So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小将棋の成り金の書体。”今”の崩し字が最初だったのは何故(長さん)

本ブログでは、私の確認の遅れがあって、中尊寺境内金剛院出土
の桂馬と歩兵の一文字の成り金の書体を”ケの字の一筆書き”と
これまで表現してきた。この書体は、将棋史界では有名で、

今の字の草書

と、表現されているものである。私も、増川宏一氏の大橋家文書
の解説という講演会で、増川氏本人からこの書体の話は、直接聞
いている。平泉市の遺跡が初出で、今金の変形である、と金の先
祖である事は、間違い無いように、私も思う。ここでは、なぜ成
りの金将や金也が、金一文字に略され、さらにその書体を揃える
時点で、

今の草書体が、敢えて最初に選ばれたのは何故か

を、論題にする。答えを最初に書き、ついで説明を加える。

金の崩し字が、良い格好にならないため止めた

のだと私は考える。
 では、以上の結論につき、以下に説明を加える。
 この点については、今の崩しの連続ケの字金が、発生したたて
で、一文字金や、”金・”等が混在している、中尊寺境内金剛院
遺跡出土駒を、観察するのか早道だと思う。

少なくとも楷書の金よりは、今崩しケ金の方の格好がよい。

画数が少ない割りに、識別がしっかりしており、印象が強い。

見た目で、今崩しケ金にしたという論を、完全否定するのは困難

だと、私は見る。
 更に、金の草書には、楷書ではなくて草書にしなければならな
い動機付けが、取り捨てルールの将棋を指している限り余り無く、
むしろ楷書の”金”として存続するように思う。だから、
金の草書の駒というのは、平安末期から鎌倉時代前期までは、出
土駒の様子を見ても、さほど多くは作られず、よって、金を崩し
て”と”の字に近くするという着想には、なかなか到達しなかっ
たのではないか。
 それに対して、誰かが、金を今で置き換えても、今付きの駒種
は存在し難かったため、それで良いのに気がついて、その字の草
書の一筆書きケ金にしたら、かっこうが良いという、結果になっ
た。それで、おおかた奥州藤原氏発明では無いかと見られる、そ
の今金の崩しが、全国に広がって定着したのが、後の”と金”の、
起源で、正しいのではないかと私も思う。
 さて、中途の部分でさらりと述べたが、今を崩して金の代わり
にする場合には、たとえば、

今将という名前の、金将とは別ルールの駒が、ほぼ発生しない

という条件が、必要だと私は思う。それに対して、

奔横という駒種は、奔王とは別の駒種として発生しそうな名前で
あるから、王を横で代用するのは駄目だというのが本ブログの論

である。
 事実、平安大将棋の駒について考えると、歩兵と元祖奔駒の、
奔車は除けば、大局将棋を入れると、全て奔駒が、たがいに別々
に考え出されている。つまり、平安大将棋の

玉将、金将、銀将、銅将、鉄将、桂馬、香車、猛虎、飛龍、注人
には、別の種類の日本の将棋に、
奔王、奔金、奔銀、奔銅、奔鉄、奔馬、奔車、奔虎、奔龍、奔人
と、”奔駒”が後に、全て出現する。

奔横は出土駒しか出て居無いが、私見だが、大局将棋の淮川の動
きで、奔王とは別に奔横を作ろうと思えば、自然に作れる

と私は見る。他方、奔王が存在するという事は、鎌倉時代に、
奔駒を奔車以外にも、作ろうとした事は確かとみられる。つまり、

鎌倉時代にも、互いに別の名前で、互いに別の動きが連想される
ネーミングを、どちらかの駒の別称にするのは不合理

だったと推定できるという事だと、私は見る。よって結論を述べ
ると、奔横は奔王とは別の種類の駒だったが、動きは、奔王より
も複雑であり、その意味も無かったので、後に横行が移動すると
共に、平安大将棋系では

奔横から奔王に、厳密に言うと別の駒種に取り替えられた

と考えた方が、駒数多数将棋棋士の”ネーミングが不明瞭”との
批判を無視して、敢えて別名として使用したと考えるよりも、

横行の動きの弱さから見て自然

というのが、本ブログの以前からの見方と言う事になっている。
徳島の奔横駒が、単純にあて字だと、本ブログにとっては大きな
打撃だが、その心配はほとんど無いのではないかと、思えるので
ある。(2018/10/06)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

良季の居た観勝寺。13升目108枚制大将棋指すのに似合いか(長さん)

前に、鎌倉時代は熊野信仰が著名で、熊野には13社権現仏が存在す
るため、寺社で、13×13升目であろうと本ブログで想定する、
普通唱導集の大将棋を、京都府京都市東山区にあったとされる、密教
系とみられる寺院、東山観勝寺で住僧の良季(普通唱導集の編者)が
指すのに違和感は、時代的には無かったであろうとの旨を論じた。
 ところで、密教と言えば曼荼羅図が有名である。曼荼羅は108煩
悩に関連するため、108枚制とここでは見る、西暦1300年頃の
13升目制の普通唱導集大将棋(本ブログ仮説)と、親和性がある。
 では、13升目という点で、曼荼羅と本ブログの普通唱導集大将棋
は、類似性があるのかどうかを、ここでは問題にする。いつものよう
に回答から書き、ついで説明を加える。
密教に於いてポピュラーな、インド仏教流の曼荼羅、”金剛界曼荼羅”
図の1/9ユニットの多くは、13升目の将棋盤に、61柱程度の仏
像を配したような形になっており、

密教系の寺院で、曼荼羅になぞらえながら、13升目108枚制の
大将棋を指すのは、まったくもってお似合い

だったと言える。
 では以下に、説明を加える。
 普通唱導集の編者とされる僧の良季は、普通唱導集の内容から見て
真言宗でも、曼荼羅と関連が深い、真言密教(東密)系の僧であろう
とみられている。今は京都市東山区で安井金比羅宮として存続してい
る古寺の、東山観勝寺も、東密系の寺だったのであろう。崇徳上皇や、
その御前で、恐らく平安大将棋を指したと見られる、藤原頼長を祭っ
ていたので、有名だったようである。
 ところで、東密系の寺院には何処にでも在ったと見られる”金剛界
曼荼羅”図は、3×3の9ユニットに分けられ、その1ユニットづつ
が、以下のような図になっているケースが多い。

金剛曼荼羅.gif

 上図はその1/9成分であるが、その中が更に、3×3の中ユニッ
トが中央にあって、額型に更にその外側に2重に、帯状ユニットが、
取り巻いている形にしばしばなっている。そして、中央部の3×3の
中ユニットは、更にそれぞれが、3×3の仏像が1柱づつ入る、小ユ
ニットに分かれている。ので、3×3の中ユニットは、全体として、
9×9の小ユニット、

つまり、9升目の平安小将棋の盤

のようでもある。だが、その外側に2重に帯ユニットが取り巻いてい
て、2重帯びユニットにも仏像が載っているので、”会”と称される

曼荼羅の1/9成分は、13×13升目の平安大将棋盤状

である。実は、9×9の小ユニットには、嗔猪駒とその行き先に当た
る升目に仏像を入れ、他は飾り升目にする形を単位として、嗔猪駒そ
のものに当たる中央仏像が、日本将棋盤で言うと、5五、5ニ、5八、
2五、8五の位置に配列されて、仏像25柱となり、更に2ニ、2八、
8ニ、8八にも、金剛界37尊と言われる、仏像が1柱づつ配列され
る。これで、合計29柱となる。更に、外枠のうちの、内側の方の帯
状の部分に、別の金剛界37尊の残りの一部が8柱配置されて、29
柱+8柱で、金剛界37尊になるとの事である。そしてさらには、外
枠の外側の方の帯状部分に、20柱の、金剛権天、金剛食天、
金剛衣天、調伏天等の37尊以外の神様が、配置されるという事であ
る。そのために今度は、金剛界曼荼羅1/9(会)ユニットを、
13升目の、平安大将棋盤に例えると、7段目で水平に、または、
中央筋の7筋目で垂直に見ると、図中の枠で示したように、

仏像が何れも13柱、並ぶ形に見える。

 つまり、将棋の初期配列のように上下に分かれて居無いし、仏像の
柱数も、108柱ではなくて、57柱、または地天、水天、火天、風
天を入れても、61柱程度が多く、本ブログの普通唱導集の大将棋の
駒数、108枚とは違うのではあるが、

13升目盤に、将棋駒が並んでいるのと、金剛界曼荼羅(会の1/9
ユニット)は、フォームが似ている

のである。
 従って、曼荼羅が108煩悩に関連しているため、描かれた仏像の
数が108でなくて61程度だが、

本ブログの仮定した普通唱導集大将棋(13升目、108枚型)は、
良季の居た、真言密教の寺院、東山観勝寺で指すには、まったくもっ
て、お似合いであると言える

と私は考える。
 なお法蔵館が、西暦1931年に発行した密教大事典によると、
配列は大将棋とは全く違うが、実態が良く判らない、百八尊を配置し
た、金剛界曼荼羅も、実在したとの文書記録だけは在るそうである。
むろん、以上の情報だけでは、

普通唱導集大将棋が、13升目制であるという証明にはならない。

単に、真言密教系の寺院では、13升目で108枚制の大将棋は、

場の空気にぴったりの遊戯と見られるというだけの事

ではある。つまり、たとえば15升目だと、金剛曼荼羅の会1/9ユ
ニットの3×3分割部には、十字であるにしても、嗔猪駒とその行き
先に当たる升目の、5柱仏構成ではなくて、

猛牛とその行き先に当たる升目の、9柱構成の曼荼羅を飾った、別の
曼荼羅図のある寺院の方が、指すのには似合っている

はずだという事である。(2018/10/05)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2013年の興福寺酔象駒の発見で大型将棋の存在説はむしろ不利に(長さん)

西暦2013年ころ書き込まれた、web上の興福寺の酔象駒の発見
に関連して、表題のように、「酔象を含む駒数多数将棋の、興福寺駒
の出土年代、西暦1058年から1098年付近での存在が、発見に
より有力になってきた。」との旨の報告がある。なお少なくとも、そ
のページに、誰の説であるかの紹介はない。ここでは以下仮に、
「某氏の説」と、表現して置くことにしよう。
 本ブログの見解によれば、今述べた某氏の説は、真逆で、西暦20
13年より前に比べて、不利になったとみる。理由を先に書くと、

酔象以外の、駒数多数将棋を示唆する駒種が、興福寺の遺跡から全く
発見されて居無いため

である。つまり、
酔像木簡が見つかっているだけなら、たまたま、奔王、龍王、龍馬、
角行、飛車、堅行、横行、獅子、麒麟、鳳凰、反車、銅将、盲虎、
猛豹、仲人、酔象と中将棋の、小将棋以外の駒が本来在るとして、

偶然酔象だけ存在が示されたとして、1回位なら許されたが、駒とし
ての酔象が発見されて、2例目になったために、偶然にしては明らか
におかしい

からである。
 なお、このケースは、平安小将棋と中将棋を混ぜ合わせても、だめ
である。上の例で言えば中将棋の駒の中から、酔象だけが選択される
事が、問題だからである。
 他方本ブログでは現在、西暦1058年~1098年に指された将
棋を、以下のように推定するが、この将棋だけが指されたとしたとき
が、統計的に考えると、最適解に近いものである。説明できないのは、
他のモデルと同じく、香車が出土しない位で、金将の過剰も、予備だ
とすれば説明できる。この(推定)大理国正調小将棋と、駒数多数将
棋をわずかに混ぜたケースは、出土駒のパターンと矛盾しない。が今
度は、混ぜる事自体に、”最初に”そのようなケースを議論しなけれ
ばならない学術的意味が、”オッカムのカミソリ”式論法と同じで、
ほとんど無い。つまり、将棋伝来の問題の最短解明にならないという、
”議論の故意の回り道(煙幕化)”という問題が、今度は生じる。

三段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
二段目:口口口口口口口口口口口口口口口口
一段目:香車桂馬銀将玉将金将酔象桂馬香車

なお、将棋史研究家で棋士の木村義徳氏が、次のモデルを持駒使用
の謎で、今世紀初めに既に発表している。
以下の初期配列である。

三段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
二段目:口口口口口口口口酔象口口口口口口口口
一段目:香車桂馬銀将金将玉将金将銀将桂馬香車

上の2つを比べてみると、現在酔象の割合は、概ね15枚中に1枚弱
だから、木村氏のモデルよりも、駒数が18×2の36枚ではなくて、
16×2の32枚のために少ない分、むしろ

本ブログのモデルの方が、出土駒の構成の事実を、僅かだが良く説明
している。

それに比べて、たとえば、”中将棋が指されたが、興福寺の出土駒に
は、奔王、龍王、龍馬、角行、飛車、堅行、横行、獅子、麒麟、鳳凰、
反車、銅将、盲虎、猛豹、仲人、は、たまたま無い”、という説は、

圏外

なのではないかという事である。
 なお紹介ブログには、酔象駒の大きさが、私が見る限り、劣化して
小さくなっている分を、戻して考えてみると、”背の低い歩兵”程度
の大きさである点を、証拠として挙げている。しかしこの論も、

出土しない香車に、酔象と同じ面積の駒があり、桂馬が少し大きくな
り、両側の香車と酔象が少し小さめになったのだが、手作りなために、
バラツキが少しある程度であるとして、使用者は我慢した

と理由付ければ、回避できてしまう程度の、差しか無いのではと疑う。
 恐らく、上記の中将棋の駒種類を、上の15種類ではなくて3種類
程度に減らせば出土状況を、なんとか説明は出来るのかもしれないが。
それでは、駒数多数将棋種には、なり難いと私は考える。(2018/10/04)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

二中歴大将棋の横行位置。なぜ玉ではなく”王”の頂の升目と記載(長さん)

二中歴加賀前田家写本の将棋の、大将棋には横行、猛虎、飛龍
奔車、注人の、後ろに配置される駒に対する、位置の説明があ
る。そのうち、飛龍から後は、正式駒名称で、後ろの升目に位
置する、桂馬、香車、中央の歩兵が記載されているので、問題
は無い。ところが特に、横行の後ろの升目の”王”は、別の所
で双玉を示しているので、

誤記である。

今回はこの、”横行は玉の先端升目の方に有り”と書かずに、

”横行は王の先端升目の方に有り”と書かれ、王と玉が違う

理由を、論題にする。
 結論を最初に書く。

誤写の可能性も有る。しかし、そうでないとすると、二中歴
1200年版を編集した、恐らく貴族が、9升目36枚制の
標準平安小将棋(持ち駒無し。大江匡房1080年頃設定型)
を良く指す棋士だった事を示唆

すると見る。
 では、以上の論につき、以下に説明を加える。
 冒頭で示唆したが、二中歴に於いて、平安大将棋の駒種の説
明で、後ろの基準になる位置の駒名が、正式名称で無いのは、
横行と猛虎の2種類である。
 すなわち、横行は王の前の方の升目に在り、猛虎は、銀将で
はなくて、銀の前の升目に在りとの旨が、記載されている。
 また、これに加えて、銀将の位置を2回ダブらせた上、桂馬
を忘れるという、銀将のだぶりと、銅将、鉄将の位置の説明に
関するミスがある。後者は、平安大将棋で主な駒が、将駒だと
認識した事によるミスと、以前本ブログでは指摘した。が、個
別に銀将を2回書く間違いは、

王、金、銀の3種将制の将棋が普通の棋士に、大将棋の説明を
させたときの、ミスのようにも見える。

つまり、

双玉を自らが示しておきながら、横行の説明の所で、基準駒を
間違えるのは、双王と見られる、西暦1080年型の標準平安
小将棋だけを指す、京都付近の朝廷勤務者によって、二中歴の
少なくとも将棋部分が、西暦1200年頃編集されている証拠

にも見えるという訳である。だからこの部分は、一例として、
前田家で写本をしたときに、玉を王と間違えた可能性も否定は
困難だが、銀将を銀と読んだり、銀をダブらせたりするという、

間違え方のパターンが、小将棋指しの書いた大将棋のルール本
の疑いを、かなり匂わせている

ようにも、私には見えるのである。
 なお、将棋史研究家の溝口和彦氏は、横行の位置説明で、
二中歴の王頂方の”方”の字の出現を問題にされ、横行が3段
目にあると言う説を、自身のブログで述べられている。本ブロ
グでは、これでは奔横の入る隙間が無いため、

溝口説には反対である。

二中歴の将棋の項の執筆者は、全体として、最初の方は丁寧に
書くが、途中から省略形を使う癖があると私は思う。金将から
香車までの位置説明でも、金将と銀将の位置説明は丁寧だが、
銅将から先は、はしょっており、桂馬を落とす間違いまでして
いる。だから、横行で位置説明を頂方と表現し、

猛虎、奔車、注人では頂の一文字にしたといっても、横行との
間に差が在るとは限らない

と、私は思うからである。なお脱線するが、飛龍が桂馬の上な
のは、陣が4段で、飛龍が3段目配列になる進化が、西暦11
10年から西暦1200年までの間に、起こっているからだと、
私は思う。溝口氏の”平安大将棋4段配列”説は、有り得る話
だと、私も考えている。
 そもそも、京都府や滋賀県等で、玉将が少なくとも戦国時代
以前の駒としては、全く出土して居無いという事からみて、二
中歴が、鎌倉時代に京都で編集されたとすれば、大将棋は玉将
が標準だったとしても、標準平安小将棋棋士系の編者が、王と
間違えても、さほどおかしく無いと考える。
 戦国時代に入って記憶が薄れてしまったが、関西では興福寺
等、藤原氏関連の寺院を除いて、小将棋で

玉将が使われる事は、実際にはほぼ無かった時代があった

のではないかと、二中歴の横行位置説明の誤記からも、私は推
定するのである。(2018/10/03)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

静岡県焼津市小川城成飛□竜王駒。別の裏竜王飛車の裏字は草書竜か(長さん)

前に、竜王や竜馬の字が龍ではなくて、竜である駒として、静岡県
焼津市小川城跡の出土駒、成り飛口竜王駒と、長野県上田市塩谷城
からの出土駒、成り竜馬角行駒を挙げた。龍が竜なのは比較的稀で、
たぶんこの2例だけだとみられる。しかもこの2枚は、全く出土場
所が別だし、片方の小川城のはどうやら中将棋の駒で、焼津駒とし
て知られるものだが、上田市塩谷城の方は、普通の日本将棋用に見
えるのに、竜の書体がいっしょなだけでなくて、駒の行く方が線と
点で示されているのもいっしょで、関連性が疑われるとしたのであ
る。特に、

小川城の駒を、塩谷城の方が真似たような感じにも見える。

ただし、小川城のケースは、角行や飛車が塩谷城のパターンで楷書
だとすると中将棋の場合、飛車の裏と龍王の表、角行の裏と龍馬の
表が区別しにくくなる。では、

小川城の中将棋の飛車の裏は、どう書いていたと考えられるのか

を今回は論題としよう。
 回答を先に書く。

小川城の失われてしまった、中将棋の飛車の裏は、竜の字が草書だ
った

と考えられる。
 では以下に、以上の結論について、説明をする。
 上記で述べた結論が自明でないのは、言うまでも無く、

草書の”竜”の字の入った駒は現在までほとんど出現した例が無い

からである。竜はほぼ常に龍であって、現代では当用漢字であるが、
龍の古書体である”竜”を崩した字の入った駒を見たことのある人
間は、ほぼ居無いのではないかと、私は考える。
 だから戦国時代に、焼津の小川城で、きちんとした草書の竜の字
は書けないのではないかと考えるのは、たぶん間違いだ。

中将棋が指されている訳だから、普段から草書で文書を書いている
ような公家が、焼津の小川城には居て、中将棋の駒を作成している

と、みるべきだろう。その証拠に、裏飛鹿盲虎の飛鹿は、手馴れた
草書で書いてある。小川城で中将棋を指している、応仁の乱から
逃れた等の公家にとって、

手馴れているから、竜の草書を書くことなど、何でもなかった

はずである。
 他方一条谷朝倉氏遺跡等、他の日本将棋等しか指さないところで
は、ありきたりの既製品のような書体の駒しか出土しない。これは、
既製品を真似て、字を書くことしかできない、文書作成を普段余り
しない、下級武士が作った将棋駒だからだと思われる。それに対し
て、焼津市小川城跡の中将棋駒は、楷書でも草書でも、手馴れて字
をすらすら書く習慣の人間、恐らく公家や、城主クラスの武士が居
て、その人間がどんどん、中将棋駒を作って指したので、その駒が、
出土しているという様子なのである。だから、

飛車の裏は、同じセットで龍王駒の表面を”竜王”としたからには、
飛車の成りの龍王は、竜王の崩し字を、難なく書いたに違いない

とみられるのである。
 そのとき、小川城の焼津駒では見た目、草書の竜は極端に崩れて
おらず、楷書が想像できたのだろう。それは、裏飛鹿盲虎の飛鹿が、
簡単に読める程度の崩れであるから、そのように推定できる。
なお、同じく中将棋が指された、同じ静岡県内の駿府城三の丸遺跡
からも、中将棋の駒、裏鯨鯢反車駒が出土しているが、成りの鯨鯢
は、読める程度の崩れである。これも、字書きに手馴れた公家の作
なのだろう。
 そして崩しが見た目に少ないから、その草書の竜は楷書に直して、
長野県上田市の塩田城では、成り竜馬角行を、簡単に真似て作成し
ているような、ふしもあると私は思う。上田市塩谷城の竜馬の竜を、
少し崩すと、失われた小川城の焼津中将棋駒の、成り竜王飛車駒の
竜の字になるような気が、私にはする。
 なお、焼津市小川城からは、別の地点で成り□馬角行駒が出土し
ている。しかしこの駒は、時代が少し違うようで、普通の今の日本
将棋の駒の形に近い。成りの1文字目が消えてしまっており、何が
書かれていたのか判らないが、普通に龍馬で、龍も馬も今の将棋駒
の形に、この別角行駒については、極端に崩されているように、馬
の字だけからは想像される。
 何れにしても焼津駒は、中世の中将棋の出土駒については、公家
等、文書書きの手馴れた人間の、日常の楷書と草書で、将棋駒が、
いつもの書体で、書かれているのが一般的と、予想できる。以上の
事実を、垣間見ることが出来たように、私には思える。(2018/10/02)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

興福寺木簡の酔像。実は2つ有るのではないか?(長さん)

興福寺出土の将棋駒習字木簡は、字が重ねて書いてあるので、
木簡の専門家、京都教育大学の和田萃氏に確認しないと、正確
な所が判らないほど、判別がめんどうだとされている。前に、
本ブログで、私の発見した酔像の字を紹介した事があった。が、
さいきん成書、解明将棋伝来の謎(2014)で松岡信行氏に
よって指摘された酔像の字と、本ブログで示した

字の場所が違う

のに、私は気がついた。
 いつものように何が正しいのか、以下結果から先に書き、後
で、今回は簡単に説明しよう。

私が本ブログで示した、やや崩れた酔像の字の下に、もう一回、
酔像と書いてあり、そちらの方が、解明将棋伝来の謎で紹介さ
れている

事が、良く比べてみて私には、やっと判った。

酔像酔像.gif

つまり、表題に書いたように、

問題の出土木簡には、恐らく”酔像酔像”と書いてある

ようだ。特に、酔のヘンの酉の形は、余りほかの字には無い、
強い特徴があるので、私のような素人でも、別の字には、間違
えにくいように思う。
 ただし、以上の発見は、木簡習字の専門家に、確認してここ
に書いた訳ではない。のでまだ、誰にも認められていない。何
れにしても、酔像という将棋駒を1枚作成するつもりで、恐ら
く奈良県の興福寺の関係者が、木簡に1回ないし何回か、酔像
の字を書こうとした事だけは、どうみても間違い無いと、見ら
れる。(2018/10/01)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鶴岡八幡宮出土の裏楷書奔王鳳凰駒。初期配列で元奔王と誤るのでは(長さん)

前に、”(元)奔王を出して勝ち駒数多数将棋”では、鶴岡八幡宮
出土の裏楷書奔王鳳凰駒が使えず、従って、この駒は恐らく、中将棋
用ではなくて、後期大将棋の鳳凰ではないかとの論を展開した。
 その後、成りの書体の工夫には、表駒の判別ではなくて、その面が
成り駒なのか元駒なのかを区別して、元駒と別元駒の成りとを、初期
配列時に識別する機能が必要である事を、興福寺出土駒1058年物
の裏二文字”金也”各種駒を例に、本ブログでは議論した。今回は、
その興福寺型の議論を、表題の鶴岡八幡宮出土の鳳凰駒に対しても、
適用するものである。
 話の行方を見やすくするために、最初に以下の点をはっきりさせる。
 すなわち、元駒としての奔王が無いが、成り奔王鳳凰が有るという
将棋種は、実は日本の将棋種として、存在しないと見られる。
よって、厳密に言うと、

鶴岡八幡宮出土の裏楷書奔王鳳凰駒が使える将棋種は、日本には
過去全く無かったはず

である。そこで今回は、この

実用性の全く無いはずのこの駒が、なぜ現実には出土しているのか

を、論題とする。
 最初に回答を書いて、その後で説明を加える。

元駒と別元駒の成りとを、初期配列時に、区別する機能が無い為に
困るケースが、麒麟と獅子、鳳凰と奔王の2組程度なら、仕方ないと
諦めて、後期大将棋用の駒として鶴岡八幡宮出土の鳳凰駒が使われた

と考えられる。
 では、以上の結論について、以下で説明する。
 そもそも少なくとも本ブログでは、鳳凰よりも奔王の発明の方が、
徳島県徳島市川西遺跡の奔横駒の存在から見て先行し、奔王が以降、
駒数多数将棋から、抜ける事は無かったと考えている。従って、
成り(裏)奔王鳳凰駒の奔王の字体は、鳳凰が発明されたときから、
以降ずっと、崩してあった方が良い事は、確かと考える。
 しかし、鶴岡八幡宮出土駒の鳳凰は、どのような将棋種にせよ、
成りの奔王の字を、崩さなければ、初期配列時に、元駒としての奔
王と区別出来ずに困るはずなのに、そうしていないのであるから、
何らかの事情があり、かつ、鳳凰と奔王の区別については、

我慢した

としか考えにくいのである。そこで事情は何かだが、
この駒が、後期大将棋の駒だったとすれば、麒麟の成りが獅子、
酔象の成りが太子であり、これしか成る駒は無かったはずだから、

太子は崩しては判り難いので、全部楷書で統一した

と考えるしか無い。つまり、このゲームには成る駒が、もともと
3種類しかなく、そのうちの1種類の駒、酔象の成りが太子で、崩
し字を考えるのも億劫だったし、実は太子については、後期大将棋
については元駒も無かった。ので、全部楷書で統一したと考えるの
である。もしそうだとすれば、
麒麟と獅子、鳳凰と奔王の2組4枚、盤上計8枚だけ、初期配列時、
駒を拾っては、裏返して、元駒が無いかどうか確かめる必要がある
のだが、そうしなければならないのは、

65枚の駒の内の、4枚だけだったので、棋士に我慢させても文句
が出ないと、駒の字書き師は踏んだ

と考えるのである。つまり太子の草書体が、書体として今ひとつだっ
たのが、鳳凰の成りの奔王を、崩さずに、楷書にしてしまった原因
と考えるという事である。
 さて、だとすれば、この鶴岡八幡宮出土の裏楷書奔王鳳凰駒が、

中将棋の駒であるという説は、相当に苦しいと思えて来る。

なぜなら、中将棋の場合は、全部成りを楷書にしてしまうと、
飛車×2、角行×2、金将×2、銀将×2、銅将×2、猛豹×2、
鳳凰、麒麟の14枚(46枚のうちの)が、それぞれ元駒の、
龍王、龍馬、飛車、堅行、横行、角行、奔王、獅子と区別できなく
なるからである。全部楷書にこだわって、問題が生じるくらいなら、

中将棋の駒の場合は、太子は例外的に楷書にしておき、残りの成り
は崩した方が、駒の字書き師にとっては、処理が楽

である。実際、現在に伝わる中将棋の駒は、今述べたシステムになっ
ているのである。つまり、
初期配列時に元駒と、別の駒で裏かその字というパターンの配列を、
間違えないようにしたとすれば、中将棋の駒だとするならば、煩雑
さが著しく増すので、

鳳凰の成りの奔王は、崩して書いたはずだと、ほぼ断定できる

のではないか。むしろ今述べた議論の方が明解で、

鶴岡八幡宮出土の裏楷書奔王鳳凰駒は、後期大将棋系の駒と推定

できると、私は最近では確信するようになったのである。
(2018/09/30)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

興福寺(1058~1098年)出土駒。香車が1枚も無いのは何故(長さん)

以前表題の件については、”もう少し発掘が進んで、将棋駒の枚数
が2~3枚増えれば問題。”との旨を本ブログで、私が述べた記憶
がある。
 しかし、将棋具の1セットの中で飛車+角行は4枚だし、香車も
4枚である事には変わらない。だから、1枚も出土しないとすれば、

飛車・角行が無いなら、香車も無いのではないかと疑われるのが筋

だ。特に本ブログの場合、日本将棋の非存在を証明するとき、40
枚制が:検定されるが、香車の棄却検定では、32枚制の原始平安小
将棋(銀将・酔象各2枚)を検定するので、理論的存在枚数は、
香車の場合、飛車+角行の1.25倍になる。飛車・角行非存在検
定のとき、理論的平均存在枚数が2.9枚なら、
香車の場合は、3.6枚になり、確率1/8は稀少確率として、ポ
アソン過程で近似できるとすれば、出現確率3%(1/33)位だ。
つまり、今でも充分に、

香車が異常に少ないと、結論できる。

 だから、それでも興福寺で11世紀指された将棋に、香車が有っ
たと考えるのなら、

何らかの、出土しない理由を考える必要があるのは、実は当然

だったのだ。そこで今回は、飛車・角行非存在論の成功と対照的な、
この現代将棋史上の”日の当たらない、暗闇部分の謎”について、
原因を考えるという事を論題としよう。
 まずは、回答から書く。

公家世界で行われる、何らかの別のイベント用に、香車駒だけ
転用されて、同時に廃棄されることが少ないためではないか

と、本ブログでは考える。
 では以下に、以上の結論についての説明をする。
 まず、本当に香車が、11世紀の興福寺の将棋で使われなかった
という仮説は、次の点が説明困難である。

中尊寺境内金剛院遺跡の出土駒、および大宰府の習字木簡に香車
の記録がある。

実は、香車の出土しない領域は、玉将が出土しない関西の領域と、
やや似ている。

違いは、奈良県も含まれるかどうかだけであり、京都府および滋賀
県から出土例がないのが玉将といっしょ

なのである。ただし、滋賀県の坂本遺跡の駒は良く判らず、香車の
可能性も否定できない。しかし滋賀県では観音寺城下町遺跡駒の中
にも香車が無いため、興福寺駒を除いても、出土駒総枚数は、25
枚程度あり、香車駒が少ない傾向に、坂本遺跡を抜けば変化が無い。
 この事から、香車は京都の、恐らく公家が良く行う、何らかの
イベントに、転用されて消耗してしまうのが、出土駒が無い原因と
疑われる。つまりこの場合は、

興福寺を管轄していた、藤原氏の長者層も行う、何らかの行為に
関連するため、興福寺でも香車に関しては、出なくなっている

と、疑えると言う事である。香車欠乏現象が、近世から近代で、
かつ関東中心だったら、たとえば、

栃木県日光市の日光・滝の尾神社、香車堂への香車駒の安産祈願
での奉納

が疑われるが、地域も時代も合わないから、これは全然違うだろ
う。
 残念ながら、ここまでしか私には絞り込めないが、たとえば、

問香の遊びに転用する

とか、そのような貴族の遊びが、場合によって行われる、関西付近
の場所で、香車が燃やされて、無くなってしまうとか、そういう事
なのかもしれないと一応疑う。ちなみに、

福井県の一乗谷朝倉氏遺跡からは、香車駒が適量出土しており、
朝倉館には武家しか居なかったので、貴族の遊びをしなかったのが、
香車駒が欠乏しない原因

なのかもしれないとも思える。
 何れにしても、興福寺の出土駒の中に香車駒が無いのは、現時点
でも、問題である事だけは確かだと最近は見ている。(2018/09/29)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

元禄時代1651年の仏書「類雑集」の平安小将棋記載が物語るもの(長さん)

増川宏一氏の法政大学出版局(1977年)の、ものと人間の文化史
23-1、「将棋Ⅰ」に、江戸時代の平安小将棋の記録という、ウル
トラ・レトロゲームの記録の話が出てくる。前記著書には、仏書の
「類雑集」(1651年)に、「将棋は駒数36枚で、一方は悪神の
18、他方は善神の18と書かれている」と紹介されているのである。
これは、平安小将棋が、平安時代だけでなく江戸時代まで、存在して
いたゲームであるという、裏付けという意味であろう。平安小将棋が、
平安中期~室町時代、西暦1500年まで、主流の将棋であったとい
う、増川氏の論の、補強史料の一つという事である。
 そこで今回は、この仏書の類雑集のこの記載は、何を物語るのかを
論題にする。結論をまず書く。
類雑集は、中小の寺で著作された仏書とみられる。よって、寺院には、
それが規模の特段大きいものでなくても、その時代から見て、

150年程度前の文化財が存在するのが、寺というものの通常の姿

であると推定できる事を、示していると考えられる。
 では、以上の結論につき、以下に説明を加える。
 まず「類雑集」は、お経の本であろうが、たいへんマイナーである。
 webによれば浄土真宗の蓮如に関連するらしいが、私には、その
webの記事を読んでも、時代の関連性が理解できず、意味が良く判
らない。研究者が稀に論文を書いているが、内容は公開されて居無い。
 仏書解説大事典(縮小版 1999年)大東出版社、小野玄妙編集
のような書籍を当たっても、この本は、宗教に関する学科のある大学
の、2~3の図書館に蔵書が有る事が指摘されているだけで、内容に
関する解説はいっさい無い。なお、仏書解説大事典には8万程度の、
仏典や仏教成書が紹介され、注目度が高いものに関しては、内容の
あらましが、解説されている。つまり詳しい成書である。「類雑集」
は恐らく、法事の実務のために、中小の寺院で、江戸時代の
西暦1651年に作成された、その場限りのお経だとみられる。東京
の中央区築地の本願寺にも有るらしいが、関連性は良く判らない。
 何れにしても、その中に平安小将棋の記載が有ると言うことは、
そのお経が製作された、

当の中小寺院には、西暦1651年より見て、150年前の、
西暦1500年程度の、将棋に関する遺物が有った

と推定されると私は思う。他方、京都の大寺院である曼殊院には、
西暦1590年代の時点で、少なくとも摩訶大象戯に関する記載のあ
る、それより150年前の、西暦1443年程度の、将棋図が残って
いた事は確かである。従って、この2つの事柄から、

一般に寺院には、その規模の大小に関係なく、その時点からみて、
150年程度以前の史料が、眠っているという事が、良く有る事だ

と推定できるのではないか。これを、現在西暦2018年に置き換え
ると、

西暦1868年の明治維新程度の文化財が、適当なそのへんの寺には
あると言うのが、普通の姿だ

と言う事にもなろう。ただし、明治時代の将棋史については、記録が
多いため、誰にも余り注目されず、そのまま、多くが眠ったままとい
う事なのであろう。実際、栃木県栃木市星野町に、事実上の廃寺で、
規模は小さい大応寺という寺があるが、管理不能で、寺の物置を、地
元の業者が取り壊した、今から10年位前に、

寺の庭に、油を使う照明器具が、明治時代の年号の入った墨書付きで、
放置されていた

のを、私は眺めてから、通り過ぎた記憶がある。今から500年後に
これが発掘されたら、その時代の地元の市史にでも載るのだろうが。
明治時代は新しいので、発掘遺品状の、事実上の廃寺遺品を見ても、
明治時代の物だと私を含めて、誰も見向きもしないようである。

ようするに、水無瀬兼成は、たまたま京都の曼殊院と繋がりがあり、
当時はかなりの数で残っていたはずの、室町時代後期~戦国時代早期
程度の将棋史料のうちの一つ、曼殊院将棋図を清書したにすぎない

のではないかと、疑われるという事である。
 なお増川宏一氏が、仏教書大事典の数万の仏書を当たり、類雑集を
発見したのかどうか、私は本人等から確認していない。仏書というも
のには、表題に事実上、特定の漢字しか現われないという特徴・性質
がある。例えば「じょう」だと、”浄”という漢字で始まる、浄土経
関連の仏書ばかりであるというような事である。従って、仏書の表題
の最初の文字で、将棋の事が書いてあるかどうか、ある程度見当が付
くものと、私にも予想できる。たとえば、

”類雑”という言葉で始まる仏書はこれしか恐らく無く、かつ、雑芸
について書かれていそうな表題なので、増川氏も念入りに読んで、将
棋の記載を発見した疑いがある

と私は思う。逆に言うと、ありきたりの表題の、マイナーな流仏書に、
将棋の記載が有る可能性も、全く無いわけではないかもしれない。
 が”類雑集”のマイナーさ、かげんを見て私も、

これを発見した増川氏は、実際には仏書をどの位調べたのだろうかと、
興味を持った

事も確かである。(2018/09/28)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

木村義徳説のインドで発生の将棋が、2世紀後に立ち上るが何故無い(長さん)

現在の定説によれば、二人制チャトランガが、インドのマウカリ国の
カナウジ付近で発生したのは、マウカリ国史から見て、西暦600年~
西暦650年である。そして、玄怪録の岑順物語が成立したと見られ
るのが、西暦820年と約200年後。日本で立ち上がったと、増川
宏一氏が、ものと人間の文化史23-1将棋Ⅰで書き、本ブログでも
同じ見解の時代が、インドの将棋の発生の400年後の、西暦1020
年頃である。
 それに対し、持駒使用の謎の木村義徳氏は、概ね西暦820年には、
将棋が日本に中国と、同時漂着していると説く。現在この説が有力に
ならないのは、

和名類聚抄を初めとして、史料に将棋が見出せない

からである。しかし考えてみると、

インドと日本とは離れているが、200年も有れば、文化は伝来する
のが普通なのではないか

と、単純には見られるのではないか。そこで本ブログでは、何回か答
えを書いたが、そうならなかったという増川氏に賛成の立場に立ち、
何故かを考える。そこで何時ものように、答えを先に書くと、

中国の西暦820年~西暦1020年までの知識人が、日本の朝廷
と庶民に対し、”将棋を指しても無駄である”と、実質宣伝したのが、
ブレーキとなり、木村義徳氏の言うようにはならなかった

という事にしたのである。今回は表題を、以上が答えになるように
書いたのだが、むしろここでは今の所、その

根拠が、玄怪録の岑順物語の記載であり、しかもそれだけである

という点を、わかりやすくまとめておくことにする。
 そこで以下は、いつのように上記の結論の解説であるが、まず、
存在する史料である、玄怪録の岑順の、日本への将棋伝来、遅れ
の原因論の、根拠となる

重要部分の箇所を示し、ついで解説する

事にしよう。
 なお繰り返すが、中国人が、やめさせたとの論の根拠となる史料は、
私の知る限り、以下しか無いと考える。
そこでさっそく書くと、問題の箇所は、
以下、金象軍と天那軍が戦い、主人公の岑順が応援している、
金象軍が勝利した場面の下りである。

(前略)
順(岑順)がうつむきながら眺めているところへ、一騎が
走り寄って王(金象将軍)からの言葉を伝えた。
「陰陽は交錯するもの、その機をとらえた者は栄えるとか。
天威堂々と、疾風のおしよせるごとく、一戦して勝利を
おさめたが、貴殿にはいかが見られたか」
順は答えた。
「将軍には白日をも貫く英気を抱かれ、天の時に乗じてお
られますありさま、神霊のはたらきと愚考つかまつり、
およろこびに堪えませぬ」
 こうして合戦は数日の間続いたが、たがいに勝ったり
負けたりしているのであった。(後略)

以上で、物語を史料としてみたときに重要なのは、
(1)(特に、岡目八目の加勢もせず)”順(岑順)がうつむき
ながら(将棋の一局)を眺めている”だけである
という事と、
(2)(主人公が加勢している側の軍隊の勝利の原因を、)
”神霊のはたらきと愚考つかまつり”と表現し、

プレーヤーとしての金象将軍の特定の将棋戦法や、妙手を
特段褒めても居無い(裏を返せばゲーム性が無く、どうやって
も、そのような物は、誰にも考え出せない)という情報を
実質出している

以上の2点である。
 もし宝応将棋にゲーム性があれば、仮に金象将軍が、宝応将棋
の上級棋士だとしたら、こんな評は、高段者に対して誠に失礼で
あり礼儀をわきまえない、非常識な物だと、怒り出す所であろう。
しかしそれで金象将軍は喜んで、岑順に対して、接待をしている
という話になっているわけであるから、宝応将棋の勝利棋士には、
局後に、この程度の事を言えばよいという、(伝)牛僧儒による
教えがあると、将棋史家は考えるべきなのではなかろうか。
 つまり、背後に存在すると見られる宝応将棋には、ゲーム性が
無い為、上級棋士だけに発見可能な、戦法や妙手を考え出せる
という性質が無く、序盤の駒の出し方は、ほぼお決まりのパター
ン、中盤以降は、上将で玉駒を追いかけるといった、単純な指し
方のコツがあるだけであった。だから、
(伝)牛僧儒のごとくの中国唐代~五代十国時代の、中国人の
知識階級は、日本人から当時の将棋について問われると、
日本人は外国人の指す宝応将棋を、岑順のごとくに眺めている
だけで良く、のめりこんで指しても、稽古事が上達するような、
芸を習うといった効果は薄いと答えた。そして日本人に対し、

西暦820年から西暦1020年まで、将棋には手を出さない事
を、実質的に薦めていた

と考えられるという仮説と、上記物語史料の内容は、よく読むと
マッチしているのではないかと、本ブログでは見るのである。
なお、上の玄怪録の岑順物語は、東洋文庫版の”唐代伝奇集(2)”
西暦1964年発行、前野直彬訳によった。この岑順のセリフ部
分は、概ね日本の将棋史書では、

”中略”の中に含まれ、言及された例が少ない。

 しかし目下の所、私に言わせると、木村義徳氏の仮説が、どう
して日本の史料と、合って居無いのかを説明できる、ヒントに
関する客観的史料は、残念ながら

これしか無い

ように思う。だから、
(伝)牛僧儒作の玄怪録岑順物語の主人公岑順の、上のセリフは、
少なくとも目下の所、

将棋史にとってはかなり重要

なのではないかと、私は見る。つまり繰り返して言うと、ここで
言いたいことは、

主人公の言う”神霊の働きによる勝利”という意味は、高度な
定跡の発見や、上級者にだけ指せる妙手の発見という事柄が、
”誰にも出来ない原理的に不可能な行為”という、唐代の中国人
識者の、宝応将棋に対する一般認識を反映したもの

と、この部分は一度は疑って読むことには、それなりの意味が
あるのではないかという事である。(2018/09/27)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー