6升目上に、小さく、

”猛豹の真後ろの打点が抜けている。この図はおかしい”との旨の、
他人による書き込みの跡もある。

猛豹間違い.gif

曼殊院の将棋図自体、駒の動かし方ルールを示す打点に、元から幾つ
か、おかしな所も有ったのであろう。個別の駒の動かし方ルールに関
しては、本当に古来より、将棋纂図部類抄の島本町教育委員会バージョ
ン(水無瀬宮所蔵の、正調、将棋纂図部類抄)の通りだったかどうか
については、可能なら、鶴岡八幡宮遺跡出土の鳳凰駒の打点等、別の
史料も参照して、補正が必要な場合もあるのかもしれないと、私は、
個人的には考えている。(2018/11/29)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奥州藤原氏館跡(志羅山)遺跡から後期大将棋の駒は出土したか(長さん)

日本共産党機関紙赤旗の2018年11月16日号に、増川宏一
氏の筆で、将棋が歩んだ歴史(3)が掲載されている。その2段
目の最初方に表題のように、”奥州藤原氏館跡(志羅山)遺跡か
ら後期大将棋の駒が出土している”との旨が、簡単にこれだけの
内容で記載されている。が、

この駒は、二中歴の大将棋そのものの駒であると思われる。

なお、奥州藤原氏館跡(志羅山)遺跡からは、

”両面草書飛龍駒”一枚しか、今の所出土していない。

よって、増川氏の言う、改良(後期)大将棋の駒とは、この駒の
事であると、まずは確定する。
 今回は、この増川氏の見方が、

誤りであろう

との観点から、以下解説する。
 何れにしてもこれについて、これ以上の説明が、新聞赤旗の該
当記事には見あたらず、これ以上の相手の主張は述べる事ができ
無いのだが。新たな説を、歴史研究者の間では、当たり前に知ら
れているかのように、啓蒙目的での日刊新聞に、増川氏が制限な
く書いているのは甚だ妙なので、以下私の主張も一方的に、どん
どん書いてしまうことにする。私の説の根拠は主に、

奥州藤原氏館跡から出た遺物は、二中歴の元になった、挙中歴、
懐中歴の著者の三善為康の時代と、二中歴が成立した鎌倉時代初
期の間にピタリと収まるとみられる事、

以上の点である。
 では増川氏は何を考えて、安土桃山時代に初出の、後期大将棋
の駒と考えたのかだが。これは私には、平凡社版2013年の
”将棋の歴史”と、今回の2018年11月の赤旗記事の間で、
増川氏の論を聞き取ったのは、前に本ブログで紹介した大橋文書
に関する講演会の一回だけだったので、ほとんど判らない。

両面飛龍駒の時代解釈が変わってきたとしたら、かなりのトピッ
クのはず

だが。日比谷図書館での大橋文書の講演会では、この両面飛龍駒
に関して、増川氏の言及は、特に無かったと思う。
 ただし、

二中歴の”大将棋の成りは玉将と金将を除いて、金将である”と
いう仮説が、同文献の(小)将棋のルールが大将棋には援用され
るというあくまで仮定仮説から、現在流布している事だけは確か

である。よって、両面飛龍なら、一般に流布した二中歴大将棋の、
全部金成りルールと合わないと考えると推論すれば、赤旗に増川
氏が記載した論が出てくる事が、一応納得できる。
 だが、本ブログでは、この考えは

誤りだ

と見ている。理由も、どんどん主張しないと、ここ以外には出て
こないため、主張の場としての学会を解散させるという割には元
気な、声の大きい増川宏一氏の論文の説だけを、どんどん載せて
いる日本共産党機関紙の赤旗に、このまま圧倒されそうだ。そこ
で、少なくともここでは、とっととすばやく、結論を書いてしま
おう。

二中歴の大将棋の記載の最後の10文字”如是一方如此行方準之”
は誤記とされているが、”如是行方一方如此成方準歩兵”と変更
するとほぼ意味が通り、”(注人)不行傍立聖目内成金将”と意
味が同じで、成りのルールが書いてあると、私は見ているから

である。なお、”(注人)不行傍立聖目内成金将”は、
”(仲人)不行傍立聖目内成酔象”と書かれた、安土桃山時代、
水無瀬兼成の将棋纂図部類抄の、中将棋と後期大将棋に挟まった
注釈部に書かれた文句を、注人を仲人へ、酔象を金将に、私が入
れ替えたものである。なお、この一行については、大坂電気通信
大学、高見友幸氏の別解釈もある。ここでは、関連しないので、
高見氏の説の紹介は略す。
 話を元に戻すと、

少なくとも、二中歴の最後の十文字は未解読なので、二中歴大将
棋のルールには、不明の点があると見なさざるを得ず、この赤旗
の増川氏記載の記事ように、飛龍の成りのルールを、将棋に準じ
て金将と、最初から決め付けてはいけない

という事である。
 なお、不明十文字の解釈には”これは先手側の配列等を示した
ものなので、後手の初期配列等は、先手側と点対称にする”と解
釈する別説(決め付けに近い主張も、web上に散見される)
がある。ちなみに、二中歴大将棋は線対称陣形なので、先手後手
を点対称で並べようが、盤中央で折り返し対称で並べようが、
いっしょで、この説が正しいとして、敢えて注記しているとすれ
ば、理由は謎である。また”行方”を動かし方のルールと解釈し、
先手、後手とで駒の動かし方ルールが同じであると解釈する見方
もあろうが、日本の将棋の駒は、位置不変性という特徴もあり、
先手と後手とか、盤上の位置とかで、動かし方のルールが変化す
るという懸念も、元々乏しいし、その観点の、二中歴での提示は、
あるとすれば不自然で、唐突である。
 つまり、私の解釈の方が仮に正しいとすると、注人は成りのパ
ターンの一例の例示であり、他の、平安大将棋で新たに現われる
駒の成りは、そのコンセプトに準拠するという意味。すなわち、

”飛龍は、横方向へも走るし人間駒でも無いから、二中歴大将棋
では、不成りである”と、解釈できると言う事

である。だから両面飛龍駒は、

後期大将棋にも、1320年頃のバージョンは謎だが普通唱導集
大将棋にも、そして問題の平安大将棋の駒としても、全部使える

と言う事である。
 しかし、発掘された遺跡の時代は、ほぼ二中歴の大将棋の時代
に合うという事である。だから、可能性としては、

奥州藤原氏館跡(志羅山)遺跡の両面飛龍駒は、二中歴大将棋用
の駒の可能性が最も高い

と、いまのところ見なさざるを得ないのではないかと、少なくと
も本ブログでは、以上のように考えているのである。
 なお、二中歴のルールに関する”如是一方如此行方準之が、
誤記である”という認識は、増川宏一氏自身が、ものと人間の文
化史23-1、将棋Ⅰ(1977)、法政大学出版会で指摘した
のが、最初とみられる。
 ここ数年の間に、増川氏自身が”後手の初期配列は、先手側の
陣と点対称である”との説に、確定させたかどうかは謎であるが。
何れにしても新聞赤旗に、これ以上の事が全く書いていないため、

赤旗2018年11月16日10面の志羅山遺跡の両面飛龍駒に
関する主張は、執筆者の従来の結論を、充分に踏まえて居無い疑
いが拭いきれない

と、今の所読手としての私には、見なさざるを得ないと、結論す
るしかないというわけである。(2018/11/28)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー